タイ旅行の情報

 

1.安さならフリープラン

(1)フリープランとは?

往復航空券+ホテルセット

現地自由

旅行会社のサイトで海外ツアーを検索すると
バンコク4日間19,800円とかプーケット29,800円なんて表示を見る。
その多くはフリープランといい。
往復航空券とホテルのセット
添乗員は同行せず現地自由である。
シーズンや条件によるが値段は安く
往復航空券と同じ位の値段でホテルがセットになる。
エコノミーホテルでも広くて清潔な部屋であるのがほとんどだ。


自由気ままにバンコクを歩く

LCC(格安航空会社)利用でも調べよう

ライオンエアーやエアアジアなどLCC(格安航空会社)の場合
直接航空会社のサイトから安くチケットが手に入るが
フリープランだとさらに安く提供されることがあるのだ。

選択幅があることも

追加料金で航空会社の変更やビジネスクラスや高級ホテルへの
アップグレードもできることがある。
ただし
ビジネスクラスだと旅行代金が3倍位に跳ね上がり
個人旅行の方が安くなることがある。


航空会社を選べることも

安い・安心・自由

サポート充実

旅行会社によっては
空港からホテルまでの送迎サービス
バンコクなど現地に事務所を設け
携帯電話を貸出、困ったときのサポートサービスを実施することがある。
他にも、バンコクなど日本語オプショナルツアーも充実
レストランの予約をしたり、日本語可能ホテルに泊まったり
いろいろ組み合わせることで、パックツアーに近い形もとれる。
もちろん、それらの予約をせず自由気ままに街歩きをしたり
バンコクから個人で郊外旅行することもできる。


バンコク発 象乗り体験

フリープランでも値段に開きがある

出発シーズンなど

6月や9月の平日と比べ
年末やGW、お盆だと
値段は2.5~3倍位跳ね上がることがある。
出国日が土曜日
又は
帰国日が日曜日だと
5千~1万円の追加料金がかかることも多い。

バーゲン品

航空会社やホテル未定のプランが破格で売られることがあり
それこそバンコク4日間15,800円なんて信じられない値段が表示されることがある。
余った航空券やホテルの寄せ集めをバーゲン品として売り出すのだ。
経験上1週間位前に航空会社やホテルを通知してくれるが
旅行代金支払い前に教えてくれることがあった。

経験上

LCC(格安航空会社)や
上海や香港などの経由便
(乗継分2~6時間位のロスがあることが多い)
といった航空会社で日本航空やタイ国際航空などは望めない。
ホテルはエコノミーホテルであった。

しかし

出発日、帰国日は選択できる。
旅行会社で紹介される以上
エコノミーホテルでも清潔・快適なのがほとんど
時間的余裕があるならお勧めだ。


エコノミーホテルでもそこそこ快適

(2)フリープランの注意点

以下の条件を求められる

バンコクなど1ヶ所滞在型

フリープランはバンコク、プーケットなど
人気スポット1ヶ所滞在が一般的
タイ各地を周遊する旅行には不向きだ。
また
バンコク滞在中 アユタヤへ行き
そこで1泊すると言っても応じてくれない(安くはならない)
もちろん、1泊目はAホテル2泊目はBホテルというのもできない。
フリープランとはいえ、契約上ではパックツアー(募集型企画旅行)なので
セットされてしまうのだ。
周遊旅行をするなら個人旅行がお勧めだ。

4~8日程度

追加料金で延泊に応じてくれることもあるが割高になり
結果、航空券やホテルを別々に手配する個人旅行の方が安くなることがある。

2人以上

フリープランとは2人1部屋で設定されている。
1人参加だと1人部屋追加料金がかかり
それが1~2万円と結構することも
結果、航空券やホテルを別々に手配する個人旅行の方が安くなることがある。

ハイシーズンは安くならない

GW、お盆、年末といったハイシーズン
旅行代金はオフシーズンの2.5~3倍にあがることはザラ
もしくは、その日は企画されない。
結果、航空券やホテルを別々に手配する個人旅行の方が安くなることがある。

その他

表示価格だけではない

バンコク4日間19,800円と表示してあっても
空港使用料、各種税金、保険、燃料サーチャージ等
3万5千円位することがある。
上海や香港経由便の場合
経由地の空港使用料もかかるのでさらに値段は高くなる。
電話等で合計金額を聞いておこう。

融通が利かないことも

旅行会社とのトラブルに多いのはキャンセル時
安い分キャンセルや変更ができない。
もしくは多額のキャンセル料がかかることが多い。
予約時、キャンセル変更について聞いておこう。

(4)お勧めサイト「HIS」

現地デスクもある

お勧めはHIS
バンコクなどに現地デスクを設け
分からないことは聞けるし
チケットやツアーの手配も可能
日本の旅行会社だけに安心感は大きい。

海外旅行→ツアーを選択
条件を入力、安い順に検索すると
多くのフリープランが表示された。

2.個人旅行

(1)自由な個人旅行

個人旅行が安いことも

周遊旅行など

周遊旅行、長期滞在に一人旅、ハイシーズンなど
フリープランよりも個人旅行にした方が安いことがある。
何よりも 自由な旅行ができるのが魅力
例えば
旅行会社では紹介されないようなゲストハウスに泊まる。
一般の観光客が訪れないような所へ行き、そこで滞在する等


