格安イタリア旅行方法

 

イタリア旅行

 


 

1.個人旅行について

(1)個人旅行とは?

手配旅行である

お客さんに合わせて手配する

航空券やホテル、オプショナルツアーなど
お客さんの要望に応えて旅行会社が手配する「手配旅行」である。
逆に
ツアーは「募集型企画旅行」といい。
旅行会社が交通機関やホテルの手配をして
お客さんを募集するものである。

個人旅行を楽しむ人も多い

今はネットで細かな手配も

昔の個人旅行は

高度な旅行知識の持った人がバックパックを背負い
航空券だけを手配して長期間かけて旅する「バックパッカー」が一般的だった。

最近は

スーツケースを持ったごく普通の旅行者も個人旅行を楽しむことも多い。

インターネットで航空券、ホテルの他、ゲストハウスやユースホステル
レストランの予約に鉄道チケット、観光施設の入場券、タクシーだって
簡単に予約できてしまうのだ。

スマホ(WiFi)があれば現地からでも日本語で手配可能だ。

全て手配しなくても

個人旅行は
イタリアまでの往復航空券だけ購入して
あとは「行き当たりばったり」の旅だってできる。

思わぬ「出会い」や「発見」も個人旅行の魅力
ガチガチに予約するのは面白くない。

ただ

事前に予約した方が便利でお得なこともあるのだ。
詳しくは
2.個人旅行の準備・手配
で紹介します。


自由な旅を楽しむ(ローマ)

(2)個人旅行で不安に思うこと

言葉の心配

ほとんど心配なかった

自分はイタリア語はおろか英語すら片言レベルであったが、
ヨーロッパ個人旅行を楽しめた。
日本でも多くの外国人旅行者が旅しているが そのほとんどが
日本語を話せないはずだ。

会話集は準備したい

ただ、レストランでメニューを注文するときなど
不便を感じることがある。また、乗り間違えや忘れ物など
会話集があれば便利
コンパクトな旅行用指さし会話集でいい。
また
WiFiを使えればスマートフォンの翻訳も便利だった。

下調べとタフな気持ち

何よりも大切なのは 下調べ
「地球の歩きかた」など個人旅行用のガイドブックでは
鉄道や路線バスの利用方法、食事のマナーなど
詳しく説明されている。しっかりと調べておこう。
日本とは異なる習慣やルールがあり、間違えるとトラブルになることもある。


言葉は通じなくても楽しめた(イタリア バールにて)

治安の心配

何とも言えない

治安については何ともいえない。
例えば
日本国内なら絶対安全と言えるだろうか?
団体行動中にスリやひったくりにあう例も多い。
自由行動中などツアーでもテロや犯罪に巻き込まれることがある。
ただ
個人でフラフラしている方が
犯罪に巻き込まれる可能性が高いかも?

ちなみに

旅行会社に相談しても答えられないだろうし
いい具合に高い送迎やガイドのサービスを
売りつけられたことがあった。

自分の対策

旅行前に海外安全ホームページをチェック
レベル1(十分注意してください)より危険なエリアへは行かない。
スマーフォンで最新情報を登録しておくのもいい。

スリやひったくりに遭わないようにする。
バッグを肩にかける 尻ポケットに財布を入れるなどしない。

夜間人気のない所をフラフラしない。

など

日常生活においても安全対策になるのだ。

連絡先は確保しよう

海外旅行保険会社やカード会社の現地連絡先
宿泊先のホテル、航空会社やオプショナルツアー会社など
予定の変更があったときは全て自分で対処する必要がある。

ちなみに

カード番号など外に漏れては困る情報はメモしていない。

慣れたとき 本当の恐怖が待っていることも!?

最初は「不安」と思っても
現地の人は外国人旅行者に優しくしてくれるし
数日もいれば慣れっこになる。

そうすると気が強くなり

夜 大酒を飲んで酔いながら
街中をふらついたり・・・

そのとき 本当の恐怖に巻き込まれることもある。

日本の家族が心配

自分は楽しく海外旅行をしていても
日本で家族が心配していることも
まめに連絡しよう
今はWiFiで簡単に日本へ連絡できる。

1人旅だけど

1人旅も多い

個人旅行者は1人旅も多い。
ツアーの場合、2人1部屋で設定されていることが多く
1人旅はあまりいない(1人参加限定ツアーは別だが)
個人旅行だとゲストハウスやユースホステルの
ドミトリー(相部屋 男女別も多い)に泊まり
同じ部屋の人と片言英語で話が盛り上がることもあるのだ。


ゲストハウスで話が弾むことも

2.個人旅行の準備・手配

(1)行程表を作ろう!

