台湾旅行の食事
茶芸館でお茶を楽しむ

ノスタルジックで伝統的な店内でお話したり、読書をしながら
ゆっくりと台湾のお茶を楽しめる。



格安台湾旅行方法



茶芸館でお茶を楽しむ







 ツイート







 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源









茶芸館はどこにある
台北や高雄にもあるが

まずは茶芸館の場所、調べると台北や高雄にもあるのだが、どこでもあるわけではなかった。
そういった所で見つけるなら、ガイドブック等でめぼしをつけておいたほうが確実であろう。
前もって予約が必要なこともある。
九分でよく見かけた。
逆に九分へ行けば、多くの茶芸館を見かけることができ、喫茶店に入るような感覚で
ブラリと立ち寄ることができた。なお、九分は台北から半日位で行ける街
鉄道やバスを利用して個人でも行けるし、台北発のオプショナルツアーでも多く企画されている。
ツアーならインターネットでも簡単に手配できるはずだ。
多くの日本人旅行者が訪れる観光地でありながらも
その谷あいにある集落は素朴さを残し、独特の雰囲気であることと
アクセスのよさから台湾旅行おすすめのスポットである。

 
九分の様子
(このような雰囲気の中 お茶を楽しみたい)

茶芸館の魅力 利用
ゆっくりとしたひととき

旅先の喫茶店でゆっくりとお茶や珈琲を飲みながらひとときを過ごす。
台湾でそれを満足させてくれる店であった。
茶芸館は店の雰囲気もクラシックですばらしく、茶器も高級館ある。
お湯もお代わり自由なので、長居できるのだ。

利用方法 値段、言葉について
九?のとある茶芸館へ行ってみた。入るのは日本の喫茶店に入るのと同じような感覚だし
店の前にメニューが置かれているので値段の検討もつく。
ちなみに日本語メニューもよくみた。
高い? けど
入口におかれているメニューを見ると
お茶で値段が400〜600元など書いてある。
街中の食堂で200元程度 麺類なら50元しない程度
日本円に換算して1元3.5円程度で見てみると
かなり高いと思った。
さらに、それとは別ににテーブルチャージで100元位ほどかかるようだ。

しかし、聞いてみると
茶葉の量はかなり多いので、残りはお土産として持ち帰りとのこと。

お土産のお茶がいらないなら、テーブルチャージ付きで250元というのもあった。
それに、お茶の他漬物のようなものが付いた。
お湯のお代わりは自由だし店内でゆっくりもできる。
茶器など高級品をそろえているし、
茶も上質であり、美味しい。そして雰囲気がいい。
それほど高いとは感じなかった。
日本語通用度大
経験上、九?(九分)の茶芸館の場合は日本語が通じることも多く
日本語のメニューもよく見た。
言葉が通じなくても
台湾は漢字の国なので〜茶くらいのメニューはだいたい分かるが、
茶芸館はお茶の量、テーブルチャージなど細かいことを聞くためにも
できれば日本語が通じたほうがいいと思った。
(通じなくてもなんとかなると思うが・・・)
マナーについてはそれほど神経質にはならなくてもいいと思うが、高級感のある店なので
ある程度の上品さは必要だろう。
いずれにせよ 気軽な気持ちで利用できた。
待ち時間に店内を歩いてみるのも
注文してもすぐにはお茶が来なかったので店内を歩いてみた。
茶器やつぼなどの展示品も置かれていた。


木漏れ日の下で

テラスでお茶を楽しむ

天気がよければテラスでお茶を楽しむのもよかった。
眺めもいい。ただ、外は暑かったり日差しが強いこともあり


テラスでお茶を楽しむこともできる。

どんなお茶があるか?

台湾旅行中、よく目についたのが高山烏龍茶であった。
比較的高地で栽培されるお茶で、香りが高い。阿里山が名産地の一つだが、
台北や高雄でもよく売られていたし、多くの茶芸館のメニューにも載っていた。
ほかに東方美人というお茶を飲んでみた。


 






台湾の食事に戻る


トップに戻る
台湾旅行

07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。