ゲストハウスやエコノミーホテルで宿泊費を切り詰める




 

台湾旅行

 

格安台湾旅行方法

 

1.ゲストハウスに泊まる

(1)1泊千円程度もある

アパートの一角のような雰囲気

台北をはじめ台湾各地でも見られる
ゲストハウス、宿の予約サイトで
安い順に検索すると
紹介されることが多い。
ゲストハウスと言ってもいろいろあるが
都市部で見かけるのが
アパートの一角を宿にしている所だ。
「ホテル」というより
民家に泊まるイメージだ
ゲストハウス」≒「民泊」
であろう。


台北駅近く
こんな感じの所で見かけた。

設備

共同キッチン
共有スペース(ダイニング)
共同シャワー(バスタブ付はほとんどない)にトイレ
あとは 小さなフロント
旅行に便利なパンフレットなどがある。
エアコン完備されていることが多いが
寝室と共有スペースのみで
廊下など暑い(寒い)ことが多い。


共有スペース

相部屋/個室

2段ベッドのドミトリー(相部屋)が多い。
男女別が多く
安い所なら1泊千円ほどだ。
最近は個室もあり
1泊1室(2人部屋)で3千円など


1泊千円は魅力的な安さ

好き嫌いはある

ちなみに
年齢層は20代30代が多い
メリットは
一人旅でも気軽に泊まれる
男女別相部屋なので
一人旅の女性も多い。
知り合った人と
和気あいあいと話が弾むことも
デメリットは
プライバシーは保てず
イビキがうるさい人と一緒になったら悲惨
民家に泊まるようなものなので
神経質な人には向かない。

(2)最近は「快適さ」を求めることも

ボロ宿とは限らない

以前は
「ゲストハウス」=「安宿」
というイメージが強かったが
最近は部屋は綺麗で広々
快適なゲストハウスもあるのだ。
そうなると
宿泊費も上がるが1泊2千円とか3千円ほど
ビジネスクラスと比べ安めだ。


最近はお洒落なゲストハウスも多い(沖縄にて)

2.エコノミーホテル

(1)質素だが交通の便がよいことも

1泊3千円台もあり

ゲストハウスは安いものの
一般の民家のような雰囲気に
抵抗を感じる人も多いだろう。
プライバシーを保ち
ゆったりしたいならホテルがいい。
エコノミーホテルなら
1泊3千円台もあり
ツインルームなら
5千円など
1人なら2千5百円程度だ。

ホテルの設備

エコノミーホテルだと
入口に小さなフロントとロビーがある位
あとは廊下と部屋だ。
室内も狭く
部屋の大半がベッドを占めるような所があるが
エアコン完備でベッドはゆったり
清潔であることが多い。


入口はこんな雰囲気


エコノミーでもゆったりしてた

「ホテルは泊まるだけ」という人向け

高級ホテルはロビー、ラウンジ
レストラン、バーなど
設備が充実
部屋も広々しており
ホテル内だけで楽しめるメリットがあるが
郊外に位置しており
交通の便が悪いこともある。
エコノミーホテルなら
ホテルが小さい分
外に出るのは簡単だし
街中で地下鉄(MRT)駅に近いなど
街歩きに便利なことが多い。
特に
台北駅周辺や龍山寺付近など
下町っぽい所に多かった。

その他の宿泊設備について
詳しくは

宿泊設備の種類

を参考にしてください。