長距離鉄道でタイをまわる
(個人旅行だからこそできる)

(2)個人旅行のしかた

インターネットで細かな手配ができる

鉄道チケットやショーの予約も

インターネットを使えば
航空券はもちろん
1泊数百円のゲストハウスから数万円はするような高級ホテル
鉄道チケット
現地発オプショナルツアー
レストランの予約だってできるのだ。

予約なしや現地予約も

個人旅行だから航空券だけ手配して
あとは現地で探す行き当たりバッタリの旅もできる。
思わぬ発見や感動に出会えることも。
スマートフォンを使って現地で手配も可能
日本と同じような感覚でスマホは使えた。
日本からWiFiルーターをレンタルしたり
SIMフリーなら空港でSIMを入れてセットしてくれる。

ちなみに

航空券は往復がいい。
片道航空券だと査証が必要になる。


バックパッカーの聖地「カオサン」
(安宿が多い)

手配の流れ

まずは計画をたてる

ガイドブックを開いて
出国日、帰国日
どこをまわるか
大雑把でいいので
計画をたてよう。

航空券

個人で海外旅行をする場合
まずは、航空券の手配を始める。
旅行会社の航空券や
各航空会社の正規割引航空券を検索するのもいいが
お勧めは航空券比較サイト
往復の出発日、出発地、目的地を入力して
安い順で検索するとズラーっと航空会社が表示される。
そこで自分好みの航空会社を選択すればいい。
シーズンによっては往復2万円台のチケットもある。

航空券 お勧めサイト「エアトリ」

航空券の種類が豊富であった。
お得な航空券も多い。
2都市以上周遊を選択し
成田→チェンマイ→バンコク→成田
という選択も可能
チェンマイ→バンコクのみ外して
その間はバスや鉄道で移動することもできる。



鉄道やタイ国内航空券

バスでタイ国内をまわる場合
現地で切符を購入する。
カオサン(バンコク)やチェンマイ
を歩くと旅行社があり、
長距離バスのチケットを扱っている。
鉄道も駅で購入することができるが
タイ鉄道予約サイト
事前に予約可能だ。
利用方法は簡単
英語サイトにして
東北線「North Eastern」
Origin
NONG KHAI(ノンカーイ)
Destinetion
BANGKOK
出発日や人数を入力すれば
ズラーと表示されるので
好きな列車等級を選択すればいい。
クレジットカードは必要だ。
値段は安く
ノンカーイ~バンコク11時間位の夜行列車
1等寝台でも6千円しない位 2等は3千円台だった。
バンコク~チェンマイなど
バンコク~ウドーン・ターニなど
飛行機が早くて便利なことも
タイ国内線はインターネット予約が安い。

ちなみに
飛行機の遅れを考慮して
タイ国内の移動は
到着の翌日以降にしている。


タイ鉄道の2等寝台
(バンコクからチェンマイやノンカーイへ行くのにいい)

宿の予約

昔は予約できるホテルはある程度高級ホテルと言われていたが
現在は1泊数百円のゲストハウスだって予約ができる。
ただ、安宿でもいいなら、タイ旅行中、宿がなくて困ったことはない。
予約しない場合、実際に部屋を見せてもらってから決めることができるし
オフシーズンだと安くしてくれることもある。
ただ、絶対部屋があると保証できるものではないので、心配なら予約しよう。

1泊3千円を超すような中級レベル以上のホテルに泊まるなら
事前予約を勧める。

お勧めサイト アゴダ(agoda)

自分自身 タイ旅行中
アゴダの予約サイトを利用した。
扱う宿のジャンルが広く
さらに、通常より安く提供してくれるのだ。
前日の夜でも予約ができた。

その他 オプション

現地発のオプショナルツアー
エンターティメント
食事、体験
空港送迎
貸切タクシーなど
細かなプランもインターネット予約が可能だ。
スマホがあれば現地でも手配できる。

お勧めオプショナルツアーサイト



海外旅行保険

加入することを勧める。
ケガ、病気、盗難、賠償責任などサポート
そして、困ったときの日本語サポートサービスもあるので
精神的にも安心だ。
バンコクに現地オフィスがあることが多い。

(2)個人旅行の注意点

自分で対処する必要がある

自分で対処する必要がある

いくら、スマホやネット環境が充実しても個人旅行
ツアー(フリープラン)と比べると不安やリスクはある。

例えば

言葉が通じない現地での交通機関

旅慣れないと

「騙されているのでは?」
「どこかに連れてかれてしまうのでは?」

そういった不安もある。

旅行中、具合が悪くなったり、
荷物の紛失や忘れ物があっても
個人だと対処は困難だし
日本ほど親身になって
対応してくれるとは限らないのだ。

何でも自分で対処する気持ちがほしい。

好奇心と冒険心がほしい

個人旅行なら

多少のトラブルも楽しめる程度に

そして

好奇心と冒険心がほしい!

