台湾旅行方法(航空会社の選びかた)




 

台湾旅行

 

1.LCCが絶対安い!

日本~台湾のフライトは多い

多くの格安航空会社が参入

日本~台湾を結ぶLCC(格安航空会社)
ジェットスター、バニラエアー、ピーチエアライン
タイガーエアー、スクートなど
とにかく多種多様である。
やはりLCCは安く
例えば
日本航空や全日空 チャイナエアラインは
往復2~3万円に対し
LCCは1~2万円程度でチケットを売り出すことから
やっぱりLCCの方が安いのだ。
自分自身
最近はLCC利用が主流となっている。


人気のLCC(ピーチエアライン)

LCCの注意点

何故 安いのか

何故 安いのか?
理由を示すと

機内食はない!

国際線なら「必ず」と言っていいほど着く
機内食 LCCは付かない もしくは有料だ。
ドリンクサービスも全て有料で
コーヒーなどインスタントで200円位することも

シートピッチが狭い

シートとシートの幅が狭い。
実際に座ると膝がくっついてしまうほどの狭さだった。

対応するスタッフが少ない

旅慣れない旅行者なら不安になるだろう。
JALやANAのカウンターは沢山あるが
ジェットスターやバニラエアーのカウンターは
LCC専用の別ターミナルに設定してあったり
カウンターがなく、出発2時間前になってから
カウンターだ設定されたりする。
しかし
事前にインターネットでLCC専用カウンターの場所
をチェックしておけば問題ないはず

沖止めである

レガシーキャリアはターミナルビルから直接搭乗できるが
LCCはターミナルからバスに乗って飛行機の近くまで行って搭乗する。
しかし
10分ほど余計に時間がかかる位でそんなに問題はないはず

以上はそんなに問題ないはず
機内食がなかろうが
シートピッチが狭かろうが
それで
1万円以上安くなるなら大した問題ではない。


ピッチは狭い

遅延率の高さとその後の対処の悪さ

連鎖的な遅れ

従来型の航空会社「レガシーキャリア」
と比べ「遅延率の高い」と言われている。
例えば
LCCは安いがゆえに保有機材が少なく
その分 遅延率も高くなる傾向がある。
例えば
新千歳→成田→桃園(台湾)
のフライトがあったとする。
新千歳→成田の天候が悪く
遅延したら、成田→桃園の
フライトも遅れるのだ。
最近は追加料金で
遅延保険に入れるLCCもある。

欠航時の対処

LCCによって違いはあるが
自社都合で欠航した場合
レガシーキャリアは他社便への振替や
ホテルの提供を行うが
LCCの多くはそういった対策はせず
自社便の振替か払戻のみとなることが多い。
簡単にいえば
レガシーキャリアほどの保障は期待できないのだ。

2.レガシーキャリアの魅力

レガシーキャリアの方がいいことも

保障がしっかりしている

欠航や遅延時には
他社便への振替
ホテルや食事の提供など
LCCと比べ保障は
しっかりしていることが多い。
安心感があるのだ。


高くても安心感ある日本航空

地方からの乗継

JALやANAは日本国内便も多いので
地方から出発するときは便利なことがある。

例えば
北海道の女満別空港から台北(桃園)
へ行く場合
日本航空(JAL)や全日空(ANA)
の国際便予約サイトで

出発地 女満別
到着地 台北

で検索

女満別→羽田空港
成田空港→台北
の便が表示され
片道28,000円
往復56,000円
という金額が示されることがある。
LCCを利用すれば
成田~台北は往復28,000円位だが
女満別~東京までの費用や手間を
考えると高いとは思えない。

ツアー(フリープラン)の場合

JALやANA利用の場合
地方空港からの乗継割引
を設定していることがある。

例えば
富山~羽田 片道1万円などだ。

予約時に旅行会社に確認しよう。

他社同士の乗継はリスク大

例えば
函館~成田をLCC
成田~台北をレガシーキャリア
にした場合
函館~成田が遅延して
台北便に乗り遅れても
保障対象外となる。


地方空港利用ならレガシーキャリアの方が安いこともある

エバー航空

航空券の検索で安い順で調べると
最初にLCCが表示されるが
台湾のレガシーキャリア
エバー航空もLCC並みの安さで
利用できることがあった。

 




 

台湾旅行

 

格安台湾旅行方法