タイ旅行より
バンコクやチェンマイなどの市内交通

トウクトウク(オート三輪のタクシー)やソンテウ、水上バス・・・
日本では見られないような珍しいものも多く、乗り物を楽しむのも
タイ旅行の楽しみではないかと思う。
乗り物からは街の風景、人々の生活ぶりが手にとるように見られるのだ。
それに 街はゴチャゴチャしており、暑いので歩くと疲れる。
ちょっとした移動に便利な交通機関が多いのも特徴だ!


          








トップ
タイ旅行の情報

お得な情報を見つけることができるかも?
格安タイ旅行術


トウクトウク(オート三輪)からの眺め

街中の交通機関について
とにかくいろんな乗り物がある。

日本でもタクシーやバス、地下鉄などといった交通機関があるが
タイもいろんな種類の交通機関がある。
そして、その多くは日本ではあまり見られない乗り物も多いし
タイの街は全体的にゴチャゴチャしたところが多い。細かい移動に適した乗り物が多いと思った。
知っている限りでタイ旅行で利用した乗り物を挙げると
トウクトウク(オート三輪のタクシー)
タイの定番ともいえる交通機関
ソンテウ(トラックの荷台を改造した乗合バス)
チェンマイなどトウクトウクより安く移動するには便利
水上バス
バンコクのチャオプラヤー川で利用、値段も安く、意外にも早く移動できることもある。
他に運河乗り合いボートもあった。
モーター・サイ(バイクタクシー)
こまわりが効くのがいい。スリル満点!
レンタサイクル
交通機関とはいいがたいがよく利用したアユタヤやチェンマイなど平坦で
ゴチャゴチャしているところなど便利だ!
BTS(スカイトレイン)やタクシー 路線バスなど
バンコクではBTSやタクシー、路線バスなどが便利なことがあった。
エアポートバス
市内の交通機関というより空港から街中へ行くのに便利

以下に詳しく各交通機関についてまとめてみました。
トウクトウク(オート三輪のタクシー)



トウクトウク(オート三輪)で街をまわる

とにかく便利なトウクトウク

ガイドブックを開いてもよく見られるのがトウクトウクというオート三輪のタクシー
タイの街へ行けば
例えば
バンコク(王宮周辺やチャイナタウン周辺など)他にもノンカーイやアユタヤ
といった主な街ではあちこちにみることができた有名な乗り物である。
いわばタイの名物と言ってもいいのではないか?
個人旅行でもフリーツアーでもタイに行ったら是非乗ってみたい。
小回りがきくので狭くてごちゃごちゃしているところもスイスイ行っちゃうし、
日本ではまず見ない乗り物だ。旅のいい思い出になるだろう。
移動距離は大体2〜3km以内
個人差によるかもしれないが、移動の距離は移動距離は2〜3km以内位か
例えば、バンコクならバンコク(ホアランポーン)駅からカオサンとか
チェンマイならナイトバザールからワット・プラ・シンといったところだ。
ひろうのは簡単だった。
街中で人が集まりそうな場所では
はあちこちにトウクトウクが待機しており「トウクトウク?」なんて言ってくる。
ただ、個人的に客の呼び込みをしているトウクトウクにはあまり乗らないが・・・
値段は交渉制 言葉は片言英語でも十分通じた
おおよその値段は(20〜50B)ほど
言葉は通じなかったが片言英語でなんとかなった。
言葉がほとんど通じなくても、トウクトウクを利用する外国人旅行者は多かったのだ。
私の利用方法から
まず、「カオサン」とか「ワット・プラケオ」とか行き先をいう。
指を二本だして「テンバーツ」という、ノーと言われたら指を三本だして
「サーティバーツ」とか言えばなんとかなった。
ガイドブックにおおよその相場が書いてある、
私の場合
だいたい数台待機していることがあるので何台かまわって聞き比べてみた。
あと、最初は高値でいうこともあるので値切ってみたりした。
けどあまり値切ると乗せてくれなかった。
その場の状況に応じて値段が決まることも
客がいなくて困ってそうな場合は20BでOKしてくれて、
夜、雨が降ってしまい客の方が困っていたときは同等の距離でも40Bと言われた。
どのトウクトウクもそれ以下にしてくれなかった。
おおよその値段は知っておこう!
運賃は交渉制だが あまり値切ると乗せてはくれないし
かといって高値をつけられるのも気分がよくない
私の経験から1km位の移動で20〜30B程度であったが、物価上昇ということもある
タイ旅行のガイドブック等で最新の情報を確認してください。
乗り心地
(乗り心地はよくないが、手にとるように街を眺めることができた。)

街が手にとるように感じる楽しさ
「ガタガタ」と揺れるので乗り心地はいいとはいえないが。
屋根がついているだけで、オープンなので街が手にとるような感じだ。
注意点
夕方、バンコクのチャイナタウンからカオサンへ向かう途中、
グラビア写真をだして「どうだ?」なんてことをきかれた。
もちろん、「ノー」と断った。

このようなことはめったにないが、タイ旅行で一度だけ、交渉時に安値を言ってきて
降りるときに高値(ボッタクリほどではないが)を言ってきた人がいた。
最も
お年寄りで優しそうなのドライバーだったので、半分冗談だろうし
あまり怖いという印象はなかったが・・・
そのうえ
日本円で数十円程度だからなんともないが・・・

私の経験からタイでのトウクトウクは
比較的安心だと思ったが、見知らぬ店の紹介されただの他にも、いくつかの
トラブルがあるそうです。
あと 安全性に落ちることもあり。

ソンテウ(トラックを改造した乗り合いバス)


ソンテウに乗る(実際はもっと大きいのが多い)

トウクトウクより安上がり?

