格安ハワイ旅行方法

 

ハワイ旅行

 




 

オハナ ワイキキ マリア(OHANA WAIKIKI MALIA)とは?

多くの旅行会社で紹介される

有名ホテルの一つ

HIS、JTB、近畿日本ツーリストと
多くの旅行会社で紹介されるホテルの一つである。
チェックインの様子を見ていても
日本人の宿泊客が多かった。
客層も男女老若、友人、カップル、家族連れ、年寄と様々
大半の人が満足できるホテルだろう。


ホテルの入口

エコノミーホテルの部類に入る。

内陸部に位置する

旅行会社によって違うが
エコノミー~スタンダードの部類に入る。
高級ホテルに位置するシェラトンやハレクラニ、ロイヤルハワイアンはビーチ沿いに建つのに対し
一歩内陸部に入ったクヒオ通り沿いに建つ
クヒオ通りは生活感を感じるバス通りでもある。
また、フロントは小さめでプールやレストラン、バーといった設備が乏しく
日本の「サンルート」とか「東横イン」のような雰囲気

しかし

ビーチやワイキキ中心部のDFSギャラリアまで徒歩5分程度
周辺も賑やかで部屋は清潔、機能性に優れていた。


周辺はこんな感じ

リーズナブル

何よりもリーズナブルなのがいい。

部屋の種類やシーズンによっても大きく異なるが

ハワイ6日間で
高級ホテルは30万円
スタンダードは23万円
エコノミーなら18万円

1泊あたりの値段も
ツインルーム2人1部屋で
高級ホテルは5~6万円
スタンダードは3~4万円
エコノミーなら2~3万円
といった所か?

詳しくはワイキキのホテルを参考にしてください。

ホテルの場所

一歩内陸部に入る


オハナワイキキマリアの場所

宿泊体験記

空港からホテルまでの送迎

空港でお出迎え

ホノルル国際空港に到着、そのまま入国審査を受けて
荷物を受け取り、到着フロアーに出る。
分かりやすい所にHISの看板がある。
ハワイ旅行の場合、添乗員が同伴しないフリープランがほとんどだが
HISの日本航空利用、入国審査も皆の後について行けばいいから
初めての海外旅行でも安心だろう。


HISの看板がある

リムジンで移動

HISのスタッフが対応、夏休みのシーズンで並んでいたが
手際よく30分しないで送迎車に乗れた。
相乗りの混在者であるが、リムジンであった。
ソファーのようなゆったりシートで風景を眺めながら
1時間もしないでホテル前に到着した。


リムジンで送迎

チェックイン

簡単に済んだ

ホテルに入ってすぐにフロント、チェックインは各自行う
日本語は通じなかったが、予約確認証を見せればスムーズに済み
鍵を渡してくれた。
他のお客さんもほとんど日本人だった。


チェックイン

ホテルと周辺の様子

清潔で設備は整っている

高級ホテルのように広々した部屋ではないが
ベッドはゆったり、ラナイ(ベランダ)があり
バストイレ、その他、アメニティーセット
コーヒーメーカー(コーヒー)もあり明るく快適であった。


快適な室内


コーヒーメーカーもある

スタンダードルーム

自分が予約したのが一番安いスタンダード
ハワイの場合、部屋の位置によって値段が異なり
ホテルによっては倍位違うこともある。
ちなみに
高い順にオーシャンフロント、オーシャンビュー(海側)
バーチャルオーシャンビュー(一部海が見える)
マウンテンビュー(山側)スタンダード(展望なし)に分かれ
とはいえ高い階で眺めはよかった。
そもそもオハナワイキキは一歩内陸に入った場所に位置する。
それにオーシャンビューの場合、夜は真っ暗 スタンダードでいいと思った。

詳しくはワイキキのホテルを参考にしてください。


バルコニーからの眺め

ホテル内の設備

プールやレストランはあるが

高級ホテルは目の前がビーチで直結した広いプール
ビーチバーにレストラン、ショッピングセンターなど設備が整っているが
オハナワイキキはエコノミー~スタンダードクラスのホテルで
ロビーはないに等しく、プールはあっても小さく利用している人は見かけなかった。
しかし、ホテル内で迷うような広さではなく
機能性に優れていた。
ホテルは泊まるだけ、街歩きを楽しみたいならよかった。


プールはあるが

ホテル周辺の様子

クヒオ通り沿いに位置する

ビーチ沿いから一歩入ったクヒオ通り沿いに位置するが
ビーチやワイキキでも賑やかなDFSギャラリアまで徒歩5分位のエリア
それに、ホテル近くにもコンビニ、ショップ、レストランがあり
ビーチに近いカラカウア通より安あがりの店が多い。

ビーチが主なら

とはいえビーチまで徒歩5分位かかる。
サンダルを履いて歩くのは面倒だ。
ビーチを主に楽しむなら、少々場所を悪くしても
ビーチに近いホテルがいいと思った。


ホテル周辺の様子

向く人、向かない人

向く人

外歩きが主な人

ホテルは泊まるだけ、街歩きが主な人にはお勧めだ。
明るく清潔、快適で設備が整っているし機能性に優れている。
高級ホテルはホテル内で迷ってしまうことがあり
街歩き派には返って不便を感じることがある。
さらに、目の前のクヒオ通りには
トロリーや路線バスの停留所がある。
HIS専用トロリーもあり便利


トロリー利用にもいい

安くて安心、清潔を求める人

インターネットのホテル予約サイトで検索すると
1泊5千以下で泊まれる宿もある。
しかし、あまり安いと
部屋が汚い、水回りが悪いなど
不快な思いをすることがあるのだ
オハナ ワイキキ マリアは
大手旅行会社でも紹介されていることから
信頼性が高いホテルと思われる。
旅行会社によっては
グレードの低いホテルは紹介されないことがあるのだ。

向かない人・注意点

ホテルライフを楽しみたい人

高級ホテルは目の前がビーチ、ビーチと直結した広いプール
ビーチバー、レストラン、ショッピングセンターがあり
ショーも行われる。さらにルームサービスも充実しているのだ。
オハナ ワイキキ マリアではそういった
サービスは期待できなかった。


ホテルライフを楽しむなら高級ホテルがいい

1人旅なら航空券とホテル別々予約も

フリープランでは2人1部屋で計算されており
1人参加だと追加料金がかかることが多い。
それに送迎は混載者
グループやカップルが多い中で1人は浮いてしまう。
航空券とホテル 別々に手配した方がいい。

お勧め予約サイト

HIS

サービスが充実

カジュアルな雰囲気と充実したサービスが魅力であった。
現地にデスクを設け、困った時の携帯電話によるサポートもある。

エクスペティア(Expedia)

バライティーに富んでいる

国内の予約サイトなら
「じゃらん」を利用するが
海外の場合agoda(アゴダ)やエクスペティア(Expedia)を利用している。
紹介される宿の種類 ジャンルが豊富で安いことが多い。