東京旅行
路線バスでの移動

都心の路線バスは複雑なので拒む人もいるでしょう。
しかし、都心を網の目のように走り、23区内では乗車料金は
200円で一律、そして人や街が手にとるように眺めることができた。
乗りなれれば、便利な乗り物だ!
他にも無料バスや100円バスもあった!




使いこなせば
路線バスは便利だ


トップに戻る
東京旅行と旅行情報


格安東京旅行方法
格安で快適に東京へ行く方法を紹介します。








路線マップ
便利な「みんくるガイド」

バス停に行っても、そこを通るバスの路線しか書かれていない。
鉄道のように都内全体の路線図がないので不便だ。
そのとき便利なのが都バス路線マップの「みんくるガイド」
都営バスの営業所や支所で無料でもらえる。
また、郵送でも申し込みが可能なようだ。(切手を貼った返信用の封筒が必要)

バスの乗り方
前から乗り料金先払い
地方だと後ろから乗って整理券をとり、料金表をみて後払いだが、
東京「都バス」は前から乗車して先に料金箱に200円(小児100円)を入れる。
都内23区では一律200円(小児100円)だった。

最初は分からなくて、後ろから乗ろうとしたり、最初に料金を払わなくて
運転手に注意されたことがあったが、
慣れれば、地方の路線バスよりも便利だ。

通りがてらバス停をちょっと覗いてみよう!
みんくるガイドのようなバスマップがあればよいが
ない場合、都バスのバス停を通るときちょっと覗いてみると、
意外と便利な路線があったりする。
例えば池袋から浅草へ行きたい場合、JRと地下鉄に乗り継いで行こうとしたら
ちょうど池袋東口から浅草行のバスがでており。その方が安くて楽だった。
ただし地下鉄料金は1区間160円だったり、鉄道でも200円未満でもそこそこの
移動ができる。


1日500円(小250円)で都バス乗り放題だった。
都バス1日乗車券

当日券なら車内でも買えるとか、3回乗れば得というに?


深夜バスなど
本数は少ないが深夜バスというのがある。料金は400円だった。

以上平成19年6月の情報です


都バスについて詳しくは

東京都交通局



100円バスや無料バス
都心のも結構100円バスが出ている。
例えば
渋谷区コミュニティーバス「ハチ公バス」
渋谷から恵比寿や代官山へ行くのに便利だ!
台東区循環バス「めぐりん号」

北めぐりん 南めぐりん 東西めぐりんの3路線に分かれている。
上野駅から浅草へ行ける。例えば
東西めぐりん号で京成上野駅(18)や上野公園(19)から浅草駅(26)から雷門前(27)まで

100円バスについて
調べると区が運営する100円バスは観光客のためというより、区民のためのバスという
意味合いが強いことが多いようだ。(区が運営するからあたり前か)


めぐりん号


無料バス
地元企業の協賛により無料なのだ!
ベイシャトル
お台場をめぐる
丸の内シャトル
丸の内周辺を走る
メトロリンク日本橋
東京駅八重洲口から日本橋方面へ


(H19年6月の情報です。)











都内の交通に戻る
都内の交通



トップに戻る
東京旅行と旅行情報


07年(平成19年)6月にまとめました!
(注意) 自分の経験と調査に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので注意してください。


トップ(くらの旅行記)は こちら