安く賢く台湾旅行の食事代




 

台湾旅行

 

格安台湾旅行方法

 

1.台湾の食事は安い

工夫すれば1日3千円でも贅沢できる

1日の食費 例を挙げると

朝食
屋台や一般食堂で麺類やフルーツジュース 50元
(朝食付ホテルが多い)


朝食付のホテルも多い

昼食
一般食堂で麺類や定食 鉄道車内なら駅弁 80元


駅弁もよかった(80元)

夕食
一般食堂で中華料理
肉系1皿200元
野菜系1皿100元
瓶ビール2本×60元
420元


結構 満腹になった

その他
喫茶でコーヒーやケーキ 150元
肉まん      15元
お茶       20元
ジュース     40元


ケーキセット(140元)

計815元≒3,000円

かなり満足できる食事だと思う。

旅行中1~2回は贅沢に

中華料理店でコースを注文すると
高い所なら万はするが
安い所なら3千円から
オプショナルツアーでも簡単に予約できた。
そこに飲み物代を加えて
4~5千円位か?

2.台湾の食事について

(1)B級グルメ天国

屋台や一般食堂で食事

台湾といえばB級グルメ天国だ。
街のあちこちに屋台や
ちょっとした食堂が見られ
多くの人が利用している。
言葉もほとんど不要で
誰でも気軽に利用できるのだ。

値段は

麺類で30~60元
(110~230円)
日本のラーメンと比べると質素
かけうどん位の感覚

御飯物60~150元
(230~570円)
100元越すと贅沢になる

果物 10~20元
(40円~80円)

串刺し10~30元
(40~114円)

フルーツジュース20~50元
(80~200円)

缶ビール 35元(約140円)

など

夜市で
ビール2~3本、つまみ、丼物
フルーツにアイスを
食べて飲んでも
500元(約2,000円)
はしないだろう。


あちこちに屋台が見られた(高雄の夜市)


たらふく飲んで食べても500元はしなかった

大衆食堂で火鍋や中華料理

台湾は中華料理店も多い。
地元の人が宴会を行っている姿をよく見かける。

値段は
火鍋300元(ボリュームあり)
中華1皿
肉系200~300元
野菜系 100元
瓶ビール 1本60~80元
など

1皿と言っても
かなりのボリュームだ。
1人1皿で
3人集まれば3皿を分け合う
というのが中華料理のルールだ。

1人なら野菜(小)+肉(小)頑張って2皿いこう!
肉に野菜も付いていることがある。

1人500元(約2,000円)もあれば
相当飲んだり食べたりできる。


500元で火鍋やビールを堪能!

(2)3千円で中華料理のコース

予約はしたい

せっかくの台湾旅行
旅行中1~2回は本格的な中華料理(台湾料理)を堪能したい!
その場合 事前に予約した方が安心だし安い
オプショナルツアーでも
簡単に予約できる。
安いコースなら3千円もあった。
そこに飲み物代を加える。

(3)その他

カフェは高く感じる

スターバックスで
コーヒー65元
カフェモカ 90元

マクドナルドで
チーズバーガーセット84元

喫茶店で
コーヒー+ケーキで150元

伝統喫茶で
お茶+漬物 250元

ほど

一般食堂で100元(約380円)も出せば
満腹になるまで食べられることを
思えば高い。
日本でもそうだが

「飲食」というより
そこの場所を借りて
ゆっくりと読書したり
パソコンや勉強する為
といった要素が強い。


茶芸館ならお茶で250元


ゆったりとした時間を過ごす

ちょっとした名門店

台湾の名門店といえば
小籠包で知られる鼎泰豐
ここでの小籠包は180元
そこにスープだの麺類だの注文すれば
500元位するかもしれない。

他にも
原住民料理専門店で
食事をすれば500元位はした。


人気の鼎泰豐(台北)


小籠包(180元)

 

その他の食事について
詳しくは

食事について

を参考にしてください。