タイ旅行 チェンマイ観光
バンコクから北東約600kmにある街「チェンマイ」
街にはマクドナルドやスターバックスもあり、西洋人観光客も多い。
しかし、郊外にでると我々の知らない少数民族が住む村がある。
そこは「秘境」への入口なのだ!

ワット・プラシン





タイ旅行と旅行情報


格安タイ旅行術



チェンマイの行き方
チェンマイもタイでは人気のある都市で
バンコク〜チェンマイは鉄道、飛行機、バスともにかなりの本数をだしている。

チェンマイに到着

鉄道

バンコク(ホアランポーン)駅から11〜15時間
1日7本出ており、うち5本は夜行列車だ。(夜出て朝到着)
バンコク〜チェンマイの寝台車は非常に人気があるそうで、
切符がとれないこともあるそうだそうだ。
(外国人利用者も多い)
飛行機
バンコクから1日10便以上でているとのこと
日本からのフライトもある。
チェンマイ国際空港はチェンマイ市内の南西約4kmにある。
チェンマイの街を歩くと、旅客機が低空で飛んでくるのをよくみた。
バス
バンコクから10〜11時間
30分〜1時間おきにでている
ゲストハウス(安宿)では格安ツアーバスの紹介をしていた。



チェンマイ市内の移動
チェンマイの街はだいたい2km以内にまとまっている
チェンマイをどのように移動したか?


駅や空港からチェンマイ市内へ

鉄道駅にしろバスターミナルにしろ空港にしろチェンマイ市内から
ちょっと離れている上に路線バスやエアポートバスはまずみなかった。
頑張れば歩いていけないこともないが、暑い中、重い荷物を持って
歩くのは辛い。
クトク(オート三輪タクシー)かソンテウ、タクシーに乗ることになるだろう。

チェンマイ駅に着いたとき沢山のトクトクが待機していた。
私はちょっと遅れたため、ほとんどのトクトクがでてしまったが、
残りのトクトクに乗った、トクトクの方も「余り」だったらしく
30Bくらいしそうなところを20Bにしてくれた。

チェンマイ市内の移動
クトク(オート三輪タクシー)
チェンマイ市内を歩くといたるところに トクトクが止まっていた。
(タイの街はどこでもそうだったが)
値段は1〜2km位で30〜40B位それ以下だと乗せてくれなかった。
ちなみに最初の言い値が40Bで値切ったら30Bにしてくれる
ことがあった。雨の日の夜などは40B以下にしてくれることは
まずないだろう。
クトクはがたがた揺れるが路地裏などをスイスイとぬけていった。

ソンテウ
トラックの荷台を改造した乗り合いバス トクトクと並んでよくみた。
値段は市内で20B、値段の安さからチェンマイではトクトクよりも
よく利用した。また、トクトクであまり値切ったら、ソンテウを止めて
これに乗るように言ってもらった。数が多いがルートが決まって
おり、希望の行き先と異なると乗車できない。

クトクと並んで日本では乗れないだろう。
風を切って走るのも気持ちがいい。

レンタサイクル
その都度お金を払うのも料金交渉も面倒ならレンタサイクルなら
どうだ、平地で距離的に自転車が便利だ。
途中で休憩しながら行くのもよかった。
安全を考えて利用しなかったが、レンタルバイクもある。

徒歩
ソンペット市場からナイトバザールまで約1kmちょいを歩いた
途中の市場に寄ったりして面白かった。
但し暑い中の移動は疲れる。

タクシー
チェンマイにもタクシーがあるそうだが、数が少なく
あまり一般的とは言われてないようだ。
私もチェンマイ滞在中、タクシーのは一度も乗らなかったし
ほとんど見なかった。

路線バス
ほとんど見なかった、市内ではソンテウが路線バスの役割を果たしているのだろう。



チェンマイの観光

ナイトバザール

ナイトバザール


チェンマイにいったら、まず見逃せない!!!