ザックリしたものを

ガイドブックでチェック

ガイドブックを購入して
ザックリでもいい簡単に計画をたててみよう。
1日目出発
2日目ローマ着 ミラノへ
3日目ミラノ
4日目フィレンツェへ
5日目フィレンツェ
6日目ローマへ
7~8日目ローマ
9日目帰路

といった具合だ。
ガイドブック「地球の歩きかた」
など見ると
都市間移動にどれ位かかるか
だいたいの目星が付く


どんな旅をしたいか?(ナポリ)

旅費のチェック

目星をつけたい

簡単でいいから旅費の計算もしたい。
例えば

往復航空券 約10万円

(1日あたり)
ホテル1泊50ユーロ(7,000円)
朝食5ユーロ
昼食15ユーロ
夕食30ユーロ
雑費10ユーロ
交通費5ユーロ

ヨーロッパ交通費
250ユーロ

といった具合だ。

ガイドブックにおおよその予算が示されている。

(2)航空券の手配

早く抑えたい

数ヶ月前に売れ切れも!

おおよその計画をたてたら、
まずは航空券の予約をしよう!
インターネットで
出発日や行先など条件を入力検索すると
航空券が紹介される。
だいたい安くて条件のいいチケットから売れ切れる。
夏休みのシーズンなど2ヶ月前には満席なんてこともあるのだ。
逆に早く予約すると
早割の特典がつくことも!


まずは航空券の確保

どのように購入するか?

インターネットを勧める

旅行会社や航空会社のカウンターでも
航空券の購入はできるが
ネットでの手配を勧める。
日本からヨーロッパへは数多くの航空会社が出ており
同じ航空会社、同じクラスでも値段が違うことも
他にも
ネット限定割引を設定していることがある。


空港でチェックイン
(予約確認証をプリントアウトしてチェックインした)

旅行会社を通す

格安航空券は「ツアーのバラ売り」という要素があるため
航空会社では直接買えずに旅行会社を通す必要がある。
よって
旅行会社を通して購入した方が安いことがある。
それに多くの航空会社を比較できるし
中華航空やカタール航空などの
乗継便など直行便と比べ安い航空券もある。

航空会社未定

安い順に航空券を検索するとよく見かけるのが「航空会社未定」
その名の通り航空会社は未定で
1週間位前になって教えてくれる。

そもそも航空会社未定とは
余ったチケットを売るのだ。
例えばフリープランなど最初は割高に設定されているが
ホテルや航空券の選択幅が広い
ドンドン売れていき最後の「余り物」を航空会社未定として販売する。
経験上
最も条件の悪い航空会社が一般的で
夜出発、深夜に乗換など

しかし

出発日帰国日は指定できるし
電話で聞けば前もって航空会社(出発時間)
を教えてくれることもあった。
何よりも安さが魅力
タフで元気で時間に余裕がある旅なら考慮する価値あるかも!

航空会社で直接購入

日本航空や全日空を利用したい場合
航空会社のサイトからも検索しよう。
成田空港~ローマ往復で128,000円なんて表示され
旅行会社で購入するのと変わらないことがある。

となると

直接航空会社のサイトから購入した方が便利なことがある。

乗継が安いことも

日本航空や全日空利用の場合
出発地を最寄りの空港から検索してみよう!

例えば

出発地 女満別空港
目的地 ローマ「フィウミチーノ空港」

といった具合だ。

そうすると

女満別空港→羽田空港
成田空港→ローマ「フィウミチーノ空港」

というように紹介される。

2~3千円位の追加で
女満別空港→羽田空港の移動できることがあるのだ。

航空券+ホテル

ヨーロッパを飛行機で移動するなら

旅行会社のサイト開くと
「航空券+ホテル」という欄がある。
クリックして条件を入力

例えば

7月1日 東京→ローマ
7月3日 ローマ→ミラノ
7月5日 ミラノ→ベネチア(飛行機利用なし)
7月7日 ベネチア→ローマ
7月11日ローマ→東京

といった具合

条件が合えば
イタリア国内便を含めた
航空券や滞在先のホテル一覧が
ズラリと紹介される。
ここで自分お気に入りのコースを選べばいいし
個人旅行としての契約だから
「3日目と5日目の宿は予約なし」にもできるはず
なお、飛行機利用なしの場合
鉄道等の移動になるが
旅行会社で鉄道切符の手配をしてくれるし
予約なしで現地購入という方法もある。
(必ずとれる保証はないが)

航空券購入の注意点

空席の有無と合計金額

インターネットでお気に入りの航空券を見つけたら
申込番号を控えて旅行会社に電話
空席の有無と合計金額を確認しよう。
すでに満席ということもあるし
表示料金の他
発券手数料5千円だの
燃料サーチャージ、空港使用料で数万円だので
結果「他社より割高だった」
なんてこともある。
空席があり金額に納得したら
ネットで申し込もう!

