よかったら「いいね」お願いします。

 

ハワイ旅行

 

格安ハワイ旅行方法

 

1.航空会社の種類(料金は往復目安)

(1)日本航空・全日空 10万円~

日系のレガシーキャリア

代表的な航空会社といえば
日本航空、全日空である。
日系の航空会社なので
安心感はある。


日本航空

メリット

安心感は大きい

日系の航空会社だから
安心感はある。
もちろん
キャビンアテンダント(CA)をはじめ
日本語通用度が高い。
空港もカウンター数が多く安心
受託荷物も20~23㎏まで
追加料金不要
アルコールを含む
ドリンク
機内食のサービスもある。
便数、座席数も多く
予約もとれやすかった。


機内の様子


機内食

乗継でお得?

仙台や高松など
地方空港からホノルルへ向かう場合
一旦 東京の空港まで移動し
そこで乗り継ぐことができる。
料金は+1万円とか
中には
追加料金不要とか
同一の航空会社の
乗継割引適用なら
遅延の場合も
安心だろう。


地方出発なら安心!?

デメリット(注意点)

割高

航空券の種類によるが
他社と比べ
割高になることが多い。

(2)デルタ航空・ハワイアン航空 6~9万円

米系レガシーキャリア

アメリカ系の航空会社
ハワイアン航空の他
デルタ航空など


ハワイアン航空

メリット

サービスは充実

受託荷物も20~23㎏まで
追加料金不要
ソフトドリンクを含む
機内食のサービスもある。


デルタ航空


ノースウェスト航空の機内食

安上がり

航空券の種類にもよるが
日本航空や全日空と比べ
若干安いことがある。

ハワイアン航空の島内周遊

ホノルル(オアフ島)

コナ(ハワイ島)
など複数の島を周遊する場合
ホノルル~コナを
安くする乗継割引が
適用されることがあった。


ハワイ島を楽しむ

デメリット(注意点)

若干の不安

日本語スタッフの
数は少ない。
特に何らかの
トラブルがあった場合など
旅慣れない人にとっては
不安になるかもしれない。

アルコール有料?

航空会社によっては
アルコール有料で
缶ビール(350cc)
つまみ付500円と
高いのが一般的
機内持込もNG
没収される。

(3)大韓航空・中国東方航空 5~9万円

アジア系レガシーキャリア

大韓航空、中国東方航空
中華航空(チャイナエアライン)など


中華航空

メリット

サービスは充実

受託荷物も20~23㎏まで
追加料金不要
アルコールを含む
機内食のサービスもある。


中華航空の機内食

安上がり

日系や米系の
レガシーキャリアより
安いのが一般的

デメリット(注意点)

若干の不安

日本語スタッフはいるものの
その数は少ない。
特に何らかの
トラブルがあった場合など
旅慣れない人にとっては
不安に思うかもしれない。

経由便

日本からソウルや台北
といった第3国を経由して
ハワイを向かう便もある
軽く3時間以上余計にかかるだろう。

さらに

第3国~ハワイは
日本人客はほとんどいない
日本語は通じない
入国カードも
英語か現地語のみで
記載することになるだろう。

席の数が少ない

余った席の穴埋めで
安いのが一般的
確保できる席も少なく
すぐに満席になるし

遅延・欠航時は
後回しにされる可能性大だろう。

(4)LCC(格安航空会社) 4~8万円

数は少ないが出ている

成田空港発のZIPAIR
関西国際空港発のエアアジアX
その他 ジンエアーなど
数は少ないものの
ハワイ便のLCCも出ている。

メリット

安い

最大の魅力は安いこと
中にはレガシーキャリアの
半額以下で売り出すこともある。

デメリット(注意点)

