信州旅行(ジンギス街道、国道19号線で松本から長野へ 約1時間半)

信州旅行

格安信州旅行旅行

 




 


国道19号線(松本~長野)

 

1.松本から長野まで国道19号線を走る

信州らしい風景

風情ある風景

松本~長野を結ぶ国道19号線
犀川(さいがわ)という川沿いの道
山の谷間を走るのだ。


天気がよければこんな風景が見られることも
(信州新町)

30分位しか変わらなかった

松本市街地から善光寺へ向かう場合
松本ICから長野ICまで高速道路
を通る方法があるが、長野ICから善光寺まで
結構距離がある上に渋滞に巻き込まれることがある。
国道19号線(安曇野IC~長野市街地入口)は渋滞は
少なく結果10~30分位しか変わらなかった。

松本IC、安曇野ICから

夜中や早朝を除くと
松本市街地は渋滞している。
安曇野IC(又は松本IC)から
19号線で長野市へ向かった方がいい。
地元の人は裏道を通ることが多い。

木戸橋から雰囲気が変わる

JR明科駅前を過ぎると
右折する。
右折するとすぐに木戸橋
という橋を渡る
ここから山間の道を進むのだ。


明科を出た所を左折する


木戸橋を渡る


木戸橋を渡ったところにセブンイレブン確認
ここから信州新町までコンビニは確認されなかった。

道の駅「大岡」

信州新町手前の道の駅
「そば」手打ちでが美味しい
ただ、ちょっと物足りなかった。
かけそば550円+おにぎり100円
を食べた。
岩魚塩焼定食(900円)もあった。
ちなみに
ざるそば600円だった。


こんな雰囲気が多い


道の駅 大岡

信州新町

途中 信州新町を通る
天気がよければ
ここから眺める
里山と北アルプスの山々は感動的だった。
なお
信州新町の名物はジンギスカン
多くのジンギスカンの店がある。


信州新町を走る
(スーパー、コンビニ等あり)

道の駅「信州新町」

信州新町を過ぎたところ
「ざるそば」「かけそば」共に500円と
安あがり、手打ちで美味しかった。
ただ、「そば」だけでは物足りないかも?
ここにはジンギスカン一皿600円であり
気軽に食べられた。


道の駅 信州新町

長野市街地に入る

途中 善光寺方面の標識があるので
左折する。
ここからドンドンと街に入っていく。


左折して善光寺方面へ


新幹線と並行

長野市街地はすぐだ。

スピードの出しすぎ注意

法定速度は50㎞
道は比較的よく飛ばせようだが
取り締まりも多い。
何よりも
事故を起こさないようにしたい。

追越禁止

ほとんど追越禁止である。
まれに時速40㎞位で走る車もあるが
追い越さないように注意しよう。
取り締まりも多いし
事故の危険がある。
逆に
ゆっくり走るなら
道を譲ろう。

2.19号線沿いの入浴施設 ジンギスカン店

(1)入浴施設

松本~信州新町の間にあった

松本から信州新町の間に
3件ほどの入浴設備がある

やまなみ荘

トンネルをくぐる途中 左手に曲がると
生坂村役場方面へと向かう
そこにあるのだ「やまなみ荘」
村営の宿泊設備で日帰り入浴もできる。
入浴料400円でちょっとした
休憩室や売店もあった。
このあたりではリーズナブルであった。

ふれあいセンターさざなみ

道の駅大岡の手前
大きな看板がある。
入浴料500円
貴重品ロッカーがあるが
別に100円かかる。
熱々のサウナがあり
いい汗をかいた。
食堂もあるが
ジンギスカンなど見かけなかった。
宿泊(素泊まり)もあり
相部屋なら2,370円と安い。
ただし入浴料は別だった。

不動温泉さぎり荘

道の駅「大岡」を過ぎて
左折犀川を渡った所にある。
宿泊設備、ジンギスカンの食堂もある。
入浴料510円であった。


道中 風呂でゆったりするのもいい

(2)ジンギスカン店

沢山の店があるが

信州新町とその周辺には
多くのジンギスカンの店がある。
鉄板でジュージュー焼くところもあれば
ドライブインや道の駅信州新町みたいに
出来上がったものが出る所まで
様々
自分がピックアップした3店を紹介します。
ちなみに
定食なら1,000円弱
焼肉なら1,100~2,000円程度
といった所か?

むさしや

道の駅信州新町近く
長野市あたりでは
「ジンギスカン=むさしや」
という位定番だ。
連休の昼時や夕食時ともなれば
行列ができるほど
店もきれいだ。
最もオーソドックスなのだろう。


むさしや(人気あるジンギスカン店)

さぎり荘

入浴設備があるので
お風呂と一緒の場合によかった。
宿泊設備もあり
ジンギスカンプランを選択
できることもある。


さぎり荘(入浴 宿泊設備もある)

ひはら

道の駅大岡を出てちょっと進むと
犀川を渡る大きな橋がある。
そこを過ぎて左手にある店
ちなみに
ジンギスカン定食
自分で鉄板を使い
ジュージュー焼いて
1,050円!
何より一人でも
入りやすかったのがよかった。
一人で焼くのは
抵抗を感じるのだ。
地元風の人も多い気がした。


ひはら(一人でも入りやすかった)

3.ジンギスカンについて

(1)どこで食べられる?

長野県では身近

まずセーユやイオンなどスーパーへ行けば
当たり前のようにジンギスカンは売られていた。
値段に開きはあるが
確か270gで450円とか
2パック800円などで売られていることもあった。
信州新町以外でも
定食屋でもジンギスカンを出すところもあり
街中の居酒屋でもジンギスカンがでることがあった。
ただ、食堂や居酒屋は「どこでも」というわけではない。
特に全国チェーン店では出ないことがあった。

(2)美味しいの?

好き嫌いがある

地元でも好き嫌いはある。
少々臭みがあるのだ。
ちなみにスーパーで売られているものは
味付けが付いていることが多い。
タレは必要ないのだ。
食堂の場合味付け付もあるが
生肉を出されて自分で焼くこともあった。

 




 

信州旅行

格安信州旅行旅行