東京旅行より
お台場に訪れて
人気ある東京観光スポットの一つ「お台場」
海岸沿いにあるきれいな公園に魅力あるショッピングセンターで
食事や買物をしたりフジテレビや船の科学館を楽しんで
大江戸温泉物語でゆったりと入浴、あっという間に1日が過ぎてしまう。
特に目的がないおのぼりさん気分でお台場に訪れる場合の
楽しみかたについてまとめました。(^0^)

1.お台場へ行くには? 2.お台場の楽しみかた











トップ
東京旅行の情報

インターネットでお得な東京旅行方法を見つけよう!

格安東京旅行方法



お台場からの眺め
レインボーブリッジと東京の街




お台場の簡易地図
「ゆりかもめ」のお台場海浜公園〜青梅駅あたりがお台場スポット



1.お台場へ行くには?
「ゆりかもめ」で行くことをおすすめしたい!
私は山手線の「新橋駅」「汐留駅」から出ている。「ゆりかもめ」をおすすめしたい。
東京レインボーブリッジを渡り、お台場周辺をクルリとまわる線をとっている。
これといった目的がなければ「お台場海浜公園駅」か「台場駅」で降りればいい。
特に台場駅はフジテレビの前にあり賑やかだ。
また海浜公園から台場〜船の科学館やパレットタウンに東京テレポート駅
を結ぶ無料巡回バスが出ているので、
そこを拠点にお台場観光を楽しめる。


お台場へ行くのにおすすめ「ゆりかもめ」

「ゆりかもめ」自体も楽しい
無人で走る「ゆりかもめ」は前がパノラマ、それに高架橋を走るので
眺めもいい。特にレインボーブリッジを渡るときに
見られる東京湾や東京のビル群、そしてきれいな海浜公園はみものである。
休日ともなればパノラマの世界を楽しむ旅行者も多い。


パノラマを楽しむ人々

お台場が見えてきた!

水上バス
以前浅草方面から水上バスでお台場へ行ったことがある。
浅草で乗船し日の出桟橋を経由してお台場海浜公園へ向かうのだ。
浅草から日の出桟橋まで所要時間約40分で運賃760円だった。
昼間で30〜60分に1本位の割合で出ていた。
日の出桟橋からお台場海浜公園までは460円で20分ほどで到着
昼間で20〜60分に1本位だったかな?
他にも何本かのルートがあった。
隅田川クルーズと東京湾の魅力を楽しめる。
電車と比べると割高だが東京のビル群を川や海から眺めるのは楽しいし
観光案内もしてくれた。私が利用したときは
気兼ねなくビールを楽しむこともできた。


船で行くお台場もよかった!

りんかい線
新木場駅や大崎駅から出ている。
特に新木場の場合、地下鉄有楽町線がでているため
東京テレポート駅から新木場へ向かい、ここから地下鉄移動をしたことがある。

はとバス
東京観光の強いみかた!?
公共交通機関が発達している東京、個人旅行でも十分楽しめるが
人も多いしゴチャゴチャして分かりにくい。
不慣れだと道に迷ったり 乗り間違えたりすることもあるし
駅構内だけにしてもかなり歩くので、結構疲労がたまるのだ。
そのとき便利なのが観光バスの日帰りツアー
東京の人気観光スポットだけにお台場に訪れるツアーも数多い。

例えば
ちょっとお台場の風景を眺めるコースやお台場を散策するコース
夜景を楽しむコースなどさまざま
インターネットでもいろいろ紹介されています。


お台場では「はとバス」もよく見かけた


2.お台場の楽しみかた!
目的があってお台場に訪れるならそこへ行けばいいが
特に目的がなく「お台場」というところへ行ってみたい場合
個人的におすすめの楽しみかたを紹介します!