チェンマイの繁華街のひとつ「チャン・クラン通り」がある。
そこは、外国人観光客も多く、マクドナルドやスターバックス
テラスのレストラン、フードコートがあり西洋料理や日本料理
、トム・ヤム・クン といったタイ料理などいろいろ
他にも、チェンマイからのツアーを扱う旅行会社や土産物屋が並ぶ
気持ちがうきうきする。
一番の見ものは夜
道沿いに土産物から雑貨、衣類を扱う、テントが並ぶ。
多くの人で賑わう。フードコートには伝統舞踊ショー
が行われている。お祭り気分でウキウキする。
街角にイスラムの街が
中東からきたのかナイトバザールにはイスラム風の人も多い。
チャン・クラン通りをちょっと外れたところにイスラムの街があった。
イスラム寺院から聞こえるコーランの祈りが旅情を感じる。
ここにカオソイ・ラムラムというカオソーイというカレー味の麺
の店があった。イスラム教の人が経営しており
そこでフルーツジュースとカオ・ソーイを食べたら美味しかった。
イスラムの人は穏やかだ。

フローマット市場
ナイトバザールは外国人が多いのに対し!
フローマット市場はタイ人(地元)が多い

一般的なタイの市場だ、ナイトバザールと比べると
値段は安いが、お土産などではなく日用品が多い、
屋台もタイ風だった。

フローマット市場


ワット・プラシン ワット・チェンマン ワット・チェディ・ルアン
チェンマイを代表する3つの寺院


ワット・チェディ・ルアンの仏塔


ワット・プラシン

1345年に、ランナータイ王国5代王パー・ユーが父親の遺灰を
納めるためために作られた寺院

ワット・チェンマン
1296年にランナータイ王国初代王メンラーイが建立
チェンマイでは最も古い寺院

ワット・チェディ・ルアン
1391年に建立、裏に1545年の地震で崩れた
といわれ、半壊の状態で残っている。巨大な仏塔が有名

正直いうと3つとも同じお寺に見えたので、
どのお寺がどうだったという記憶がない。
いうなら、ワット・チェディ・ルアンの半壊した仏塔が印象的だった。

静かな境内でのんびりと
西洋人の老夫婦が境内をゆっくり歩いているのが印象的だった。
タイのお寺は日本とはまた違った雰囲気を味わえる。

花と線香をあげてみとう
日本でもお寺で花と線香をあげることは多いだろう。
タイも同じようにしてお参りするが、日本とは形が異なる。
試しにワット・チェディ・ルアンで花と線香(10B)を
買ってお参り、周りのタイ人は興味深々にみていた。
分からないと、「こうやってやるんだ」と教えてくれた。
いい思い出になった。

チェンマイには他にも多くのみどころがある!



その他の情報
街中いたるところにインターネットコーナがあった。
日本へホットメールを送るのによく利用した
日本語可もあるが不可もある、確認しよう。

ホテルも多い
観光ホテルも安宿(ゲストハウス)も多い
予約してある場合はいいが、現地でホテル(ゲストハウス)を
探すときは、念のため、ガイドブック「地球の歩き方」で
ホテル(ゲストハウス)が集まっているエリアを探しておこう。
エリアを外すと、宿は全く見当たらなかった。
ちなみに高級なホテルは予約したほうがいいと思う。

チェンマイからツアーを扱う旅行者も多い
チェンマイでは少数民族の村を訪ねるトレッキングツアー
が有名で多くの旅行会社が取り扱っている。
日本からでも予約が可能だが、現地にも旅行会社が多く
現地でも予約できる。私はトレッキング出発の前日予約できた。
ほかにもバンジージャンプとか
詳しくはタイの珍しい体験へ

クリーニング
ゲストハウスでクリーニングのサービス(有料)あり、
2日で洗濯してくれた。

写真を作る
ナイトマーケット近くに富士フィルムの店があった。
デジタルカメラのXDピクチャーカードをCDにおとしてくれたり
写真を作ってくれた。(所要2〜3時間くらい)
店内の雰囲気は日本と同様、言葉は通じないが
私は片言の英語でなんとかなった。



タイの観光情報へ


タイ旅行と旅行情報


ホームページのトップ

くらの旅行記


05年7月に旅行
07年4月にデータをまとめました。


(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので注意してください。