格安タイ旅行の方法

フリープランか個人旅行か

最近よく聞くのが、バンコク3日間とか4日間といったフリープラン
タイ旅行でもバンコクフリープラン、タイフリープランなど種類が多い。
往復航空券+ホテルがセットされ空港から
ホテルまでの送迎サービスがつくことも多い。
基本的に現地は自由だが、オプショナルツアーに
参加することもできるのだ。
また、格安航空券のみを用いた個人旅行もあるし
バンコク格安航空券とホテルセットの手配という方法もあった。






トップ
タイ旅行の情報


インターネットでいろいろ調べてお得な旅を!
格安タイ旅行に戻る


バンコクまでの飛行機の窓から
タイへ向かう飛行機の窓から

さいしょに

フリープラン?個人旅行?

タイフリープラン(バンコクフリープラン)にバンコク格安航空券など
ページ下にて詳しいことを書くが、最初に
フリープランとは
往復航空券+ホテルがセット 現地では自由行動
他に空港〜ホテルの送迎サービスや現地発のツアー(オプショナルツアー)が
サービスされることもあり、別料金の現地発ツアーの種類も数多くある。
他にもバンコクを中心にショーや食事、交通機関の予約など多くが紹介されている。
基本的には現地自由だが、オプショナルツアーに参加して
安心な旅行を楽しむこともできるし、ほとんど個人旅行に近い形をとることができる。
よくタイフリープランとかバンコクフリープランなど書かれていることが多い。
個人旅行では
名前の通り個人で旅行することだが、
格安航空券や正規割引航空券などを手配し、ホテル等は別に手配
もしくは現地で探すというようなことが多い。
シーズンによってはバンコク格安航空券2万円台など驚きの安さで提供していることもあった。

タイフリープラン、バンコク格安航空券などを使った。
タイ個人旅行  どちらがお得?

条件次第ではフリープランがお得なことが多い。
下手な個人旅行よりもフリープランの方がお得 というのが多い。
いろんなフリープランがあるが
シーズンなどによっては
格安タイ旅行とかバンコク3日間19800円とか21800円なんて出す
こともあるのだ。往復のバンコク格安航空券に数千円足すだけで
往復航空券に1泊5000〜7000円位のホテル2泊
さらに空港からホテルまでの送迎サービスがついたりするのだからうなずける。
そして 現地係員がいて安心だ。
個人旅行が安いことも
個人旅行が安いこともある。例えば
2人1部屋(ツインルーム)を前提としており、1人での参加なら1泊4000円とか5000円
などの追加料金がかかる。
エアポートバスだってバンコク旅行で利用するスワンナプール国際空港
からバンコク市街まで片道1000円もしないと思う。(円高時なら500円位だった。)
それにエアポートバスは頻発しているので待ち時間が少ないことも多いのだ。
また、フリープランだと指定したホテルを決めてしまうとそこしか泊まれないことも多く
1泊目と2泊目は別のホテルというような変更に応じられないことも多い。
もちろん1泊分宿泊拒否してもその分の料金は戻らない。

ただ、当たり前のことではあるが
バンコク+チェンマイなどのフリープランならバンコクとチェンマイ別々のホテルに泊まる。

なので1人での旅行やタイ国内を周遊するなら格安航空券を使った個人旅行の方が安いだろう。
バンコク格安航空券もかなりの安値で売られることが多い。
ただ、個人旅行である以上
それなりの下調べや予備知識はほしいところだ。
また、シーズンやその他いろんな条件がからむので一概にはいえないのも事実
インターネットなどでいろいろ調べてみたいものだ。
フリープランでも注意したいことが
タイ旅行でもバンコクフリープランなど、種類が多く選択幅も広いし
空港からホテルまで送迎サービスが付くことも多い。
ただ、一人一人に対応というより多くの日本人旅行者を効率よく運ぶという要素もある。
なので、みんなが集まるまで空港で待たされたという話も聞くし、
タイ旅行ではないが私の経験論からすると
フリープランに参加すると無料でサービスされる現地ツアーや
格安ツアーの場合、主要な観光地に立ち寄る時間よりも
指定されたお土産屋に連れてかれることが多いということもあった。
フルチョイス旅行?
格安航空券とホテルをバラで手配する。
最近よく聞く旅行形態
航空券
(バンコク格安航空券などお得なチケットが多い)