トラックを改造(屋根と座席を取り付けた)した乗り物で、
乗り合いである。手を挙げて止まってくれた。
もうひとつの経験から私の場合 トウクトウクで値切りすぎて
トウクトウクのお兄さんに「これに乗れ」と言わんばかりにソンテウを
とめてもらったりもした。
つまり
トウクトウクより安上がりだった。
経験からチェンマイでの運賃はだいたい、トウクトウクの半値〜70%くらいだった。
値段は交渉制?
チェンマイの街中で20Bくらいだった。
交渉の仕方はトウクトウクと同じだが乗り合いのため、
イエスかノーかすんなり決まった。
トウクトウクより安心感はあった。
一人でトウクトウクに乗ると不安に思うこともあった。(タクシーよりはいいが)
「乗り合い」なので安心感はあった。
(といっても自分一人しか乗ってないこともあるが)
行き先が決まっている。
乗り合いなので仕方ない、行き先が違うため乗車拒否もある。
ソンテウがきたら呼び止めて、行き先をいい、そこへ行くなら乗せてもらうという
あんばいだった。言葉はそれほど必要なかった。
ちなみにチェンマイではよく見たことと、一人旅だったのでチェンマイでは
まず、通りかかったソンテウに声をかけて、行き先が異なるなら、トウクトウクに乗る
という形をとった。
安全性
街中ならよいが郊外の道を走る場合、結構とばす
(というよりトラックを改造したものなので速く感じる)
トラックの荷台に乗っているようなものなので、
私個人的に万一、事故をおこしたときは危険かもしれない。と思った。

水上バス(チャオプラヤー川で)


水上バスが便利なことも?(バンコクにて)

バンコクは水上交通が便利なこともある

バンコクのチャオプラヤー川で水上バスに乗った。あと昔運河乗合ボートに
乗ったこともある。
乗り方
船乗り場へ行き普通に行き先を言って切符を買えばいい。
ほとんど言葉の心配はなかった。
ただ、チャオプラヤー川の水上バスの場合
普通船に急行船(赤旗?)とか特急船(黄色旗?)といった船もあり
それにより運賃の違いがあった。
安くて早くて気持ちがいい
ツーリスト用ではないので値段が安い、王宮近くのターチャーンから
チャイナタウン近くのメモリアル橋まで9Bだった。
渋滞しらずで早い!
船内はこんでいたが、気持ちいい川辺を走る。
運河乗合ボート
乗ったのが10年も前なので記憶がかすかである。
カオサンで航空券を買って、カオサン近くから駅の近くまで乗った記憶がある。
狭い運河を細くて長い舟でスイスイ進むのがよかった。

バイクのタクシー(モータ−サイ)


スリルがあった!!!

バンコクでよくみかけた。

ほんの数百mほどの利用であったが、旧王宮付近など
交通量が多いとかゴチャゴチャしていることから
とにかく便利であった。
値段は交渉制
ほんのちょっと乗っただけなので10Bにしてくれたが
20B以上はすると思う。
交渉の仕方はトウクトウクと同じだった。
安全性
スリルがあっておもしろいが危険かも
風をきって走るので気持ちよくスリルもあった。
が客はヘルメットなしだった。

レンタサイクル


好きなところを走りまわる

自転車で自由に街をまわった

チェンマイとアユタヤで利用した。平坦で半径2km以内に観光地が多く
自分の好きな所へいけて便利だ。1日50Bくらいだったと思う。
レンタサイクルを利用して楽しいタイ旅行の思い出ができたと思う。
休み休みの行動をとった
個人差はあるが、暑いタイの街を走ると疲労がたまる。
途中で休みながらゆっくりといった。
街中には屋台が沢山ある。冷たいものでも飲むのもよかった。
パンク!
アユタヤで自転車こいでたらパンクした。
観光地のお寺の係員にパンクした自転車をみせたら自転車屋を
を教えてくれて、パンクを修理してもらったことがある。
運が悪かったのか!
あと、自転車を借りるときはブレーキのチェックとかもしておきたい。
レンタルバイクもあった!
事故が心配なので利用しなかったがレンタルバイクもあった。
ホンダのカブをちょっと大きくしたようなバイクだった。
(タイではよくみる)

エアポートバス


空港へと向かう!

空港から街中で運賃 快適性共に満足した!

どこの国でもよくみる普通のバスと比べれば高いが、日本からみれば安い
大きい荷物も乗るし、係員も外国人慣れしている。
そしてゆったりもしている。

その他(路線バス、タクシー、BTS)
タイの路線バスは10年ほど前に乗った、
安くて便利だろうが表示がタイ語のみでわかりにくくトウクトウクなどにしてしまう。
バンコクにはタクシーもある。
空港(当時はドン・ムアン空港)からリムジンのタクシーもある。
タイでタクシーは10年ほど前に1回乗っただけなので、
分からない。
バンコクにはBTSというスカイトレインや地下鉄が走っている。
バンコクの渋滞解消の期待が大きいとのこと。

他にもいろんな乗り物があるかも!

1B(バーツ) 3.74円(07年3月下旬)

05年7月に旅行






トップ
タイ旅行の情報



(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
参考程度に自己責任で調査してください。