タイ旅行より
タイの宿泊設備(ホテル)について
ホテル(宿)といっても種類はいろいろあり、
数百円で泊まれるような安宿(ゲストハウス)もあれば
数十万円はするような超高級ホテルまでさまざまだ.

また、比較的安い値段でも快適なホテルにも泊まれた。
もちろん宿によって良し悪しはあるが好みは人それぞれ
安い宿に泊まってみるのもいいし、
これを機会に高級感をあじわうこともいい思い出になるのでは!


ゲストハウス
(チェンマイ)





トップ
タイ旅行の情報


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安タイ旅行


ホテル
ツアーなどで参加する場合のホテルは日本でいう、「観光ホテル」とか「ビジネスホテル」
といったところに泊まることが多い。値段は、1千数百円〜高いところでは、高級ホテルの
スイートルームなら十数万円はするのではないか、
フリープランツアーだとホテルによって「エコノミータイプ」とか「デラックスタイプ」
などに分かれている。
設備は日本のビジネス(シティー)ホテルとほぼ同じだった。
ベッドにバストイレ付(一部 シャワーのみもあった。)でだいたいエアコン付だ。
私の経験からいえば、同レベルならタイのホテルは日本のホテルより値段は安く
経験からエコノミーホテルでも日本の5千円クラス位のビジネスホテル
よりは部屋が広く豪華だったので、快適に過ごすことができた。
調べると高級ホテルにはプールやレストラン、バーなど設備が充実していることが多く。
ホテルを楽しむという要素もあるようだ。
このようなホテルの内装などインターネットやガイドブック、旅行会社の
パンフレットの写真などで紹介されていることが多いようだ。
フリープランでも追加料金で高級ホテルに泊まることができるので、
これを機会に5ツ星級の超高級ホテルを満喫するのも手である。
なお、このようなホテルは予約していくのが一般的であるし
インターネットなどで日本の旅行会社を通して予約できる。


ちなみに

日本語が通じるホテルもあり
インターネットで調べると「日本語可」
などと書いてある場合が多い。
何かあったときは
言葉が通じると安心だ!



フリーツアー(プラン)でホテルを選ぶ
フリープランとは航空券+ホテルのセット料金で添乗員は付かす
現地係員やツアーデスクがあって対応することがある。

自由で安心、下手な個人旅行より安く人気がある

いくつかのホテルから選べることもでき、
格安ホテルから高級ホテルまでいろいろある。
普段は泊まれそうもない高級ホテルを楽しむのもいいし
格安ホテルでも、観光ホテルなみの快適さはあることが多い。
参考
フリーツアーでとれる安いホテルのひとつ
バンコクセンター」

バンコク駅(ホアランポーン)駅に近いため、翌朝列車に乗るために
旅行会社で予約したことがある。
フリープランでもエコノミータイプのホテルのプランで利用することもある。
宿泊料金はフリープランだと航空券とセットになるので分かりにくいが
1泊3000円くらいではないか、(05年)
建物はちょっと古かったが、部屋も広くてゆったりしていたし、
設備は日本の8000〜10000円クラスの観光ホテルに匹敵するかもしれない。

プラス2万円で5ツ星のホテルに2泊できることも
エコノミータイプのホテルに+2万円を足せば、5ツ星のホテルに2泊できる
こともある。いや、1万6千円ということもあったし、それ以下もあるかもしれない。
格安で、海外でおもいっきり高級感をあじわうこともできるのだ!
(追加料金で延泊も可能である場合が多い!)

注意 フリーツアーは2人で計算していることが多く
1人だと追加料金がかかることが多いようだ。
(一人旅だと割高になることが多い。)
また、ピークシーズンとオフシーズンとの値段の差は大きい。



インターネットでホテルだけを予約
日本からも安いホテルを簡単に予約できる

ホテルの予約だけをするという方法だ。
インターネットでは、日本の旅行会社を通すことが多いらしく日本語で予約できる。
フリープランだとバンコクならバンコクのホテルしか泊まれず
そこから、郊外へ1泊旅行というようなことができない。
航空券、ホテル、送迎を別々に手配すればバンコク、チェンマイなどを
点々とする移動型の旅行でホテルを変えたりできて、フリーツアーよりも自由がきく
基本的に安いホテルは予約できないと言われているが。
インターネットを使えば、2千円以下のホテルの予約ができることもある。
もちろん高級ホテルの予約もできる。

値段は2千円前後〜 だったが、
(2千円クラスならホテルよりゲストハウス(いわゆる安宿?)になるかもしれない)

値段の目安は
私の直感から
おおよそ

エコノミー 3千〜5千円

スタンダード 5千〜1万円

高級ホテルで 1万5千〜3万円

くらいではないか?
その他、シーズンや立地条件などにもよるかもしれない。
インターネットでリンクして値段やサービスを比べてください。


なおフリープランでもホテルの予約のみでも
インターネットを使うと便利で
意外なほりだし物があったりする。
旅行会社を通したりするので日本語で予約可能だ!



