韓国旅行記(金浦空港から済州島へ)




 

1.金浦空港にて

(1)コンビニを覗く

済州島便チェックイン

中部国際空港から金浦空港に到着
14:00には国内線ターミナルに移動
予約番号を入力し自動チェックインを済ませる。
済州島へ行く便は15:35
時間がある。

T-moneyカードを購入

コンビニでT-moneyカードを購入
Suicaみたいなもので
保証金2,500ウオン+チャージで支払う電子マネー
ソウルの他、仁川、済州、釜山など
幅広い都市で利用可能
保証金500ウオンかかるが
1回100ウオンほど安くなるので
5回以上乗れば元がとれる。
詳しくは街中の交通機関利用方法を見てください。


便利なT-moneyカード

商品の金額をチェック

1時間以上も時間があるので
空港内のコンビニの商品値段チェックをしてみた。

菓子パン
1,000ウオンほど

かっぱエビせん90g
1,100ウオン

ビール355㏄
1,700~2,150ウオン

牛乳200㏄
900ウオン

ウェットティッシュ
700ウオン

ペン
1,000ウオン~

トラベル用
シャンプー&リンス
2,800ウオン

など

ビールが安い位で物価は日本と
あまり変わらなかった

(2)軽い軽食

パンとコーヒー

軽い昼食を兼ねて
喫茶店でパンとコーヒーを注文
ゆっくりとできたが
7,000ウオンもした。


パンとコーヒーの昼食

2.飛行機に乗る

(1)機内の様子

ビジネスクラスを利用

搭乗の時間になる。
15:10には搭乗
大韓航空のビジネスクラスを利用した。
航空料金は74,800ウオンだった。
マイレージがあったので
ビジネスクラスにしたのだ。
ちなみに
運賃に変動はあるものの
済州航空は28,300ウオンという安さ。

エコノミークラスでもゆったり

値段が高いだけにエコノミークラスでも
シートはゆったり、全席モニター付
飛行機の入口には新聞の無料サービスがある。
ビジネスクラスにおいては
ほぼフラットシート
ビジネスクラスの乗客は8人しかいなかった。
まあ
わずか1時間のフライト
マイレージでもなければ
済州航空にしたと思うが・・・


エコノミークラス


エコノミーでもシートにゆとりを感じた


ビジネスクラス


シートはほぼフラット

(2)出発

15:45 離陸

15:34飛行機は動き出し15:45離陸
飛行中はほとんど雲の上であった。


ほとんど雲の上だった

ドリンクのサービス

しばらくしてから
ドリンクのサービス
国内線なので機内食はない。
コーヒーを注文
しばらくして寝る。
シートがゆったりだから
よく眠れた。


ドリンクサービス

(3)済州空港に到着

あっという間に到着

「あれよ」という間に済州空港に近づく
窓からは済州市の街が見える。
多くのビルが建ち
思ったよりも大きな街であった。

16:38着陸

16:38済州空港に着陸
16:49に飛行機を降りる。
国内線なので手続きはあっという間
預けた荷物もすぐに取れた。
そのままバス停へ
予約したホテルがある旧済州へと向かう。
そうそう
空港のバス停は日本語案内があって
分かりやすかった。

済州空港について
詳しくは

済州国際空港

 




 

詳しくは
格安韓国旅行方法

 

韓国旅行に戻る