その他 注意点

航空券は表示価格だけではない

バンコク往復19,800円と表示してあっても
空港使用料、各種税金、保険、燃料サーチャージ等で
38,000円位になるのが普通
香港やハノイなどの経由便利用の場合
経由地の空港使用料もかかる。
また、空席がない場合もあるので
旅行会社を通す場合、電話で空席の有無や合計金額を確認した方がいい。
ただ、エアトリのような航空券検索サイトの場合
空席がある航空会社のみ表示
その航空会社を選択すると
全て含みの料金が表示され便利だ。

旅行会社は手配だけ

旅行会社と通しても原則「手配旅行」として契約される。
つまり、手配さえすれば責任を負わない
例えば
飛行機が欠航になり
その日のホテルに泊まれない場合
航空券+ホテルセットのフリープランは旅行会社側で対応してくれるが
個人の場合は個人の責任で対応する。
キャンセルができなくても旅行会社側は何もしない。

3.その他、格安旅行方法

(1)インターネットを活用しよう

電話や店舗でも対応できるが

旅行会社の店舗へ行った方が、安心感はあるが勧めない。
旅行会社によるがインターネットと比べ5~8千円位の予約手数料を取ることがある。
扱うプランもグンと減るのだ。
インターネットだと扱うプランも多いうえに
複数の旅行会社や航空会社で比較できる
ネット限定格安プランもある。

(2)シーズンにより料金が変動する

2.5~3倍位の違いがある

シーズンによる変動

フリープランや航空料金はシーズンによる開きが大きく2.5~3倍位の違いがあることも
チケットの売れ具合でも料金が変動するので一概には言えないが。
大きく3つに分けると

① ハイシーズン
GW、8月中旬頃、年末 等
最も高く通常3万円の所7~9万円になることがある。
ハイシーズンでも数日ずらせば②の料金になり、かなりお得に感じることも

② 学生の長期休暇
3月、8月、12月下旬頃
通常の1.5倍になることがある。

③ その他
閑散期で安い、特にタイでは雨期にあたる
5月中旬~10月中旬の閑散期は安くなる傾向がある。

出発日による変動

土祝日出発や日曜祝日到着など
航空料金やフリープランの料金が
5千~1万円程度増加することがある。

(3)何日前に予約する?

旅行代金が変動する

高くなったり安くなったり

航空券の多くはチケット売れ具合により値段が変わる
例えば
2ヵ月前は36,800円なのに
2週間前だと52,000円になることがあるし
逆に安くなることもある。
フリープランも1~3ヵ月単位で旅行代金の見直しを行っており変動する。

いつ頃がベスト?

では何日前に予約するのがいいか?
変動するので何とも言えないが
経験上
通常期なら2~3ヵ月前がベストだと思う。
安い上に、多くの空席が残っていた。
それ以降、徐々に料金が上がることが多い。

ちなみに

GW、お盆、年末といったハイシーズンなら売れ切れるのも早いので3ヵ月前には予約したいと思った。

(4)ビジネスクラスが安いことも!?

+1万円でビジネスクラスも!?

通常、エコノミークラスが4万円とすれば
ビジネスクラスは10~15万円位するものだ。
ただ、エコノミークラスはシーズンによる変動が大きく
ハイシーズンになると8万円以上跳ね上がることもあるし。
安いチケットは売切 12万円のチケットのみということも
ビジネスクラスはシーズンによる変動が小さい為
エコノミー+1万円位でビジネスクラスに乗れることもあるのだ。
専用ラウンジにコース料理の機内食エコノミークラスとビジネスクラスの違い
をみて分かる通りまるで雲泥の差だ。
ハイシーズンで航空券を探すならビジネスクラスもチェックしよう。


ビジネスクラスの旅もいい

(5)キャンセル・変更

制約がある

多額のキャンセル料など

同じ航空会社
同じクラスでも
一方は52,000円
もう一方は60,000円なんてことがあった。
安い方は変更キャンセル共に不可
もう一方は+2万円で変更可能というチケットであった。
安いチケットやプランだと、変更やキャンセルについて
制約が大きいので購入前に確認しておこう。

(5)LCC(格安航空会社)利用の注意点

受託荷物 事前申請

必ず申請しよう

ライオンエアーにエアアジア、スクートなど
格安で気軽に利用できるLCC(格安航空会社)
ただ、荷物の重量やサイズ制限は厳しく
機内持込荷物のみ、7㎏までという制限がある。
80Lもあるような大きなスーツケースならまずアウトだ。
しかし、追加料金を払えば荷物を預けることが可能
その時は必ず事前申請しよう。
申請をしてないと通常1,500円位の所が4,000円以上になるのだ。
インターネットで申請可能
スマホも使えるので帰国便は旅先で申請することもできる。
航空会社によって異なるが4時間前まで申請すればOKなど

キャンセルや変更

ライオンエアーは追加料金で変更可能
スマホでも簡単に変更手続きができる。
変更する日にもよるが
追加料金が1万8千~2万3千円など
結構高額なのだ。


LCCは安いが注意点もある

 

タイ旅行の情報