台湾旅行(忘れがちな持ち物)




 

台湾旅行

 

格安台湾旅行方法

 

忘れがちな持ち物

(1)筆記用具

海外では国内以上に筆記用具を使うことも

機内で入国カードや関税の申告書を記入したり
買物や食事で筆談したりと
国内以上に筆記用具を使うことが多い
自分はボールペン2~3本とメモ帳を持っていく。
ちなみに
筆記用具は台湾のコンビニでも簡単に買えるが
日本のペンの方が使いやすいし値段もそんなに変わらない。


機内で入国カードを記入する

(2)緊急連絡先

困ったときに安心

海外旅行保険の現地連絡先
航空会社、旅行会社の現地デスク
宿泊先のホテル
紛失時クレジットカード会社
など
緊急時連絡先をメモしておこう。
困ったときに安心だ。
ただし
カード番号や個人情報のメモはしない。

簡単な行程表もほしい

個人旅行はもとより
現地自由行動のフリープランでも
簡単な行程表は作りたい。
旅行中 曜日感覚が麻痺してしまうのだ。
レストランの予約をしたのに
「日にちを間違えた!」
なんてこともある。


台北の街を歩く

(3)ウェットティッシュ

現地でも手に入るが

夜市などの屋台で食事をしたり
果物を買って食べたり・・・
B級グルメは台湾旅行楽しみの一つ
その時 ウェットテッィシュがあれば便利
現地のコンビニでも手に入るが
匂いが強いことがあった。


夜市で食事(ウェットティッシュがあれば便利)

(4)予備のカメラ

現地で紛失 破損したら悲惨!

カメラを持っても1台だけという人がほとんど
旅行中 カメラを壊したり紛失することもある
予備のカメラを準備しておきたい。

(5)電卓

両替時に便利

街中の両替所で日本円から台湾元に両替
レートがどれくらいかチェックするのに便利だ。
買物や食事時の計算にも便利

(6)腕時計

旅行中は必需品になることも

普段はスマホや携帯で時間を確認するので
腕時計をしない人も多いだろう。
海外でもスマホで時間チェックすることができるが
旅行中は普段以上に時間が気になるもの
腕時計があれば便利だ。


鉄道利用時など時計があれば便利

(7)水着

温泉に入るなら

台湾といえば温泉でも有名だ。
せっかくだから
温泉ホテルの大浴場や
公衆浴場でも入ろう
と思いきや
まるでプールみたいに
水着を着て入るところも多いのだ。


実は温泉なのだ(宝来温泉)

 

その他
持ち物については

旅の持ち物