東京旅行 赤坂観光

国会議事堂や首相官邸など政界の裏手にあたる街
大使館や高級ホテルが並び、高級感を感じさせてくれるエリアだ。
その中でも、日枝神社や弁慶濠など江戸時代の風情もあった。



日枝神社
(都会の真ん中にある)

トップに戻る
東京旅行の情報


格安東京旅行方法
格安で快適に東京へ行く方法の紹介!









赤坂への行きかた
地下鉄が便利だが、JR四谷駅からも歩いて行けた。
地下鉄丸の内線の赤坂見附、南北線や銀座線の溜池山王、有楽町線の永田町
といったように多くの地下鉄が張り巡らされており、アクセスはとてもいい。なので
地下鉄利用をすすめたいが、
東京に不慣れな旅行者にとって地下鉄は利用しにくいことも多いのだ。
JRを利用する場合、四谷駅からも歩いて行けた。
中央線で新宿や秋葉原、東京方面へ行く人は
さりげなく四谷駅を過ぎると思うが、四谷近くには、迎賓館やホテルニューオータニ
清水谷公園といったようなスポットがあるのだ!
ちなみに
四谷駅は東京駅から中央線の快速で10分もしないくらいだ。

赤坂の場所
赤坂、麹町、麻布、六本木など高級感あふれる街の名前が多いが、
JR線がないためか、地理的のどのあたりか分かりにくい
赤坂はちょうど国会議事堂の裏手あたりになる。麹町は赤坂の北隣といったところか
この周辺は歩いて散策できた。
麻布や六本木は、そこから約2kmほど南下した東京タワーの裏手にあたる。
個人的にこういったところを歩いてみるのも面白かった。

赤坂とその周辺のみどころ
実際まわったみどころをいくつか紹介します。
みどころといえば神社や庭園といったところが多く、それほど時間がかからなかった。
赤坂には高級レストランも多いし、高級感のある店も多いので
買い物や食事にいいかもしれない。
赤坂で豪華に食事を楽しむ
高級レストランはランチで5千円〜とか、ディナーコースともなれば1万円〜はするのが普通らしい。
おもいっきって贅沢するのもいいと思う。
また、ニューオータニのような高級ホテルでもティータイムや朝食なら
2000円以下というところもあった。
予算的に手に届く範囲だろう。
おためし程度にも高級感をあじわってみてはどうだろう。
場所によっては安い店もよくみた
赤坂は高級飲食店ばかりと思いがちだが日枝神社近くには
ビール中ジョッキ300円の居酒屋や気軽に入れるバーが
集まるようなエリアもあった。

日枝神社
都会の真ん中にある神社、立派な神社である。
大都会の中であるゆえに、砂利の敷かれた境内と周辺の林は
広々して気持ちよかった。
山王さんとしても有名で、山王祭りというのがあり江戸時代には
三大祭の一つに数えられていた。
宝物殿(無料)があり建物は小さいが、江戸時代の山王祭りの華やかさ
を印象付けるような絵や人形が展示されていた。

興味を持ったのは裏参道、鳥居も石段も近代的で周りの風景に
あっていた。特に、エレベーターであがれるのだ!
ただ見るだけなら所要時間は20分もかからないだろう。


エレベーターであがれた



清水谷公園
ホテルニューオータニの向かいにある公園だ。
うっそうと茂る森と池が都会にいることを忘れさせてくれる。
大久保利通が刺殺されたところで、碑がたっているが、
その碑が大きかった。
大都会の中にある公園(森)なので新鮮さはあるがぶっちゃけていえばただの公園だ。
普通に観るだけなら、所要時間は10分位だろう。

また、近くには弁慶濠という濠があった。個人的に都会の一角にある江戸時代の
史跡のように感じた。


清水谷公園



オータニ庭園
ホテルニューオータニの敷地にある回遊式の庭園で400年の歴史をもち
東京名園の一つに数えられている。ホテルの敷地にあるためか高級感も感じ
園内はきれいに整備されゆっくり散策できた。入場は無料だ。
ホテル裏にあり入口に向かって右側から入れた。
庭園内に日本料理屋があったり、ホテルには庭園を眺めながら、
ティータイムを楽しめるラウンジもあった。

なお、ニューオータニ美術館もあった。(有料)


オータニ公園



迎賓館
大統領や王族といったような国賓を迎え入れるための施設で有名である。
中央線の四谷駅を降りて6〜7分も歩けば華麗な迎賓館の建物が見えてくる。
東京在住でなくても仕事や旅行で、東京や秋葉原、上野方面から新宿方面へ
向かうとき中央線で四谷駅を通る人も多いのでは?私自身、無意識に四谷駅
を通り過ぎることが多いが、四谷駅近くにこんな立派な建物があるとは
思わなかった。ただ、年に数日だけ内部を公開されるだけで
普段は遠くから望むだけである。
高級感を楽しむなら近くのホテルニューオータニのほうがよかった。



迎賓館を望む






トップに戻る
東京旅行の情報


07年(平成19年)にまとめました!
09年7月に再度チェック

(注意) 自分の経験と調査に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので注意してください。