ハワイ旅行より ハワイ島

ハワイ島で行ってみたいと思ったところ

標高4,000m級の山に黒い火山の大地、針葉樹の森
大自然に囲まれ多くのみどころがる「ビッグアイランド」
できれば何日もかけてゆっくりとまわりたいもの
ハワイ島の観光スポットで行くことができなかったが
魅力的に思ったところをまとめてみました。


広いハワイ島 多くのみどころがある









トップ
ハワイ旅行の情報


格安フリープランや格安個人旅行方法なども紹介
格安ハワイ旅行方法




ハワイ島にある観光スポット


ハワイ島の観光スポット









マウナ・ケア
標高4205mの山
ハワイ島にある有名観光スポットといえば、キラウエア火口、ハワイ島のパンフレットでマグマが
噴出する風景を見たことがあると思う。そしてもう一つがマウナ・ケアではないか?
富士山より高い標高4,000m級の山、常夏の島という印象の強いハワイだが、マウナ・ケアでは
冬になると雪が降り、スキーもできるとか?そして有名なのが満点の星空
ハワイの空気は澄んでおり、それゆえ高地から眺める空は感動的と言われている。
日本の天文台「すばる」があることで有名だ。

オプショナルツアーで行くのがいいかも!?
マウナ・ケアまで車が走れる道もないこともないが、レンタカーを使って個人で行くのは困難とのこと
保険の対象にならないとか?4WDでなければ行けないとか?よく分からないが、
いずれにせよドライブガイドでも紹介されることはほとんどないようだ。
車(レンタカー)で行かない方がいいだろう。インターネットで調べるとオアフ島のワイキキ
やハワイ島のカイルア・コナなどからマウナ・ケアへ向かうオプショナルツアーが出ている。
そういったプランを利用したい。


パーカーランチからカイルア・コナへ向かう
マウナケアに近いはず



プナルウ黒砂海岸
黒い砂のビーチが印象的
キラウエア火山で有名なハワイ火山国立公園近くにある公園プナラウ黒砂海岸
溶岩の砂浜なのだ。ワイキキのような白い砂浜は知られるが、黒い砂のビーチは珍しい。
また、キラウエア火山にも近いしハワイ島1周ドライブがてらに立ち寄るのもいい。
ハワイ島1周のオプショナルツアーでも立ち寄ることがあるのだ。
自分の場合、夜になってしまい。そのまま通過してしまった。

2回目のハワイ旅行で行ってきました。
詳しくは

プナルウ黒砂海岸



ハワイ火山国立公園にて
黒砂海岸にも近いはず



キャプテンクック
ハワイで初めて西洋人が上陸した地
カイルア・コナを南下、ケアウホウとその周辺、ビーチやホテル、そして道沿いには
レトロな店を見ることができた。ハワイで有名なコーヒー「コナ・コーヒー」の
産地でもあり、それらを紹介する博物館もあるようだ。時間がないため、そのまま通過してしまった。


暗くなったためキャプテンクック周辺は通過してしまった!


レインボー滝
ハワイ島にある有名な滝の一つ
ハワイ島にある有名な滝といえばアカカ滝とレインボー滝である。
ともにハワイ島の経済の中心といわれるヒロから近い滝である。
アカカ滝は縦に長く(高さがある)レインボー滝は横に長い(幅がある)
とのこと、オプショナルツアーでも訪れることがあるようだ。
自分の場合、アカカ滝には立ち寄ったがレインボー滝は通過してしまった。

ヒロの町をゆっくり歩く
ノスタルジックな雰囲気
ヒロには訪れたものの、ゆっくりと町を歩くことができなかった。
ハワイでは2番目に大きな町ともいわれているが、1番のホノルルとは
裏腹に懐かしさ漂うノスタルジックな雰囲気なのだ。田舎で素朴な雰囲気
それが本来のハワイの魅力とも思える。

ロコモコ発祥の地
話によるとハワイ島を周遊するツアーでも紹介されることがあるらしい。
ハワイ名物「ロコモコ」はヒロで誕生したとか。有名なのがカフェ100(Cafe100)
ここでロコモコが誕生したという。

観光だけでなく体感もしたい!
本当の魅力を楽しみたい
例えばキラウエア火山に巨大な牧場パーカーランチ、バスや車で走りまわってもその大自然に
圧倒されるが、マグマが噴出す風景を見たり大自然を肌で感じるのは難しいとも思われる。
例えば、オプショナルツアーではヘリコプターでキラウエア火山を見物したり、夜に訪れたり
また、パーカーランチで乗馬をするコースがある。時間があれば、レンタサイクルでキラウエア火山
ハワイ火山国立公園を走るのも面白いかもしれない。

オプショナルツアーについては下をクリック

格安オプショナルツアーに参加しよう



キラウエア火山
空から眺めたり夜の風景は
また違った感動があるかもしれない。













ハワイ島の観光スポットに戻る




トップに戻る
ハワイ旅行の情報


(注意)
2010年12月の旅行経験に基づき2012年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と異なることや、状況が変化していることもあります。
参考程度に自己責任のもとで調査してください。