東京旅行 都内の交通

JRに私鉄、地下鉄、都バスなど東京のいろんな交通機関と便利な切符
JRや地下鉄だけではなく、東京にはいろんな交通機関があり乗りこなせると便利で楽しい。
例えば、細かいエリアを結ぶ都バスにちょっとした移動に便利な100円バス
観光なら隅田川を走る水上バスも風情があって楽しいもの
都内をまわるのは疲れる場合、東京日帰ツアー(定期観光バス)もある。
ツアーなら快適で効率もいいし、中には個人では体験できないようなコースもあった。
都区内パスや東京フリー切符というようなお得な切符を使うのもいい。。



都バス(路線バス)
(乗りこなせるとより便利)

都内の主要なあし「鉄道」
(都心の主要な交通機関)

観光に楽しい「水上バス」
(違った視点で東京を見れる)


トップ
東京旅行の情報

自分にあった旅を格安にしたい。
格安東京旅行方法







都内の交通機関についてちょっとは下調べをしたい
意外な発見も!
東京旅行するならどのようにまわるか、簡単でも計画をたてて
そこまでの交通機関について調べてみたらいいと思う。
交通機関は沢山あるが、効率的な移動方法というのもあるし、観光ならちょっと変わった移動方法もある。
例えば、池袋におりて浅草へ行きたい場合、私なりにシュミレーションしてみた。
JRで上野駅へ行きそこから地下鉄銀座線で浅草へ行く。
東京に慣れない人はJR(特に山手線)をよく利用するらしいが、浅草にはJRの駅がない。
なので、山手線で上野駅まで行きそこから地下鉄銀座線に乗りかえて浅草へいく。
また、最近東京旅行へ行ったら
100円の台東区循環バスがでていて、上野から浅草へも行くことができた。
クネクネまわるバス、地下鉄と比べれば時間はかかったが、車窓からの眺めもいいし、座れればバスの方が楽
、 そして100円バスの方が、地下鉄銀座線で上野から浅草へ行くより安いのだ。
但し、100円バスなどまず時刻表には載っていないのでインターネットもしくは現地での情報収集になる。
ちなみに
地下鉄が分からないのでJRで浅草橋駅に降りる人もいるようだが
そこから浅草まで2km近く離れており近くはない。
地下鉄で浅草へ行く。
東京の地下鉄駅には至るところに地下鉄路線図がありそれを
たどるが、どうも1本で浅草には行けないようだ。
地下鉄でもいくつかの方法があるが、
私は
池袋から丸の内線(東京メトロ)で銀座で降り、銀座線(東京メトロ)に乗り換えて浅草へ行く。
遠回りに思えるが乗り換えは一つでいいので。
他にもっといい方法があるかもしれない。
地下鉄の路線図はは時刻表にも載っているが、東京に慣れない人は地下鉄を利用したがらないらしい。
路線バス(都バス)で浅草寿町へ行く。
池袋駅東口から浅草行きのバスが出ていた。乗車料金は200円だ。
空いていれば、乗り換えなしでゆっくり座ってかつ安く早くつくことができる。
しかし、路線バスは地元の人の利用が多く、
時刻表に載っていないため、調べるのが困難だ。
しかし、最近は都バスのホームページからも検索できるようだ。

というように移動をするにもいろんな方法がるのだ。

他にも
お台場へ旅行するとき、「ゆりかもめ」や「りんかい線」の他、水上バスも出ている。
水上バスは観光にもよかった。

路線図
個人で東京をまわるのに便利な鉄道(地下鉄)の路線図
JRや地下鉄の路線図は駅や車内の至るところに張られていたので
特に不便を感じなかったが、個人で持っていてもいいかもしれない。東京旅行のガイドブックの他
市販されている手帳に載っていることも多いし、駅に無料で置かれていることもある。
路線バス(都バス)の交通路線図もあるそうだが、使ったことはない。
旅行者には不慣れと思われる路線バスだが
きめ細かい移動もでき、ホームまで歩かなくていいから鉄道移動より楽で便利なこともあるのだ


路線図は便利だ

東京フリー切符など
都区内パスや東京フリー切符などを利用

1日フリー切符
JRや地下鉄、都営バス、そして「ゆりかもめ」など多くの
交通機関で1日乗り放題のチケットを売り出している。
そのいくつかを紹介する。
都区内パス
東京都区内のJR普通、快速乗り放題のパス
(都区内なので、立川市などではフリー区域外)
都区内では730円でみどりの窓口で簡単に買えた。
なお、横浜(1140円)や立川(1300円)からは都区内フリーパスというのがあり、
都区内までの往復と都区内の乗り放題がセットになっている。

