東京旅行 両国を歩いて
両国駅に降りるとすぐに国技館や江戸東京博物館が
目に入った。また旧安田庭園も歩いてみました。
相撲の街だけに力士の姿をみることもあった。

旅行記(07年)


旧安田庭園
(両国)


トップに戻る
東京旅行の情報


いろいろ調べてお得に東京へ行こう!
格安東京旅行方法





両国といえば、「相撲の町」と思うのでは?
街中には国技館をはじめちゃんこ鍋の店や相撲部屋がある。

JR両国駅に着いて
新宿から総武線でJR両国に着く。駅舎がなにかシックに感じる。
改札口をでたところに、力士の大きな写真?が掲げられている。
外には、ちゃんこ鍋の店などもある。そして、目の前にある両国国技館
が相撲の町を象徴づける。ちなみにこのあたりは「横綱町」という。
「よこづなちょう」だと思ったら、パンフレットに「よこあみちょう」と書いてあった。


JR両国駅にて
(東京旅行)


江戸東京博物館
国技館方面にでて左に曲がり少し行くと、江戸東京博物館だ。
今日は月曜日で休館だったが、江戸東京博物館には2回ほど行ったことがある。
江戸時代のはじめから、現在に至るまでの歴史館で建物も大きく中は広い。
まともに見ると半日以上はかかるだろう。
でもみごたえはあった。
東京旅行で行く価値もあると思う。

両国国技館と相撲博物館
次に両国国技館へ行く。場所中でもない平日だったので、人はまばらだった。
ただ、国技館の敷地内に入れて、国技館に向かって右手に相撲博物館
があった。東京場所中以外の平日なら入場無料で誰でも入れるらしい。
一室だけの小さな博物館で15分もあれば十分だろう。
しかし、中身は充実しており、歴代の横綱の肖像画や写真が展示されていたり。
江戸時代に活躍した、力士の身長と江戸時代の平均慎重が壁に書かれていたり
他にも錦絵などが展示されており、興味を注ぐ。
力士を見ようと人だかり!?
かなり前になるので今は分からない。
両国での場所中だと多くの力士が見られるので多くの人だかりだった。
力士を見ようとついつい足をとめてしまうのである。
有名な力士を間近でみるとちょっと感動するのだ。


旧安田庭園
両国国技館から浅草方面に歩いてすぐのところに、「旧安田庭園」というのがある。
ちょうど昔のお屋敷のような門をくぐるときれいな日本庭園がある。
元禄時代に造られた、隅田川の水をひいた汐入回遊式庭園だ。
平日ということもあるせいか、人はいなかった。
街中での緑、ちょっとした散歩でもよかった。

隅田川沿いを歩いて浅草へ
両国から隅田川沿いを歩いて浅草へ向かう。
そういえば、国技館の前に水上バスの両国発着所があった。
浅草からお台場方面へ水上バスがはしるのだ。
昔、乗ったことがある。なかなかよかった。
そこから、浅草の吾妻橋まで2km弱程度だ。
周りはビルばかりでまさに都会の川といった感じだ。
しかし
川沿いの道は気持ちがいいものだ。


隅田川沿いの道を歩いて
(東京旅行)






トップに戻る
東京旅行の情報


07年(平成19年)6月にまとめました!
(注意) 自分の経験と調査に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので注意してください。


トップ(くらの旅行記)は こちら