タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法

 




 

1.どの航空券にしようか?

(1)最初に迷った。

安さ?安心?サービス?

ネットの普及で
海外個人旅行をする人が増えてきた。
個人旅行で
最初に抑えたく
最初に迷うのは航空会社だろう。
経由便を含めると
日本~バンコクには多くの航空会社があり
それぞれのメリット(デメリット)があるのだ。


どの航空会社がいい?

(2)インターネットで検索 いろいろ調べてみた

安い順に検索

いずれにせよ、インターネットで海外航空券のサイトを開き
安い順に検索をしてみた。

最初に表示されるのが
LCC ライオンエアー

次に
中国(北京、上海)経由の
中国国際航空
中国東方航空
又は南方航空

日本航空 タイ国際航空
全日空

といったところだろう。

(3)諸経費込か?

2~3万円位違うことも

成田~バンコク 往復9,800円と表示されていても
燃料サーチャージ
空港使用料
各種税金 保険で
実際は39,800円なんてこともある。
旅行会社によって
手数料がされたりされなかったり
安いと思ったら、
逆に高かったこともあった。

運賃変動

数日ごとに運賃が変動することがある。
2週間前3万9千円が1週間前に5万2千円になっていたことも
経験上 早めに購入した方が得することが多いが
まれに値段を下げることもある。

航空券検索サイト

自分がよく使う航空券検索サイト「エアトリ」
条件を入力すると条件にあった
航空会社運賃が表示される。
なお、最初に表示されるのは航空券のみ
各種手数料を含めた合計金額は
料金詳細でチェックしよう。



2.それぞれ比較してみた

(1)日本航空 全日空 タイ国際航空

サービス充実 安心!

バンコクまでの直行便あり
機内食、フリードリンクなど
サービスも充実
空港にはカウンターも多く
旅行初心者でも安心
確保する座席も多く
満席のリスクは低い。

高い!

諸経費込で52,000~56,000円と表示
LCCや中国系航空会社なら
3万円台で表示されると思えば高い。

安いなりの訳?

例えば
タイ国際航空56,000円
日本航空52,000円
と表示されていた。

となれば

自分は日本航空を選択するだろう。

ただ、タイ国際航空は
1回2万円で空席がある限り変更可能
日本航空は一切変更不可という条件があった。


全日空

(2)ライオンエアー

安い

LCC(格安航空会社)
サービスを落とす代わりに格安で提供する。
バンコク往復 2~3万円台なんて安さ

サービスは落ちる

機内食は質素又は有料
ドリンクも有料
荷物は機内持込7㎏まで
サイズ制限もあり
超過した場合は追加料金がかかる

など

原則、LCCは機内食付かないが
ライオンエアーバンコク便は
カップに入ったミネラルウオーターとパンが付いた。

安全性

調べると事故が多いとか?
ただ、成田~バンコク便は
エアバス利用でライオンエアーのエアバス事故歴は確認せず


ライオンエアー

(3)中国系航空会社

北京や上海経由

運賃は諸経費込で3~4万円台
サービスも充実
値段の割には
お得感あり

中国系と書いたが
別に
韓国、フィリピン等の航空会社もあった。


中国国際航空

手間

乗換の手間あり短くても
2時間位余計に時間がかかる
中には
経由地で1泊なんてことも

さらに

空席の穴埋めであるので
確保できる席は少ない

つまり

早めに満席になるも

経由地~バンコク便の
日本語通用度はほぼ0
出入国カードも英語のみ

(4)ベトナム航空

ラオス経由とか?/span>

バンコクの単純往復なら表示されなかったが
ラオスのビエンチャンやルアンパバーンに入り
バンコク出国など
いわゆる周遊型の旅行なら3~4万円台で買えることも

なお、ベトナム~ラオスはラオス航空だった。

(5)格安ビジネスクラスならチャイナエアラインも

往復10万円位

ビジネスクラス利用なら
チャイナエアライン台北経由が10万円台で売られていた。
ちなみに
エコノミークラスとビジネスクラスは雲泥の違いだ。
詳しくはエコノミークラスとビジネスクラスの違いを見て下さい。


ビジネスクラスもいい

 

詳しくは
バンコクまでの航空券を探す
を参考にして下さい。

 

タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法