格安タイ旅行の方法1

バンコクを中心にまわる

インターネットで旅行会社を調べるとよく「バンコク4日間」
というフリープランがある。バンコクまでのアクセスもいいし
日本語でのバンコクの現地ツアーも豊富だ。
安くて快適、安心なプランも多く
もちろん格安航空券だけの個人旅行でも比較的気軽にできた。






トップに戻る
タイ旅行の情報


格安タイ旅行に戻る


バンコク エメラルド寺院
有名な観光スポット
エメラルド寺院



フリープランとは?個人旅行とは?
本ホームページでは
航空券やホテルなどセットになったツアー
フリープラン
格安航空券など航空券だけを手配する
個人旅行
に分けて説明している。

フリープランと個人旅行のメリット、デメリットなど詳しくは

以下をクリックしてください。

フリープランとは個人旅行とは


バンコクだけなら多種多様なフリープランがある
安い、安心、快適
4日間とか5日間でバンコクだけを中心に旅行をするなら
フリープランを使うだろう。
インターネットで調べると多くの旅行会社がバンコク4日間とか6日間
といったフリープランを企画しており、ツアーとはいえいろんな旅行にアレンジできる。
選択幅が広い
例えば、ホテルの選択幅が広くエコノミーなホテルから5ツ星級のホテルなど
いろいろアレンジできるのだ。
また延泊に応じてくれることも多い。
自由
基本的には現地では自由なので自分の好きなところへ行ける。
個人で歩くのが心配ならば
バンコクの現地ツアー(オプショナルツアー)に参加するとい方法もある。
バンコク発の現地ツアーは豊富で
一般的な市内観光からグルメやエステ、アユタヤやリゾート地
へあしをのばすツアーもあった。
ほとんどは日本語可能だろうが一応旅行会社に聞いてみよう!
サービス充実
旅行会社にもよるが、バンコク市内観光が追加料金無料で
つくことがある。
安心
(バンコクの現地ツアーも多い)
日本を飛び立ち数時間でバンコクの空港に到着、突然
言葉の通じないエリアに入るのだから、不安になり人も多いのでは?
そのときお迎えに人が入れば安心だ。
多くのフリープランでは空港からホテルまでの送迎サービスが付くし
バンコクにツアーデスクがあることも多い。
安い
格安航空券(正規割引航空券)もフリープランも種類が多く
一概にはいえないが、例えば+5000円でフリープランにすることができることが
あった。安宿利用なら格安航空券のほうが安いかもしれないが
+5000円でホテル2泊と送迎サービスが付く。
エコノミーホテルではあるが、経験上、フリープランで一番安いホテルをとっても
快適な観光ホテルだった。

とにかくインターネットでいろいろ調べてみたい。

バンコクを拠点に観光?
安い、安心、自由ということもあろう。フリープランでバンコクまで行き
タイ旅行中、バンコクのホテルに泊まる。
そのホテルを拠点に自由気ままでバンコクの街を歩いてみたり、
バンコクの現地ツアー(オプショナルツアー)に参加したりする。
オプショナルツアーの種類は多く
日本の旅行会社でも予約可能なので安心だし、大きな荷物はホテルに
預けることもできるので楽であろう。

ちなみに
バックパーカーが集まるエリアで有名なカオサンなど
ツアーを企画していることも多くその方が安く
多国籍化していて面白かった。
しかし
英語のみであったり、
現地での予約なので保障はできない。
不快なことがあったりトラブルにあっても日本の旅行会社など
不満をいえるところはない。
(日本から予約すれば絶対安心という保障もないが・・・)


個人旅行の魅力
こだわりの旅ができる
バンコクの安宿街で有名なカオサンなどで宿探しをしてみたい!
ゲストハウスなどの安宿は日本の旅行会社で予約できないことも多い。
とか1泊目と2泊目の宿を変えてみたい。
(インターネットでホテルだけの予約も可能だ。)
バンコクに友人がいて友人宅に泊めてもらう
など

ほかにもありきたりの旅行が嫌だという人がいいのでは?

こだわりがあるなら格安航空券だけの個人旅行もいいのでは?
ただし、経験上
フリープランと同条件ならフリープランを選んだほうが安いようだ。
一人旅
フリープランだと2人1部屋で計算されることもあり
1人だと割高になることもある。
ビジネスクラス利用など
中華航空、台北経由など格安航空券のビジネスクラスを安くとることができた。
その場合、往復航空券とホテルをバラでとった方が安いこともあるのだ。
旅行会社ではフリープランと格安航空券両方を売り出すことが多いので
比べてみるのもいいのでは?

他にも個人旅行ならではの魅力がある。


格安タイ旅行に戻る


トップ
タイ旅行


(注意)
05年の旅行経験とその後の調査から08年6月に作成しました。
状況の変化や実際異なっていることがあるので参考程度
に自己責任のもとで調査をお願いします。
また、料金や旅行条件は各旅行会社を調べてください。