経験から
主に甲信越(長野、新潟、群馬)
付近のスキー場について
何月がベストか
まとめてみました。

 

スキー旅行

 

スキーシーズン

(1)12月中旬~4月上旬が多い

スキー場によって異なる

GWにスキーできる所も

長野県のスキー場を見ると

例えば

野沢温泉スキー場は
11月下旬~5月上旬(GW)

志賀高原スキー場は
12月上旬~5月上旬(GW)

ただ

関東甲信越エリアで
調べると
12月中旬~4月上旬が多い


12月オープン
(木島平スキー場)


GW山の上ではスキーできることも
(白馬五竜)

オープンしないことも

少雪や気温が高い為
オープン予定日になっても
オープンできないスキー場もある。

出発前に確認したい。

(2)12月中旬は赤字覚悟のオープンも?

年末に備える?

リフト1基だけも?

12月中旬になると
スノーマシンを使ってでも
強引にオープンすることが多い。

聞いた所

この時まで
オープンしないと
年末年始に影響が
あるらしい。

ただし

人は数える位
リフトが6~7基あっても
1~2基しか
動いていないことも

とはいえ
高温でスノーマシン
の運転もできず
閉鎖していることもある。

(3)3月上旬クローズも

暖冬の影響

暖冬の影響で
3月上旬
中には2月に閉鎖する
スキー場があった。

3月は春休みシーズンだが
小規模スキー場なら
採算とるのが難しいのだろう。


最終日
こんなだったことも

1.12月中旬~下旬のスキー

(1)初滑り割引も

12月中旬まで
多くのスキー場がオープン

初日はリフト券無料であったり
大幅に安くなることがある。

他にも

オープン最初の1週間位は
2~3割安いことも

いくつか例を挙げると

戸隠スキー場

リフト1日券4,500円の所

オープン日最初の2日1,500円
その後5日間3,000円

白馬栂池高原スキー場

リフト1日券5,500円の所

12月中旬まで4,000円

志賀高原スキー場

リフト1日券6,000円の所

12月中旬まで5,000円

野沢温泉スキー場

リフト1日券5,200円の所

12月中旬まで3,800円

2021年~22年


12月はお得なリフト券も

(2)スキーヤーも少ない

スムーズ

クリスマス前までは
スキーヤーの数も少ない。

運がよければ
1コース独り占め
できることもあった。


ほぼ独り占め

(3)リフトほとんど運行してないことも

年末年始の書入れに
ひびくため
この季節は赤字覚悟で
営業してることがある

十分な積雪・雪質でも
リフトは1~2基しか
動いておらず

コースもほとんど閉鎖
すぐに飽きてしまうことがあった。

出発前に
コースやリフト運行状況
を確認しておこう。

(4)雪質よくないことも

年末年始の書入れに
ひびくため
雪がなくても
スノーマシンで
雪を作っていることが多い。

昼になると
雪がとけてしまい
ネチョネチョになり
土が見えることも


こんな感じも

2.年末年始

(1)活気づく

年末年始になると
多くのスキーヤーで賑わう。
リフトもほぼ全て運行
スキー場内や周辺の
飲食店も賑わう。

(2)混雑はするけど

混雑はするものの
リフトの高速化・大量輸送
そして
スキー人口減少など
リフトで1時間も待つことは
ほとんどなく

経験上

長くて10分など

強いて言うなら
有名スキー場
ゴンドラ乗場なら
朝方 長蛇の列
30分位待つことがあった。


朝は列ができることも
ただ、意外にスムーズ!?
(栂池高原)

(3)割引ほとんどなし

スキー場にとっては
書き入れ時
割引は少なく
宿や交通費(ツアー代金)
も高くなるのが一般的

3.1~2月

(1)穴場的シーズン?

雪質がいい

1月中旬~2月下旬ともなれば
積雪も安定し
雪質もよくなることが多い。
スキーヤーも
多すぎず、少なすぎず
といったところ

スキー場によっては
感謝デーを設け
リフト代を安く
することがある。


1~2月はベスト
(栂池高原スキー場)

4.3~4月

(1)春休みスキーシーズン

学生で賑わう

春休みシーズンになると
学生で賑わうスキー場が多く
スキー場周辺の
宿や飲食店も活気づく。

とはいえ

長蛇の列
というのは稀

暑いことも!

3月中旬の晴天日になれば
昼間は暑く
スキーウェアを
脱いで滑る人もいる位

コンディションもいい。

ただ

天気は変わりやすく
吹雪くこともある。


春スキーを楽しむ
(戸狩温泉スキー場)

(2)3月下旬~春割引も

2~3割割引!?

3月下旬から
春スキーの割引になる

しかし

このあたりから
雪はネチョネチョしたり
一部のコースしか
滑れないなど
制限がかかることが多い。

事前に雪の状況を確認したい。

いくつか例を挙げると

戸隠スキー場

リフト1日券4,500円の所

3月下旬は3,000円

白馬栂池高原スキー場

リフト1日券5,500円の所

3月中旬~5月まで4,000円

志賀高原スキー場

リフト1日券6,000円の所

4月~5月まで5,000円

野沢温泉スキー場

リフト1日券5,200円の所

3月下旬~5月まで4,100円

5.その他

(1)吹雪・雨

辛い

スキー場とて冬山である。
吹雪になれば
ほとんど視界がないし
顔に雪が付いて冷たい
さらには
転ぶとウェアーの中に
雪が入ったりと辛い。

無理はしないようにしたい。
3~4月でも吹雪くことはある

もう一つは雨
ウェアーがビショビショになり
雪もビショビショ
思うように滑れない。
風邪をひかないようにしたい。

12月や3~4月の他
1~2月でも雨が降ることがある。


吹雪はかなり辛い

 




 

スキー旅行