サービスはグンと落ちる

機内食
ミネラルウォーターを含むドリンク有料
もしくは
パン1個など質素

機内持込7kgを超えた場合は
別途追加料金がかかる。

カウンターの場所が分かりにくい。

など

レガシーキャリアと比べれば
サービスはグンと落ちる。

海外に不慣れな
旅行者なら
あまり勧めない。

2.航空券の種類

(1)普通運賃

自由度は高い

IATA(国際航空運送協会)
のルールに沿った運賃

自由度は高く

最長滞在日数は1年

変更や払い戻しも可能

飛行機が欠航したときも
普通運賃(ノーマルチケット)
の人が優先的に案内される。

ちなみに

LCC(格安航空会社)など
IATAに加盟せず
独自のチケットを
売り出す会社
もある。

メチャクチャ高い

東京~ホノルル(片道)を見ると
割引チケットが5万円前後に対し
普通運賃は30万円など
一般の旅行で使うことはほとんどない。

(2)正規割引・格安航空券

正規割引

航空会社が定める割引券

各航空会社が設定する。
独自の割引料金
PEX運賃などと言われる。

同じ航空会社でも様々で

8万円位するが
2万円で変更可能

とか

5万円位だが
変更、キャンセル不可

など

格安航空券

旅行会社に卸売る割引券

旅行会社に安く卸売
それを消費者に
販売するチケット

旅行会社の販売網を
活かしたチケットで
オフシーズンなど
正規割引運賃より
さらに安く購入可能だ。

航空会社では購入できない
旅行会社で購入

3.航空券購入のコツ

(1)運賃は頻繁に変わる

3日位で変わることも

割引航空券の種類は複雑で
同じ航空会社同じ条件でも
頻繁に変動する。

特に直前になると
5万円だった航空券が
3日後には
8万円位になることがあるし
逆に
安くなることもある。

売上の状況に応じて
値段を上下させているのだ。

基本早い方がいい

6ヵ月前から売り出す!?

経験から
航空券は6ヶ月位前から売り出す

ハワイ便の場合

夏休みや年末シーズンなら
3ヶ月以上前
オフシーズンでも
2カ月以上前
の購入を勧める。

理由は以下の通り

条件のいいチケットから売れる

安いチケット週末出発など
条件のいいチケットから売切
往路の航空券はとれたが
復路が満席なんてことがあった。

値上がりする方が多い

経験上
出発日が近くなるほど
値上がりすることが多い。
最初は安く売り
ペイしたら
値上げするらしい。


条件のいいチケットなら
早めに予約したい

(2)安全性について

何ともいえない

危険度ランキングでチェック

安いけど事故が多い危険
と思う人も多いだろう。
自分もそうで航空会社の
危険度ランキングでチェック
あまりも事故率の高い
航空会社を外しているが
飛行機事故は
自動車事故と比べ
桁違いに発生確率は低いようだ。

(3)機内サービスについて

似たかよったか?

「安い航空会社の機内食はまずい」
だの
「シートは狭い」
といった話

確かに多少の違いは
あるかもしれないが

同じエコノミークラスなら
大差ないと感じた。

シートピッチも
70~80㎝程度と狭い。

自分の場合

利便性や遅延時の
保証などについて
チェックしている。


日本航空の機内食


中華航空の機内食


日本航空のシート


中華航空のシート

LCCのは最低限のサービス

安い代わりに
サービスは最低限と
しているLCC
機内食もドリンクも有料
もしくはパン1個など
機内の荷物も7㎏までで
それを越すと
別途申請
追加料金がかかる。