キャンセルについて

重要なのはキャンセル
安いチケットは変更不可、高額なキャンセル料
が一般的 キャンセルにかかるトラブルも多いのだ。


イタリアへ向かう機内

(3)詳細な計画をたてる

どのようにまわるか?

自分のオリジナルな旅を作ろう!

航空券さえ予約すれば安心
個人旅行の場合、航空券だけ手配して
あとは現地で宿探し 行き当たりばったりの旅もできる。
(必ず宿がとれる保証はないが・・・)
ツアーでは訪れない地方へ行き小さなペンションに泊まることだってできる。
これぞ個人旅行の醍醐味だ!
逆に
鉄道に観光施設の入場券、レストランの予約など
かなり細かい手配もできる。

どこまで手配するかはその人次第だ。

連絡先のメモ

何かと便利

行程表に利用航空会社、ホテル、オプショナルツアー会社
海外旅行保険会社などの連絡先を控えよう。
ホテルなど住所も知っておいた方がいい。
機内で入国カードを書く時必要だ。
ちなみに
クレジットカード番号や自宅の住所など
外に漏れては困る情報はメモしない。

旅費のチェック

どれくらいの通貨が必要か?

どこへ行きたいか?
どこに訪れたいか?
分かってくると
大体の旅費が分かる。
ユーロ通貨をどれ位準備すればいいか
分かるだろう。

ちなみに

円からユーロの両替は日本国内でした方が
レートがよかった。
もしくはクレジットカードのレートもよかった。

詳しくはどこで両替するか?を参考にしてください。


どれ位両替すればいいか?

(4)交通機関の手配

鉄道が便利だった

日本でも時刻表は手に入る。

個人でイタリア(ヨーロッパ)周遊するなら
鉄道が便利、ヨーロッパは鉄道網が発達しているし
イタリアを含め高速鉄道もある。
さらに
日本の本屋でもヨーロッパ鉄道の時刻表
(トーマスクック時刻表)が手に入るので
計画をたてやすい。
ちなみに
日本で購入すれば日本語で時刻表の読み方が書いてある。

ユーレイルパスなど

さらに便利なのがユーレイルパスという周遊券
イタリアのみ有効のイタリアパスから
2~5ヶ国有効のセレクトパス
18ヶ国有効のグローバルパスなど様々
ユーレイルパスは外国人専用なので
日本で購入するのが基本
ネットで簡単に買えるはずだ。


ヨーロッパ周遊旅行に鉄道は便利

指定席や寝台車の予約

ヨーロッパの特急や急行には
自由席や立席はなく座席指定する必要がある。
ユーレイルパスを持っている人(パスホルダー)でも
座席指定なければ罰金をとられるのだ。
ただ、パスホルダーなら窓口で
数ユーロで簡単に座席指定できた。
日本でも旅行会社を通せば座席指定ができるが
千~3千円位の手数料がかかったと思う。

経験上

長距離寝台列車やリゾートエリア(フランスのニースなど)
へ行く鉄道は5日位前には満席だったこともあるので
短期間の旅なら日本で手配した方がいいかもしれない。

詳しくは鉄道の旅を楽しむを参考にして下さい。


簡易寝台車

(5)宿の予約

短期間の旅なら予約したい

宿探しの時間がもったいない

7~10日位の短期間の旅行なら
宿の予約をしたい。
宿探しの時間がもったいないのだ。

ゲストハウスの予約もできる

インターネットを通せば1泊20ユーロの
ゲストハウスやユースホステルの予約もできる。


ホステルに泊まる

長期間の場合は?

