アメリカ旅行
ストップオーバーで韓国なども立ち寄りたい
特に個人でいく場合など、安い航空会社で第3国を
経由して行くという方法がある。日数に余裕があれば
ついでにその国に訪れる方法もある。


空港にて


アメリカ旅行と旅行情報


ストップオーバーとは?
例えば、日本からヨーロッパへ行く場合、もちろん直行便もあり時間的には
便利であるが、値段が高い。そこでアジア系こ航空会社で第3国を経由して
ヨーロッパへ向かうという方法がある。
例えば、台北経由のエバー航空や中華航空
ソウル経由の大韓航空、上海経由の中国東方航空
バンコク経由の大国際航空、他にもマレーシア航空にシンガーポール航空など
その数は多い。ソウルや台北の旅行で、ゲストハウスに泊まると
ストップオアーバーで立ち寄ったという人に何度か会ったし、
自分自身もタイ旅行の帰りに台北で1泊したことがある。
アメリカ旅行でのストップオーバー
日本とアメリカ本国の間は広い太平洋だけに、あまりアメリカのストップオーバー
は聞かず、どちらかというと、アメリカ系の航空会社が出す、周遊チケットで
ニューヨーク、ロサンゼルスやラスベガスというように本国内を飛び回る
ことが多いようだ。ちなみにアメリカ本国の周遊旅行は多くの旅行会社でも
フリープラン(ツアー)などで企画している。
しかし、調べると台北やソウルを経由してアメリカ本国を旅行するコースも
ないこともないようだ。ついでとはいえ第3国を訪れるわけだから、
得した気もする。旅行会社でも紹介してくれることが多いので
調べてみよう!
ストップオーバーの場合追加料金がかかることもある。
航空会社やチケットによるが、例えば格安航空券だとストップオーバーに
1万円とか追加料金がかかることがある。
私の経験からだと、航空会社の接続の都合とか24時間以内の滞在なら追加料金
がかからないというのもあった、旅行会社に聞いてみよう。
飛行機に預ける荷物は降ろせない。
経験や口コミから、飛行機に預けた荷物は目的地(アメリカや日本)に着くまで
降ろせない、着替えなどストップオーバー先の滞在中の荷物は
機内に持ち込みたい。
ついでに立ち寄る国でもちょっとは下調べをしたい。
私もストップオーバーで一つの国についでがてらに立ち寄ることはあるが、
全くその国の情報がないのは不安なものだし、訪れてもあまり面白くない。
空港から滞在先のあしやその国の通貨や観光地に立ち寄るなら
そこの情報位は調べておきたい。
特に、交通機関の確保は飛行機に乗り遅れないためにも注意したいものだ。


04年の経験を07年11月にまとめました。
(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
実際と異なる場合や
状況が変化している場合もありますので注意してください。



アメリカ旅行Q&Aへ