タイ旅行  郵便や通信について
旅にでたらそこから絵はがきなど出したいものだ。
逆に日本からタイへ郵便物を出すこともあるかもじれない。
他にも、便利なメールもある。
私の経験をまとめてみました。





トップ
タイ旅行の情報


いろいろ調べて自分好みのお得な旅をしたい
格安タイ旅行術


電話をする
タイから日本へ電話をする。通話料は少々高いものの相手の声が
聞くことができるのだから安心感は大きく、メールよりも電話を好む人も多いようだ。
タイから日本での電話のしかたはいろいろあるが、私は以下の2つをとった。
公衆電話
比較的安く通話ができる(と思い)公衆電話を利用している。
ただ、異なる種類の電話があったりして、その国や地域に不慣れな
旅行者にとって、不慣れなこともある。
ガイドブックには公衆電話での通話のしかたが書いてあることも
多いので旅行前に調べておきたい。
(テレホンカードを購入)
まずはテレホンカードの購入、私は空港の売店やコンビニで買った。
国際電話用のテレホンカードを購入、「いんたーなしょなる てれほんかーど」
とか言って、国際電話をする旨を伝えたら、相手は理解してくれた。
経験から、外国人旅行者慣れしていそうなエリア
(バンコクの外国人観光客の多いエリアとか国際空港など)
で買った方がスムーズに理解してくれることが多い。
値段は300Bと500Bの2種類
一週間程度の旅行で、安全確認程度に家族へちょくちょく電話するくらいだった
ので300Bで十分足りた。通話料は時間帯にもよるがおおよそ1分30〜40Bとみた。
参考にICチップのカードだった。
(電話の仕方)
街中に電話ボックスをよくみたのでそれを利用するのだが
一つのエリアに数種類の電話がある。
黄色の電話が国際電話用だった。(調べるとオレンジのもあるようだが)
分かりやすくinternationalとか書いてあったのでだいたい検討がついた。
電話のしかたは日本とほぼ同じであった。

ちなみに
001(国際電話認識番号)ー81(日本の国番号)ー3(0をとった市外局番)
ー相手の電話番号 である。私の知る限りではだいたいどの国も同じだった。

経験から
番号は長くちょっと面倒であることと通話料がかかること(度数が減るのが早い)
を除けばタイからの電話も
日本の公衆電話からかけるのと同じ感覚であった。
携帯電話
(利用目的)
公衆電話の方が通話料は安いものの、何かあったとき日本からの電話は
できない。また、非常時に携帯電話があれば便利という理由で
携帯電話を持ったことがある。一種の保険みたいなものとして利用した。
(どの携帯?)
タイも携帯電話の普及率は高く、バンコクはもとより
少数民族の村からつながることもあったのだ。(必ずつながる保障はできないが)
私が最初に考えたのは日本で使っている携帯電話を
国際電話対応に機種変更すること。
ただし、通話料の高さ(着信料もあった。)さ機種が限られること。
充電器も変えなければいけないことなど観光目的の短期間の旅行には
もったいない気がした。
そこで、レンタル携帯電話を利用した。
(レンタル携帯電話の手続き)
成田空港などレンタル携帯のカウンターをよくみたが、私の場合
インターネットにて下調べ、いろんなレンタル携帯電話の会社があり
料金もそれぞれ、いろいろ調べて
自分にとって都合のいい携帯レンタルを利用したのだ。
ちなみに
私の場合 携帯電話は非常用、なるべく 公衆電話を利用したので
基本料は安く、通話料を高くした。
レンタルといってもまちまちで
例を挙げると
レンタル料 1日300円前後 日本への通話1分300円
他にも紛失したときの保険料として1日250円というのがあった。
(保険の加入は任意)
もう一つ、保障としてクレジットカードが必要となることが多い。
予約空港にて受け取り
条件のいい会社を見つけたらインターネットにて予約、手続きをして
当日空港にて受け取るのだ。
もちろん出発前に電話番号を日本の家族などに知らせておく。
メールをする
便利がいいのはメールである。
バンコクやチェンマイなどの街中にはインターネットを扱う店が沢山あったし
金額も安く、気軽にメールを送ることができた。
旅行前にhotmailを作成
まずは、タイ旅行前に日本にてhotmailを作成した。
あとはタイ国内でもメール可能となる

街中のインターネットの店に入る
チェンマイやバンコクなどにある インターネットの店に入る。
internetとか書いてあり、パソコンが沢山並んでいるので分かるだろう。
注意したいのは日本語の入力が可能かだ。
入力可能の店は多いが、ない店もある。
なので、「じゃぱにーず」とか言ってジェスチャーでも聞いてみたい。
ただし、日本語を読むことができ、書き込みができない。
ローマ字とかで送ることになる。
値段
値段にはかなりの開きがあり高いところは高いが
何人かの友人にメールを送って20〜30B程度か?
葉書
旅行先から絵葉書など送るのも楽しいもの
お土産屋などにもよく売られているのだ。
JAPAN AIRMAIL と分かりやすく書いておけば
あとは日本で葉書をだすのと同じ要領である。
ポストは街のあちこちにあった。
切手は15B 海外旅行経験から葉書を送るのに切手で困ったことがある。
のでできれば一緒に購入したい。



トップ
タイ旅行の情報


05年7月に旅行
08年12月にデータをまとめました。


(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
参考程度に自己責任のもとで調査してください。