ホテル

現地ツアーや食事、鉄道チケット手配などその他のサービス
を自由に選択するプランだ。
より自由な旅行を楽しめる。
例えば
1泊目のホテルと2泊目のホテルを変えたり
最初の1泊はセットでついてくるバンコクのホテルに宿泊
2日目からはチェンマイとかパタヤーなど旅行し
現地ホテルに泊まることも可能だ。
インターネットを調べると、日本の旅行会社を通してタイ国内のホテル
だけの予約が可能な場合も多い。
ただし
同じ条件ならフリープラン(タイフリープランとかバンコクフリープラン)の方が安いが
1泊目のホテルと2泊のホテルを変えたり、1泊のホテルを予約して2泊目は
自分で探す(もしくはインターネットで別手配)ということも可能で
ほとんど個人旅行のような形をとれるのだ。
インターネットの発達もあり格安航空券やホテルの他
食事の予約に現地ツアーなどいろんな
ところで探すことができる。
個人旅行でも現地発ツアーに参加できることは多い。

フリープランについて

フリープランとは?
(タイフリープラン、バンコクフリープラン)
インターネットなどで調べると
バンコク4日間とかフリータイムとか自由旅行と書かれている。
一般的には
日本からタイ(バンコク)までの往復航空券

滞在中のホテル代

がセットになったプランだ。

タイ(バンコク)の空港から宿泊先のホテルまでの送迎サービスが付くことも多く
他にも、旅行会社によっては追加料金不要でバンコク1日観光がつくこともある。

添乗員は同行せず経験上 現地では自由行動
実質的にはツアーだが自由な旅行ができるのだ。
ただ、心配な人や快適に効率よく観光したいならオプやショナルツアー(現地ツアー)
に参加する方法もある。バンコクからは多くの現地ツアーがあり
バンコクやプーケットなどに日本の旅行会社の支店や提携店があったりすることも多いので
安心だ。
いろんな個性に対応
(海外旅行は不安という人もありきたりな旅はいやだという人も)
フリープランとは航空券+ホテル+送迎だけであとは自由という形をとれるのだから
冒険心をもって観光客が訪れないようなスポットにあしを運ぶことも可能だろう。
逆に海外は不安という人も
例えば
・当日空港の集合場所
成田空港や関西国際空港は広いが空港係員がいるので
聞けばだいたい教えてくれた。
また、心配ならフリープランを予約した旅行会社に聞いてみるのもいいだろう。
ただ、時間には充分余裕をもちたい。
・タイの空港で
入国審査を終えて到着ロビーに入ると多くの人がお迎えにきている。
旅行会社でどのような人が(どのようなバッチをつけているとか、どこにいるとか)
お迎えか聞いておいたほうがいいだろう。偽お迎え人がいたという話を聞いたことがある。
ホテルまで送ってくれる。
到着や出発時間帯などによりまれに送迎が付かないことがある。
そのときはエアポートバスとかタクシー利用になるだろう。ガイドブックにも書いてあり
言葉が通じなくても慣れれば簡単だったが
分からなければ旅行会社に詳しく聞いてみよう!
・ホテル
ホテルを選べることが多い。言葉が心配なら旅行会社に聞いて
日本語が通じるホテルをとることも手だ。
・観光
言葉も通じず地理も不慣れな海外、バンコク発のオプショナルツアーも豊富で
日本の旅行会社から予約ができる。
一般的な観光からグルメ、エステやマッサージ、アユタヤやパタヤなどリゾート地
への日帰り観光などその種類は多い。日本語ガイドがつくと思うが一応確認を!
半分はツアーで半分は自由というのも可能だから
慣れたところで、自由に歩いてみることも可能だ。
ホテルや出発時間帯など選べることが多い
(エコノミーホテルでも高級ホテルでも、延泊可能な場合も)
特にバンコクフリープランなどタイフリープランの中でも人気のあるプランは
プランの選択幅が広く
フリープランでもホテルを選べることが多い。
追加料金で高級ホテルにアップグレードもできる。例えば3万円の追加で
エコノミーホテルから5ツ星の高級ホテル(2泊)にアップグレードできることもあった。
タイ旅行を機会におもいっきり豪華な旅をするのもいいのでは?
ただし、経験上日本の旅行会社を通すと、エコノミーホテルでもそこそこ快適だった。
(飛行機の出発時間帯の選択も可能だ。)
飛行機の出発時間帯を選べることが多い。一般的には午後発より午前発の便の方が高くなる。
昔は利用航空会社によって値段が変わるときいたが
旅行会社の人が言うには、最近は航空会社より時間帯を重視していると言っていた。
(〜航空会社はいいとか悪いとか言うが個人的にエコノミークラスなら
どの航空会社もあまり変わらない気がする。)
(延泊)
バンコク4日間と書いたが6日とかそれ以上に延泊することもできることがあった。
(バーゲン品について)
インターネットなどで調べると、通常4万円位しそうなプランが2万台で売り出す
ことがある。何故値段が異なるか聞いてみたところ。
旅行商品というのは売り出しは高く、だんだんやすくなるとい傾向があり、最後に
バーゲン品となる。
最初はいろんなホテルや出発時間帯の飛行機があり、選択幅は広いが
売れ残ったものをかき集めて格安で売るということか、選択幅はほとんどなく
格安航空券など「航空会社未定」というというのもあった。(出発日は選べたが・・・)
これも経験上、飛行機の出発時間帯は悪いものばかりだったが
時間を気にしなければよいのではないか?