おのぼりさん気分でも半日位かかった。

私は特に目的もなくブラリとお台場に訪れてみたが
周辺を歩いてみたりショッピングセンターなど立ち寄っているうちに
半日は軽く過ぎてしまった。できれば1日ほしいと思った。
1時間とか2時間というように時間が限られているならば
訪れる場所も一つなど絞った方がいい。

ちなみに私はこのようにまわった。
汐留駅から「ゆりかもめ」でお台場海浜公園へ行く。

駅近くにあるショッピングセンターDECSへ
軽い気持ちで入っただけだが結構はまる。

歩いて台場(フジテレビ)へ 無料巡回バスもあった。
フジテレビから東京湾の展望 スタジオも覗けた。
昼食

船の科学館前を通り
ビーナスフォートへ
途中無料巡回バスを利用する。

東京テレポート駅から無料シャトルバスで大江戸温泉物語へ

東京テレポート駅に戻り りんかい線で新木場駅に戻る。


特に下調べもなく訪れたが思った以上にみどころ沢山!
半日以上かかった
もっとゆっくりしたかった。


ショッピングセンターだけでも魅力がいっぱいあるのだ!
(ビーナスフォートより)


お台場まわりのあし
無料巡回バスでお台場をまわる
お台場の観光エリアといえば
フジテレビにお台場海浜公園、ビーナスフォートにパレットタウンそして
船の科学館に大江戸温泉物語など頑張れば徒歩でもまわれるが疲れるし
時間のロス、そのとき便利なのが無料巡回バス
昼間 15分に1回位の割合で出ていて
フジテレビや船の科学館 日本科学未来館にパレットタウンや東京テレポート駅などを
まわった。お台場観光の強い見方だ。
また、大江戸温泉物語へは
東京テレポート駅から出ていた。
ちなみに有料の路線バスもあるので間違えないように!
確かバス停に「無料」と書いてあった。


便利な無料巡回バス

無料巡回バスのバス停

「ゆりかもめ」でまわる
お台場をくるりとまわる「ゆりかもめ」1日乗車券が800円で売られていた。
距離によるが1回あたり3百数十円と思えば3回の乗車でもとがとれる。
他にも「りんかい線」1日乗車券もあった。確か700円だった。

お台場の観光やショッピング
数あるお台場のみどころやショッピングエリアの中で
私が実際に訪れたところや興味を持ったところをいくつか紹介します。
お台場そのものが一つのテーマパークに楽しめました!

DECKS

DECSはお台場海浜公園下車すぐのところにあった。

汐留駅から「ゆりかもめ」でお台場海浜公園で下車する。
お台場海浜公園近くでみたのがDECSといういわゆるショッピングセンターだ。
昭和時代にタイムスリップ!台場1丁目へ行きました!
レストランにショップにいろいろあるが
その中で私が訪れたのが昭和時代にタイムスリップしたような空間
台場1丁目 昭和のレトロな町並みを再現
オート三輪や昔の自転車があり
そこにレトロな食堂や駄菓子屋 雑貨にスマートボールなどの昔懐かしのゲームセンターなど
値段もそれほど高くはない思わず何でも買ってしまいたくなる!


昭和時代にタイムスリップ!

フジテレビ
台場駅に降りてすぐ
テレビに興味がなくてもはまってしまった!

特に目的がなくお台場に訪れたとき、私ならフジテレビに訪れるだろう。
お台場でも賑やかな場所に位置するし。
展望や屋上庭園、ショップにきっかけストリート
結構楽しめたのだ。
フジテレビだけでも最低1時間の見学時間がほしいと思った。
休館日に注意
確か月曜日休館と言っていた。
しかし、祝日の場合はその翌日、休日シーズンなど休館にならないとか
営業時間10:00〜18:00(30分前まで入館可能)
変更や実際と異なることもありうるので各自確認してください。



お台場の代表的な観光スポット?
フジテレビ


フジテレビ前の賑わい
私が訪れたのが休日ということもあり、イベントや屋台でにぎわっていた。
また、フジテレビの1階にもコンビニやちょっとしたレストランがあった。
他にもサザエさんグッツの店もあり!


