台湾旅行の宿泊施設

安いホテル

地方都市の駅前などを歩くと〜大飯店とか〜HOTEL
と書かれた看板を見かける。日本の旅行会社では紹介されることが
ないような安いホテルで1泊500元とか800元で泊まれることがある。
駅前など交通の便がいいことも多いので個人旅行で
夜到着とか早朝出発の場合は便利だろう。
ただ、部屋はきれいでないことも多い。






 ツイート







 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源








部屋の中(質素である)


立地条件がいいことが多い安いホテル
駅前とかバスターミナル近くとか

バックパーカーなどで宿の予約をせずに個人で台湾に訪れた場合は
駅やバスターミナル周辺の安い宿を見つけるであろう。
経験上 都市部には〜旅社とか〜大飯店といった宿泊設備があり
そういった宿なら500元とか1,000元程度で泊まることができるのだ。
バックパーカーにとってはうれしい存在
ちなみに
地方では民宿もよく見られる。


駅やバスターミナル周辺で見られた。(花蓮駅前にて)


どこでも簡単に見つかるわけでもない

都市部に行けば多くの安ホテルを見ることができたし
駅前で簡単に見つけることもできる。
(経験上 花蓮では簡単に見つけることができたし 客引きも見かけた。)
しかし、どこの街でも簡単に見つけることができるわけでもない。
バンコクのカオサンのような安宿街やソウルの仁寺洞のように旅館街が
あるわけでもないのだ。特に夜遅く着いた場合など注意が必要
夜 暗い中 途方にくれながら宿探しをすることもあるかもしれない。
個人旅行者向けのガイドブックなどでおおよその場所を目星つけておきたい。

いずれにせよ予約をしないのだからどうであろうと自己責任となる。

値切れた
台湾の宿の多くは値切ることができたが、豪華な観光ホテルで値切るのは
一般的ではないもの、しかし、安そうなホテルなら、気軽に値切れ
半額近くまで安くしてくれたこともある。ちなみに平日、花蓮駅前のホテル(大飯店)で
最初1泊1,000元だったところ 500元にしてくれた。かなり安いと思う。

安いのは安いなりだった。
あまり安いと建物が古かったり部屋が汚かったりするのが多い。
神経質な人なら、居心地はいいとは思えないし
ホテルに戻るのが嫌になるほどになることもあろう。
シャワーが壊れていることもあった。
ここまでいくと、ほとんど旅館や旅社と変わらず
「泊まるだけ」と思ったほうがいいだろう。
日本語もほとんど通じることはない。

バックパーカー経験でなければ
インターネットなどで旅行会社を通しそこそこの観光ホテルを予約した方がいいだろう。
おそらく都市部で綺麗なホテルなら1000元以上はするだろうが
個人的にそれなら日本の旅行会社から予約できるホテルの方がいいと思った。

安全性の確保
台湾のホテルは火災発生時の避難経路がしっかりしていたと思ったが
あまり安い場合はこのような安全性の確保は少々神経質になったほうがいいと思う。
安ホテルに限ったことではないが避難経路など確認しておきたいものだ。


旅行会社で紹介されることは考えがたい
ツアー(フリープラン)では宿泊しないだろう。

インターネットで調べれば分かる通り旅行会社は多くのホテルを紹介している。
しかし、エコノミータイプのホテルであっても旅行会社をとおして手配する
ところなら そこそこ快適な観光ホテルになる。
安ホテルや旅館や旅社、民宿といった宿泊設備を紹介されるところは見たことがない。
ホテルと安いホテルの判断
勝手ではあるが、台北や高雄など都市であるにもかかわらず
日本の旅行会社では予約できず、かつ、日本の旅行会社で予約できるホテル
よりも安く泊まれるホテルを「安ホテル」と決めた。
予約をせず(というよりできず)自分で探して料金交渉(いわゆる値引き)して泊まった。


 






台湾の宿についてに戻る


トップに戻る
台湾旅行



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。