なお、ちょっと遠方の甲府や熱海から東京旅行をする場合
JRでは都区内までの往復と都区内の乗り放題がセット
をだしていることが多い。(東京自由乗車券などという)その場合は2日間有効が多い。
詳しいことは、JR等で調べてください。
都区内パスで自動改札機を使えないこともあった。
東京など都会なら当たり前の存在である自動改札機(最近は地方の街でもみるようになった。)
用は切符を入れるとゲートが開き、ゲートをぬけたところに切符が出ていて
とればいいだけだが、区間が足りなければ、ゲートが閉じたまま(もしくは閉じて)
出られない、そのときは近くの自動精算機で精算するが、
都区内パスも自動改札機を使えないことがあった。
改札口の脇に有人の改札機があるのでそこで都区内パスを見せて改札口を抜けた。ちょっと不便だった。

東京メトロ(地下鉄)乗り放題切符
1日券600円2日券980円で東京メトロ(地下鉄)乗り放題だ。
メトロは都区内の地下鉄の大半をしめているが、都営地下鉄など
メトロ以外もあり、それは対象外である。
都バス1日乗車券
1日券500円だった。(当日券ならバス車内で買えるらしい)
都バスも利用次第では便利である。
都電、都バス、都営地下鉄1日乗車券
1日券700円だったが、都営地下鉄がひっかかる。メトロはだめ?
一部をぬく、都営地下鉄の窓口で購入可能らしい。
東京フリー切符
1580円(子供790円)で都区内のJR東日本線、営団や都営地下鉄
都電や都営バスが乗り放題、値段は少々高い気がするが
これだけあれば、きめ細かい都内の交通移動が可能だろう。

東京フリー切符などの他にもいろんなフリー切符がありました。

(フリー切符は得か?)
一見安そうなフリー切符しかし、得かは難しい、というのは知ってのとおり東京は普通乗車券でも安いのだ。
例えば、JRは130円〜、地下鉄は1区間160円、都営バス1回200円だった。
それに、行く場所にもよるが
JRだけ、都営バスや地下鉄だけで東京をまわるのは非効率のような気がする。
かといって、全て有効の東京フリー切符は1580円と高い!
金銭的に得かは、プランをたててみて、普通乗車券と比べてもらいたい。
なお、一部のフリー切符は、博物館の入場券など各種割引になることもあるらしい。
旅行会社でも購入できるチケットもある。
こういったフリー切符でも旅行会社で扱っていることがあり。
場合によっては、割り引いたり、お得な条件がつくこともあるようだ。
インターネットなどで調べてみよう!
08年の情報による。


    通勤ラッシュ
平日の朝は通勤のラッシュにあうことが多い。
車内はすし詰め状態だ。しかし、私の経験からすると
東京に慣れない観光客がラッシュで苦労するのは車内より駅のようなのだ。
人の流れがすごくて流れに逆らうことができない。駅で迷ってうろうろなんかしてられない。
動き回るのだから疲れる。車内はすし詰めとはいえ、身動きとれないだけで逆をいえば寄りかかっているようなものだった。
大荷物でもない限り問題ないと思った。ただし、下車駅が近くなったら、扉付近に移ったほうがいい。
また、チカンやスリもあるときくので注意したい。
なお、休日の夕方にラッシュを経験したこともある。


ラッシュになれば駅も人がすごい

終電に注意したい。
だいたい駅に終電の時間が書いてある。
夜、仲間で飲み歩いていて気づいたら終電がいってしまったこともある
また、終電に間に合っても車内で寝過ごしてしまい、目的の駅に降りれなかった。(気づいたら終点)だったこともある。
東京旅行に限ったことではないが・・・

深夜バス
一部都営バスなどで深夜バスをだしているようだ。
東急バスなど渋谷から新横浜などへ行くバスを夜中の1時頃にだしていた。
新横浜まで2000円だった。列車より高いが、タクシーより安い。
他の会社でも、新宿から八王子や千葉方面行を1時前後にだしていた。
ただし平日運転であったり、予約不可で早い者勝ちであったりするらしい。

東京都内の交通機関
都内の交通機関についていくつかピックアップしてみました。

JR 私鉄での移動
まさに東京都内の「あし」安くて、便利で利用しやすい。
代表的な都内の交通機関だ。



地下鉄での移動
都内は地下鉄で張り巡らされている
地下鉄を使えばより便利に



路線バスでの移動
小回りの利く路線バス(都バス)、使えばより便利な交通機関
あちこちにバス停があるから、庶民的な雰囲気と車窓から風景を楽しむのもいい。
他にも無料バスや100円バスもあった。ちょっとした移動にもよかった。



観光バス
東京が不慣れでも、ゆったりと快適にまわれる観光バス
東京ガイドもつくのでより深い旅行になる。
スカイバスという2階建て(2階屋根なし)の皇居が銀座を
まわるのもあった。



水上バス
東京クルーズも
隅田川から東京湾まで水上バスがある。
違った視点からみる東京もおもしろい。



その他の交通
路面列車、モノレール
浜松町から羽田空港へ便利なモノレール
また、お台場へのゆりかもめ
東京ではまだ、懐かしい路面列車もみるのだ。
やっぱり便利なタクシー
自転車で移動するのもいいだろう。












トップに戻る
東京旅行の情報

07年(平成19年)6月にまとめました。
(注意) 自分の経験と調査に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので注意してください。