フジテレビ前も賑やかだ。

球体展望室「はちたま」
高さは約100m

フジテレビの特徴である上の球体、展望室「はちたま」
高さは約100mあるとのこと。
ここから眺める眺めはすばらしく
東京湾に東京のビル群をみることができた。
ただ、展望台入場料500円(小中学生300円、他団体割引等あり)払うことになる。


球体展望台にて

おすすめきっかけストリート
人気があったのがきっかけストリート
撮影で使われた衣装や小道具などが展示されているし
記念撮影ポイントなどもあり
さらに、スタジオを覗き見ることができることができた。
(スタジオは撮影禁止)
他にもサザエさんの系統図や
サザエさんの町など興味深く見てしまう。


きっかけストリートに夢中

船の科学館
船の科学館駅あり降りてすぐ

フジテレビがある台場から南へ向かったところにある。
周辺は比較的静かだ。
入館料は700円で18歳以下は400円
団体割引等あり
開館時間は10:00〜17:00
夏期10:00〜18:00
休館日は月曜日だが、その日が祝日なら翌日 夏休みなどのシーズンは休館しないとのこと
実際と異なったり変更する場合があるので各自確認してください。
船についての紹介 宗谷や羊蹄丸は魅力的
私が船の科学館に訪れたのはかなり前のことなので
記憶はうすい。しかし今でもよかったと思っているのが
青函連絡船に羊蹄丸と南極観測船「宗谷」

羊蹄丸の船内で興味を持ったのが昭和30年代の青森の様子を再現されていたエリア
今となっては簡単に行ける北海道だが当時は遠く感じられた。
それゆえに北国という独特の空気を感じられたのだ。

次に宗谷
昭和13年に造られた船で大きな船とは思えないが
操舵室や観測隊員の居住室に医療質などの設備が整っており
船内の生活ぶりを思わせてくれたのだ。

時間があったらまた行ってみたいものだ。


船の科学館に展示されている南極観測船「宗谷」


ビーナスフォート(パレットタウン)
青梅駅や東京テレポートに近い

場所は青梅や東京テレポート近く、お台場海浜公園から歩いても行けるし
無料巡回バスも出ているので便利だ。
ちなみにビーナスフォートとはパレットタウンという施設の中にある。
大観覧車が目印だ。
中はまるでヨーロッパ 中世ヨーロッパをモチーフにしているとか?

ビーナスフォートの中には多くのテナントやレストラン、カフェなどが集まっている。
とにかくすばらしいのは中の雰囲気
まわりはクラシックな建物をモチーフにして
天井は空のようだ。それにエリアによって青空になったり夕暮れになったりする。
美しい噴水などもあり、ついつい見入ってしまった。
パレットタウン全体でみると巨大なゲームセンターに大観覧車などがあり
一つのテーマパークみたいだ。


中世のヨーロッパのような雰囲気だ!

大江戸温泉物語
テレコムセンター駅下車すぐ

「ゆりかもめ」
のテレコムセンター駅下車すぐのところにある。
無料シャトルバス
また、無料巡回バスは通らないが、東京テレポート駅から
無料シャトルバスが出ていた。
他にも
東京駅(八重洲口)や品川駅からも出ているとのこと
調べてください。
湯につかってゆっくりしたり遊んだり
まずは大きなお風呂を楽しめる。
それに地下1400mから湧くお湯を利用する温泉だから驚き!
そして
食事処酒処はもちろん、駄菓子屋なんかあったり
手裏剣投げなど楽しめるのもいい!
夜を明かすこともできる
11:00〜翌朝9:00までの営業だから
夜も明かせる、リクライニングシートもあり。

料金は
大人で2900円
18:00以降はナイターで2000円 2:00以降は深夜割増で+1700円
18:00以降で夜を明かして3700円
東京の街中にあるサウナ(男性専用が多い)が2500円程度と思えば高いかもしれないが
充実した設備を思えば大江戸温泉物語はいいと思った。
(09年12月)


大江戸温泉物語入口

時間がなくてまわりきれなかったけど
他にも多くの観光スポットやショッピングスポットがあります!









トップに戻る
東京旅行の情報



(注意)
09年12月に訪れての調査と経験によります。
状況の変化や実際と異なることもあります。
あくまでも参考程度に自己責任の元での調査をお願いします。