安い
(条件次第では下手な個人旅行より安い)
先にも述べたがフリープランの方が安いことが多い。
旅行会社にもいろいろでシーズンや条件によって値段は大きく異なるので一概には
いえないが、例を挙げると日本(成田、関西など)〜バンコクまでの往復の
格安航空券で3万円としたらフリープラン(バンコク4日)で3万5千円とする。
5千円の追加で空港〜ホテルの送迎と観光ホテル2泊が付くので
同じような条件なら、フリープランの方が安くなるだろう。
また、後にも述べるが値段の変化は大きく、フリープランと格安航空券が
同額になったり、逆転することもあるし、その逆もある。
料金の変動が大きい
フリープランだけではなく格安航空券でもそうだが、料金の変動は大きい。
シーズンによる変動は特に大きく
例えば、オフシーズンで3万5千円あったのにお盆や年末、GWのはじめには
一気に10万円以上になってしまうこともある。
経験上、予約したタイミングで値段が変わったこともある。
早く予約したほうが安かったこともあるし、後で値下げをしたこともある。
ただ、旅行会社によっても条件や値段に開きがでることもあるので
インターネットでいろいろと調べてみたい。
(安い分 制約がある。)
変更不可とか高いキャンセル料、〜日前まで予約などいろんな細かい制約
がつくことがあるので、前もって確認したい。
(追加料金)
表示価格の他にもいろんな追加料金がかかるのだ。
安いプランだと表示価格の倍額以上になってもおかしくはない
例えば
・空港使用料(空港使用税)
(空港によって異なるが、08年5月成田空港で2040円タイの空港でも必要となる)
・航空保険
テロの影響か飛行機に乗るときの保険、08年5月現在1回550円だった。
往復直行便で1100円だ。
・燃油特別付加料金
原油高に伴う追加料金で原油価格により変動なので旅行会社の人も先のこと
までは分からないとのこと
08年5月現在ではかなり大きな出費であった。
航空会社によっても開きがあり08年5月で日本〜タイで6000〜12000円位か?
多分片道で往復なら倍になるかも?
料金に含めると宣伝している旅行会社もあった。
詳しいことは旅行会社に聞いてみてださい。
他にも
一人部屋追加料金
フリープランではホテル2人1部屋としてみることが多く
一人旅なら、一人部屋追加料金がかかることが多い。
宿泊ホテルのグレードにより異なり、エコノミーホテルなら
1万円弱であって高級ホテルなら6万円以上の追加というのもあった。(2泊)
一人旅で旅慣れているなら格安航空券の個人旅行の方が安いかも?

他にもいろんな追加料金があかかることもあるようだ。

融通が利かないこともある
一般的に往復航空+ホテルはセットとなっている。
つまり
バンコクフリープラン4日間とかに参加し、その間
バンコクから1泊で郊外旅行へ出かけるといってもキャンセルしたホテル代は戻らない。
ただし
インターネットなどで調べると、バンコク格安航空券などの格安航空券に
ホテル1泊をバラでセットし、3泊4日なら残りの2泊など各自で手配するという方法もあった。
インターネットを使えば日本の旅行会社を通しタイにあるホテルだけの手配
するという方法もある。
他にも
タイフリープラン(バンコク+チェンマイ)というようなプランに参加すると
往復航空券+タイのホテル+チェンマイのホテル、バンコク〜チェンマイの往復交通
がセットでつくというプランもあった。