ただ
安さは魅力的で
直行便でありながら
従来型航空会社の半額など

(4)ビジネスクラスがお得なことも

ハイシーズンなど

エコノミークラスとは雲泥の差

航空会社によるが
エコノミークラスなら
8万円の所
ビジネスクラスは
安くても15万円とか

しかし

その違いは雲泥の差で
150㎝を超えるシートピッチ
中には
ほぼフラットになる
シートもある。

食事もコース料理で
空港には
専用ラウンジがあったり

雲泥の差だ。

詳しくは格安でビジネスクラス
を参考にして下さい。


豪華なビジネスクラス

料金変動が少ない

エコノミークラスだと
シーズンによる
料金の変動が大きいが
ビジネスクラスは小さい

さらには

ハイシーズンの
低価格エコノミークラスは
すぐに満席になり

結果

ビジネスクラスと大差が
なくなることがあるのだ。
航空券比較サイトを使う時
ビジネスクラスもチェックしてみよう。

4.お得な航空券購入方法

(1)比較サイトが便利

条件入力するだけ

条件の合った航空券を
安く買いたいなら
航空券比較サイトが便利
条件を入力して
安い順の表示すればいい。

お勧めサイト


ハワイ諸島間の移動も

ホノルル~コナなど

例えば
ハワイ滞在中
ホノルル(オアフ島)からコナ(ハワイ島)へ
行きたい場合
航空券検索サイトで
ホノルル~コナの
航空券の購入可能

安い物だと

往復12,000円など


ハワイ島間の移動もいい

乗継時間を短くしない

自分の場合
ハワイ諸島間の移動は
ハワイ到着翌日以降にしている。

個人で別々に手配した場合
飛行機が遅延し
乗換ができなくても
保証されないだろう。



(2)購入の流れ

出発地や目的地を入力

地方空港発着も検索しよう

出発地、目的地を入力

一般的には

出発地 東京(成田/羽田)
目的地 ハワイ(ホノルル)

というように
主要な空港を選択した方が
安いチケットが表示される。

ただ

最寄りの空港が「仙台」
目的地が「ハワイ島(コナ)」
であっても
それで入力してみよう。

まれに

仙台→東京(乗継)→ホノルル

といった乗継チケットが
安く売られることがある。


地方発着もチェック

往復がいい

往復・片道の選択もできる。
片道チケットのみで出国
する場合「査証」が必要に
なるので注意

観光目的
帰りのチケット所持
などの理由で
免除されているのだ。

出発日・到着日を入力

シーズンによる変動

週末やハイシーズンは
航空料金は高くなる。

特に
GWのはじめ
夏休み(お盆)
年末は
グンと高くなり
通常の2~3倍になることも

しかし3日位ずらせば
グンと安くなることも

また

ビジネスクラスで
検索すると
エコノミーも大きく
変わらない金額が
表示されることがあった。

航空会社を入力

LCCは外すも可

安心を求めるなら
日本航空、全日空がいいが
経験上 LCC以外の
航空会社のサービスに
大差はなかった。

合計金額であるか?

燃料サーチャージなど

航空券の表示価格の他
空港使用料
燃料サーチャージ
発券手数料といった
費用がかかる。
全て含んだ金額か
料金の詳細などで確認しよう。

キャンセル規定のチェック

航空券詳細をチェック

航空券の詳細から
キャンセルや変更規定
について記述されている。
購入前に確認しよう
安いチケットは
キャンセル・変更不可
又は
高いキャンセル料がかかるのが
一般的

パスポートのチェック

自己責任で

海外だからパスポートは必要
観光目的でハワイへ行く場合
査証なしで行く人がほとんどだろうが
査証免除の条件として

観光目的
往復航空券所持
入国時のパスポート
残存期間90日以上

などといった条件がある。

自己責任でチェックしよう。

さらにESTAの申請が必要になる。


査証なしでハワイへ行くなら
ESTAの申請が必要

チケットレスが一般的

メールの添付ファイル等

予約終了
規定日までに
料金を払えばいいのだが
最近はチケットレスが多い。

予約番号などが
メールの添付ファイルで
送られる
それをプリントアウトして
当日 空港でチェックイン
手続きをすればいい
空港での手続きについて

詳しくは

成田空港までの行きかた

空港での手続き

もしくは

成田空港公式サイト

を参考にして下さい。


空港でチェックイン

お勧め航空券比較サイト


 

格安ハワイ旅行方法

 

ハワイ旅行

 

よかったら「いいね」お願いします。