台湾旅行より 高雄観光

東帝士85ビル

1996年に作られた高さ378mのビル
TAIPEI101についで台湾では2番目高雄では最も高さだ。
エレベーターであっという間に展望台に登ることができる。
そして、そこからは高雄の街が360度見まわすことができる。
下の階はデパートとなっていたし、高級ホテルも入っている。






 ツイート







 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源








東帝士85ビルからの眺め
(高雄の街を一望できる!)



東帝士85ビル(高雄85ビル)の魅力
TAIPEI101ができるまでは台湾一の高さを誇った

1997年に開業した高さ378mのビルで、台北のTAIPEI101が
できるまでは台湾で一番高いビルであり、今は台湾第2位の高さを誇っている。
高速のエレベーターも魅力だし、高級感あるデパート、ホテルなども入る。
ツアーなどでは紹介されることはあまりないが、街中にあるので場所はいい。
夜 夜景を眺めるためにちょっと立ち寄るのもいいかもしれない。
所要時間
昼間などすいている時間帯で展望台から簡単に
風景を眺めるだけなら30分位だった。

東帝士85ビルの情報
営業時間 8:00〜24:00
展望台入場料 100元
下のデパートには自由に入れた。


東帝士85ビルの行きかた
東帝士85ビルは高雄の中心部に位置するため
行きかたはそれほど難しくはないが
ビル自体が大きいしまわりがゴチャゴチャしているので、
近くまで行くとちょっと戸惑うかもしれない。
行きかたをいくつかピックアップすると


地下鉄が便利

土地に不慣れな旅行者にとって地下鉄は便利
路線図もしっかりしているし、漢字なので駅名も分かりやすい。
乗車方法も基本的に日本と同じだ!そして安い。
最寄駅は三多商圏 運賃は確か高雄鉄道駅(高雄站)から20元程度
路線バス
ルートがゴチャゴチャしているし手際よさを求められることから
旅行者にとって路線バスは利用しにくいが
こまわりが利くので慣れれば便利
100路バスに乗って「大遠百百貨」という停留所から数分
タクシー
渋滞に巻き込まれない限り旅行者にとってタクシーが便利
駅前などでタクシーを見かけたし、頼めばホテルのフロントでも呼んでくれよう。
徒歩
街中にあるので時間と体力があれば徒歩でも悪くはないと思う。


バス車内の様子



東帝士85ビル(高雄85)に訪れて
実際に訪れての感想をまとめてみました。
高雄駅から路線バスで向かう

100路バスで行った。私が乗ったときは車内放送がなく各駅停車だった。
ちなみに
台湾の路線バスはだいたい日本と同じで、次に降りるバス停なら
ボタンで知らせるタイプだ。
車内に路線図があったのでそれを見ながら
今走っている場所を特定し、降りるバス停まで何駅か確認した。
確か「八五建台百貨」というバス停に降りた
12元だったがつり銭がないので15元払う(車内の両替不可)
路線バスは旅行者にとって利用しにくい交通機関で
今なら地下鉄を利用して行くだろう。
通りすがりの人に道を聞いて向かった
東帝士85ビルはバス停からすぐ近くにあったが、土地に不慣れな旅行者にとっては
右も左も分からない。通りすがりの人に「東帝士85ビル」と書いた紙をみせて
指をさして教えてもらった。
高いでかいビルだ!
東帝士85ビルが見えたらすぐ分かるだろう。でかく高いビルだ。
中に入る。中は広いデパートであった。


ビルを真下から見上げる
(大きなビルである。)

展望台へ登るエレベーター

展望台へ登るエレベーターに乗るが、中は広くてどこにあるか分からない。
係員に展望台とも書いてみせるなりしたら場所を教えてくれた。
入口のチケット売り場で100元を払ってエレベーターに乗る。
エレベーターは早く、最速600m/分で登るのだ。
わずか43秒で展望台についてしまう!
扉の上にデジタルスピード表示があった。
上に登るにつれ、エレベーター内は暗くなりきれいな星空にライトアップした。


エレベーター内にて
(デジタルのスピード表示)

高雄の街を一望できる広い展望台

東帝士85ビル、70階に降りる。広いフロアーだ。
そして高雄の街を一望できる。すばらしい眺めだ。
ちなみに階段でさらに上に登れるようだ。74階に登れると思った。
真下を覗くとちょっとスリルがある。


真下を覗いてみた。

人はまばら
(夜に訪れた方がいいかも?)

平日の昼間でもあるせいかまばらどころか展望台はガランとしていた。
ちょっと寂しかったが、静かなところでゆっくり景色を眺めるのでまあ いいと思った。
ちなみに台北にあるTAIPEI101には夜に訪れたが、
日本人旅行者をはじめ多くの人でエレベーターなど並んでいた。
一般的に展望台とは夜景が人気というのが多い。
東帝士85ビルも夜景がすばらしいようだ。


昼間はガランとしていた。広々していて気持ちがいい!


 






高雄についてに戻る


トップに戻る
台湾旅行



スマートフォン



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。