予定がずれることがある。

1ヶ月もかけて旅をするなら
途中で計画が変更になることも
しっかり予約することは勧めない。

現地で予約も

とはいえ、夏休みのシーズンになると
ユースホステルやゲストハウスも満室ということがある。
重い荷物を持って断られ、また他の宿探しとなると辛いもの
しかし、今はスマートフォンを使い
ホテル予約サイトをチェック
次の目的地の予約をすることもできる。
予約しなくても
空室情報のチェックもできるのだ。

宿探し

予約をせずに宿探しをする場合
駅周辺に30~50ユーロ程度の安い宿を見かけることがある。
ガイドブックの地図を開いても駅周辺にHのマークをよく見かけるはずだ。
経験上、ヨーロッパで宿がなくて困ったことはないし
地方など穴場ホテルを見つけることがあった。
(保障はできないが)


駅周辺に宿が多い(ローマ テルミニ駅周辺)

(6)便利!オプショナルツアー

単なる観光だけではない

個人旅行でも便利なプランがある

個人旅行でも活用したいのがオプショナルツアー
現地発のツアーであるが、単なる観光だけではなく
レストランの予約、有名観光スポットの優先入場券
エンターテイメントなどその種類は豊富
何かと便利なのだ。

優先入場券

混雑を避ける

例えば
ローマのコロッセオ、バチカン博物館
は夏のシーズンになると凄い行列
並ぶだけでかなり時間のロスになる。
その時、優先入場券を手配することができる。

また

ミラノにある最後の晩餐で有名な
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会は
事前予約をしないと入れない。

そういった入場券も手配できる。


絵画「最後の晩餐」を見るには事前予約が必要
(サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会)

レストランの予約

本格料理を堪能する

旅行中 一度は高級レストランで本格的なコース料理を楽しみたい。
しかし、予約なしでは入れない。
予約できたとしても、メニュー内容が分からない
オプショナルツアーなら
レストランでのコース料理の予約もできるので安心だ。


レストランで食事

WiFiルータレンタル

いつでも連絡とれる

海外でも便利なスマートフォンやタブレット
しかし、どこでもWiFiが繋がるとは限らない。
1日300MB 680~1,280円位でWiFiルータのレンタルができる。
海外からでもインターネットやSNSができる。

詳しくは
オプショナルツアー

空港からのお迎え

必要ないだろう

オプショナルツアーでは空港からホテルまでの送迎サービスがあるが
好奇心旺盛の個人旅行者に必要はないだろう。
日本同様 主要な空港から街中までの交通機関は発達しているし安い。


フィウミチーノ空港からローマを結ぶ
レオナルドエクスプレス

3.個人旅行の注意点

(1)自己責任

トラブルも自分で対処

欠航や宿泊トラブルなど

添乗員同行のツアーなら困った時、添乗員に聞ける。
フリープランでも携帯電話を貸出し
困った時のサポートが受けられることがある。
個人旅行の場合、ホテルや交通機関でトラブルがあっても全て事故責任
旅行会社は手配さえしておけば、なんら責任はないのだ。
例えば
飛行機の遅れでホテルの宿泊 オプショナルツアーの参加ができなくても
個人で対処する必要がある。
その為にも連絡先は控えたい。

(2)片道切符の注意点

査証が必要

観光目的で免除されている。

航空券を片道だけ購入
帰りは現地で手配する場合、
査証が必要だ。

海外旅行をする場合
パスポートの他 査証が必要で

観光目的
90日以内の滞在
パスポートの残存期間3ヶ月以上
帰りの航空券を持っている

などの理由で免除されているのだ。
なお、状況次第では査証
又はそれに準ずるものが必要になることがある。

査証の申請

イタリア総領事館で申請できるが
旅行会社の代行も可能なことが多い。

(3)ツアーの方が安いことも

下手な個人旅行は割高

フリープランも安い

フリープランの場合
往復航空券に2~3万円追加する位で
ホテル4泊がセットになることも
ヨーロッパは物価が高く食事だけで
3~5千円位することもある。

パックツアーフリープランの方が
安いことがあるのだ。
個人なら
自由に好きな所へ行く
長期周遊など
オリジナルな旅をしたい。

両替する場所

ユーロの場合、両替する場所によって
レートが大きく異なり
1ユーロ 160~240円位の開きがあることも
ツアーと比べ個人旅行は現地通貨を使うことが多いことから
両替する場所によって出費が大きく異なる。
詳しくはどこで両替するか?を参考にしてください。

4.おすすめ旅行会社

HIS(エイチアイエス)

安くて安心

豊富なプラン

高い人気がある旅行会社
航空券にツアー、ホテルなど
数多くのプランが紹介されている。

安心感があった。

旅行会社によっては
燃料サーチャージや発券手数料を高く設定することがあるが
そういった点も見られなかった。

詳しくは