個人旅行について

個人旅行
バンコク格安航空券などの
往復の航空券の確保を基準とした

最近は個人旅行といってもほとんどツアーのような形をとることも可能
であるため、一概に個人旅行とは言いにくいが、本ホームページの個人旅行は
往復航空券(格安航空券や正規割引航空券)だけを手配という形とした。
個人旅行なのだからある程度の旅行知識はある人がほとんどだ。
ちなみに片道航空券で残りの片道は現地で購入するという方法
ビザ(査証)が必要ということもあり、旅行会社の人はすすめていなかった。
かなりの長期間の旅の場合は別だろうが・・・
多くの航空会社がだしているバンコク線は
バンコク格安航空券など航空券の種類も多い。
出発時間帯など自分好みのチケットを選びたい。
航空券について
格安航空券、正規割引航空券
インターネットなどで一般的に売られるのは格安航空券と正規割引航空券
というものらしい。格安航空券とは団体割引のバラ売りで
正規割引とは各航空会社がだす割引チケットのことだ。
JALの悟空14日とかANAのエコ割といったのが割引チケットで航空会社で
買えることが多い。
シーズンや利用航空会社、出発時間帯などとにかく値段が異なる
フリープラン同様にシーズンによる料金変動が大きく
安いシーズンの平日など東京〜バンコク往復2万円以下のチケットがあると
思うとお盆や年末、GWのはじめなど5万円以上にはねあがることもあった。
さらに航空会社による変動もあり
例えば日本航空や全日空が8万円で航空会社未定が4万円というのもあった。
格安航空券なら制約が厳しいことも
〜日前まで予約とか変更不可、高いキャンセル料など安い航空券ほど
制約は厳しくなる。航空券によっても異なるので、前もって旅行会社で
確認したい。

あとはフリープラン同様
人気がある午前便は高く設定していたりすることもあり
空港使用料(空港使用税)などの追加料金が加算された。

航空会社未定
バンコク格安航空券など
航空会社未定をさらに安く売り出すことある。いわゆる余りものチケットだろう。
出発日や帰国日は指定できるが、何時の便かは分からない。
経験上、料金を払い込んだら、航空券引換書が送られ、そこで
利用する航空会社(出発時間)が決まった。
つまり旅行代金を払ったら利用する航空会社(出発時間帯)を教えるという形だ。
まれに、旅行代金支払いまえにこっそり利用航空会社を教えてくれたこともあった。
詳しくは旅行会社に聞いてみよう!
これも経験上、夜出発とか早朝帰国というような条件の悪い航空会社ばかりで、
さらに直行便ではなく
タイ便なら台北や香港などで乗り換え(トランスファー)ということも多いらしく
時間のロスとなることも多い。

旅行会社によっても値段が異なることもあった。

インターネットでいろいろ検索しよう!
自分にあった航空券を!
値段の変動の激しさに格安航空券とか正規割引航空券など
とにかく複雑な航空券、インターネットでいろんな旅行会社など検索して
自分にあった便を見つけることをすすめる。
格安航空券とか正規割引の区別なくいろんな値段が表示されている。
例えば
日系の航空会社がいいいとか、安い航空会社がいい
事前の座席指定ができるところがいいなどいろいろだろう。
細かいことは旅行会社に聞いてみよう!

普通料金について
東京(成田)〜バンコク往復の普通料金は30万円以上して
それを使えば、どの航空会社も利用でき予約変更もできて
便利ではあるがほとんど使う人はいないだろう。
昔は時刻表に普通料金は提示されていたが、今は、普通料金の方が普通ではないみたいで、
その存在すら知らない人も多いのでは?

より自由度が大きい旅ができる
フリープラン(タイフリープランとかバンコクフリープラン)
も自由度が大きいが、それ以上に自由なのが
個人旅行、ホテルも予約しないで、安宿街で有名なカオサンで
ゲストハウスを探したり、現地でオリジナルツアーに参加するも可能だ。
他にも
現地で切符を買ってバスや鉄道で自由気ままにタイ国内をまわったり、
観光客が立ち寄らないエリアに訪れることもできる。
そこでは思いがけない感動があることもある。
ただし、思いがけないトラブルもあるので自己責任は問われよう。
それなりに旅慣れた旅行者が多い。
ガイドブックも個人旅行対応のものにしたい。
インターネットでホテルやツアーの予約もできる。
インターネットの普及で今や個人旅行でもホテルの予約
ができたり、現地発のツアーに参加できる。
タイ国内の飛行機や鉄道切符も手配可能だ。
つまり個人旅行からツアーに近づけることも可能だ。
往復航空券とホテル、オプショナルツアー、送迎を
バラで手配することも可能だが、フリープランと同条件ならば
フリープランに参加したほうが安いことが多いようだ。
それなりのオリジナルにはしたい




格安タイ旅行に戻る


トップ
タイ旅行


(注意)
05年の旅行経験とその後の調査から08年6月に作成しました。
状況の変化や実際異なっていることがあるので参考程度
に自己責任のもとで調査をお願いします。
また、料金や旅行条件は各旅行会社を調べてください。