ゲストハウス(安宿)

部屋の中

とにかく安さが魅力
まずひとこと、安いところなら500円もしないだろう。高くてもこのクラスなら2千円も
しないことが多い。バンコクでは「カオサン」が安宿街で有名だ、
他にもチャイナタウンなどにもある。
最近はインターネットなどで予約ができるところもあるようだ。
予約しないで泊まることが多い。
バンコクなどでは、ゲストハウス(安宿)は一つエリアに集中していることが多いので、
いくつかの宿をまわって値段や部屋を見せてもらってから、自分好みのゲストハウス
を選ぶことが多い。

日本語はほとんど通じなかった
日本語はまず通じないと思った方がよいだろう。外人の多いただ、観光地なら英語が
通じることが多い。
英語がだめでも
「部屋は空いてますか?」
とか
「1泊いくらですか?」
くらいの簡単な会話なら旅の英会話集でも指差し辞典でも載っていよう。
私は特に言葉に不便しなかった。

およそのホテル料金(05年の経験から)
バンコク「カオサン」のゲストハウスをまわったときの1泊あたりのおよその値段

ドミトリー(大部屋 そのタイプの部屋はほとんどみなかった。)
1ベッド(1人) 100B前後 (エアコンなし)

シングルルーム 150〜300B程度 (エアコンなし)

ツインルーム 150〜400B程度 (エアコンなし)

シングルルーム 350〜500B程度 (エアコンなし)

ツインルーム 350〜500B程度 (エアコンなし)

部屋を見せてもらおう
ゲストハウスなどの宿探しをするときは部屋を見せてもらってから
決めることが多い。言葉は「ぷりーず しょー みー るーむ」
とでも言えばだいたい通じた。
安全性(盗難、火災)部屋の清潔さなどで判断しているが、
安さを追求すれば、そのいずれも満たしてはくれないだろう。

アットホーム?
これは宿にもよるので一概にはいえない、
宿によってはアットホームな雰囲気のところもあった。
日本でいえば個人営業の民宿みたいなものか?
また、見ているとこのような宿はバックパーカーという大きなリュックを背負った
個人旅行者が多く利用するのだ。
(日本人や韓国からのバックパーカーもみたがヨーロッパ人が多かった。)
自由気ままな個人旅行者だから、宿によっては和気あいあい で
旅人どうしの情報交換をおこなったりすることもあった。

安いなら安いなりというのが多いようだ
まず、エアコン付とエアコンなしで値段が大きく異なる。
エアコンがなくてもだいたいファンはあるが、蒸し暑い熱帯雨林のタイ
でエアコンなしは辛い。夏の旅行経験からいえば
寝ていても汗が流れてきた。

もう一つは部屋に窓があるかないかでも異なる。
安宿では窓がない場合が多い。
また、観光ホテルと比べ、壁が薄いらしく、隣の声が聞こえて
しまったり、ドアの鍵も簡単で開けられやすいなどの問題もあった。

清潔さ
あまり安いと部屋が汚いことも多く、
最悪、宿に戻るのが嫌になるほどの汚さだったところもあった。

従業員
よい宿は家庭的に接してくれた。同じ宿の人と仲良くなったり
ホテルでは味わえないような感動もある。
逆に横柄な従業員の宿もある。私の経験から、ゲストハウスは
従業員の態度と宿泊費は比例してないので従業員の態度も
宿選びの要素にしてはどうだろうか?

サービス
宿によってはツアーのチケットやインターネット、ドリンク、クリーニング
などのサービスがあった。(有料)

地方では平屋で一般家庭のようなゲストハウスもあった。


注意
安全性
私が一番注意したいと思ったのは「安全性」盗難などの心配もあるが
もうひとつに火災がある
バンコクのゲストハウスは古い雑居ビルのようになっていたりすることがある。
5階建てくらいあって入口は狭く
非常口もない。窓も鉄格子がつけてあったりすることもあり。
防火設備もあるのか疑問だ。
他にも詐欺などの被害もある。
私も、カオサンで航空券を高値でうりつけられたことがある。

ただ、それは安宿だけでなくホテル全体の問題かもしれないが。




05年7月に旅行
07年4月にデータをまとめました。
なお、値段はバンコクを中心にまとめました。


(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので注意してください。



タイ旅行の情報