フランス旅行より
パリの交通

RER(高速郊外鉄道)
を利用しよう!

ベルサイユ宮殿に
シャルル・ドゴール空港など
パリ郊外へ行く場合、
便利なのがRERである。





 ツイート


トップ
フランス旅行

お得な旅をしよう!
格安フランス旅行




パリ郊外へ行くのに便利なRER


目次
(クリックするとジャンプします)


1.地下鉄(メトロ)とRERの違い

2.RERの利用方法

3.さらに上手な利用方法







1.地下鉄(メトロ)と
RERの違い

14路線ある地下鉄と
5路線あるRER

ガイドブックなどでパリの
地下鉄路線図を見ると
地下鉄(メトロ)とRERに分かれている。
地下鉄は1〜14まで14路線あり、
RERはA〜Eまで5路線あるのだ。
パリ中心部は混在しているので
分かりにくいように思えるが
M(地下鉄)、RERと分かりやすく
表示されてあった。


RERと表示してある


パリ中心部の移動は地下鉄が便利
地下鉄はRERと比べ駅と駅との距離が短く
地下鉄5駅=RER2駅位だ。
さらに
14路線と路線数が多く約5分間隔と
頻発している。
ノートルダム大聖堂、ルーブル美術館に
エッフェル塔、モンマルトルなど
パリ中心部のちょっとした移動なら
地下鉄が便利
地下鉄の方が利用しやすい
便利なのは運賃均一(1.8ユーロ)
さらにRERの場合は郊外へ出ると
枝分かれするので
注意しないと乗り間違えることもある。
さらにRERと比べ治安がいいように思えた。

詳しくは
地下鉄を利用しよう


パリ郊外へ行くのはRER
パリ中心部からベルサイユ宮殿や
パリディズニーランドなど
郊外へ行く場合はRERが便利である。
ドッシリした車両 シートも比較的ゆったり
駅間も長く、スピード感、安定感がある。
2階建て車両でシートも比較的ゆったり
地下鉄が普通列車なら
特急列車に乗った気分だった。

RERの注意点
・運賃均一ではない。
目的の駅まで切符を買う必要がある。
(日本のように乗り越し清算という
習慣がないので罰金となる。)

・途中で枝分かれしている
乗り間違えのリスクがある。
距離も長いのでとんでもない方向へ
行ってしまうこともある。
乗り間違えると時間のロスも大きいし
不慣れな海外不安も大きい。

・治安が悪い
地下鉄以上に治安が悪いように思えた。

詳しくは
RERの利用方法
にまとめました







2.RERの利用方法
基本的には地下鉄と同じだが
注意したい点もある。


1.まずは路線図を確認

大体のガイドブックには路線図が
掲載されているし、駅にもある。
RER A(RERのA線)というように
分かりやすく表示されているはずだ。
目的地の確認をしたい
先にも述べたとおり、途中で枝分かれしている。
路線図を見れば分かると思うが
同じA線でもA1とかA2というように
分かれている。


地下鉄とRERの路線図
(分かりやすい)


2.切符を購入

パリ市内ならメトロと同じ切符だ。
(1.9ユーロ)
ただし、メトロは均一運賃に対し
RERは郊外に出ると、その分運賃は上がる。
目的の駅まで購入しよう。
先にも述べたが乗越清算という習慣はない。
つまり
目的の駅まで切符を買ってないと
運賃+罰金をとられる。
おそらく+30ユーロ以上になろう。
窓口で購入した
日本同様、券売機があるので
それで切符を購入するのが一般的
心配ならば窓口での購入もいいと思った。
例えば、ベルサイユへ行くなら紙に
(Versailles.R.G)
とでも書いて見せれば購入できた。
確か
パリ中心部からベルサイユまで
3.35ユーロとのこと


窓口で切符を購入した。

3.ホームへ向かう
自動改札機に切符を入れてホームへ
RER AとかCというように分かりやすい
表示板があったので
路線を間違えることはないだろう。
列車の目的地を確認
先にも述べたとおり、RERは途中で
枝分かれしている。
さらに同じホームで行先が違う
列車が出ることが多い。
表示板を見ると出発時間と行先が
表示されているので確認をしよう。
例えば
ベルサイユへ行く場合は
13:18 Versailles.Rive.Gauche
(13:18発 ベルサイユ行)
という具合に表示されている。
途中で終点!?
目的の駅に着く前に終点ということがあった
後続の列車に乗ればいいのだが
言葉が通じない海外
少々不安になるかもしれない。


列車が到着
(乗り間違えないようにしよう)


4.乗車する
RERに乗車、2階建て車両が多く
シートもゆったり、
地下鉄と比べ、安定感やスピード感もある
途中から地上に出るので眺めもいい。
さらに、地下鉄と比べ
すいていることも多いのだ。
降りる駅に注意
車内放送はない(あってもフランス語
分からない)
路線図を見て今の場所、
あと何駅で到着するか確認したい。
ちなみに
パリ中心部からベルサイユまで
30分位だった。


車内の様子 



風景を楽しむ

5.目的地に到着
下車する。自動ドアではなく
押しボタン式も多いので
終点や主要な駅でない場合は注意しよう。
自動改札機を抜ける
地下鉄の出口に改札機はないが、
RERは出口にも改札機がある。
切符をなくさないようにしよう。
地下鉄も時々検札があるのでなくしては
いけない。


駅に到着



改札口の様子

6.その他
治安が悪い

経験上、地下鉄と比べ、
RERの方がすいていることが多い反面
治安が悪いように思えた。
特に夜など暗く人気がない。
(昼間でも暗い所があったが)
また
落書きだらけで
ゴミが散乱なんて所もあった。
実際、シャルルドゴール線など
スリが多いなど聞いたことがある。
神経質にならなくても不安なら
夜間の利用は控えた方がいいだろう。



3.さらに上手な利用方法
さらに上手なRER利用方法

メトロとRERの乗継

1回券=90分有効
パリ市内の移動ならメトロ RER、
路線バス トラム
と全て同じチケットで
均一料金である。(1.9ユーロ)
ちなみに1回券というより
90分有効券といった方がいいだろう。
最初の改札から90分有効券である。
つまり
有効時間内なら乗り換えが可能なのだ。
地下鉄(メトロ)とRERの乗継可能
注意したいのは何でも乗継可能ではなく
バスとトラム、
メトロとRER間などの乗継可能
さらに
メトロなど一度 外に出ると
90分以内でも無効になるとか?
少々ややこしい
いずれにせよ、メトロとRERの
乗継をしてみたが可能だった。
(それも乗継のとき一回外へ出た。)
地下鉄(メトロ)から
RERに乗り換えて郊外へ出る場合

RERでパリ郊外(ゾーン1以外)へ
行く場合は運賃があがる。
なので
パリ市内でメトロからRERに
乗り換えて郊外へ行く場合
その都度、切符を買うのではなく
最初に目的の駅までチケットを購入して
メトロからRERに乗り継ぐという
方法があるようだ。
1枚の切符でよく安上がり
ただし
メトロの駅では郊外までの
切符が購入できないことがあるので
やむなく
メトロとRER別々に切符を
買うこともあるようだ。
いずれにせよ
乗越清算という習慣がないので
目的の駅まで購入する必要がある。


地下鉄(メトロ)


フリー切符を利用する
Mobilis(モビリス)
モビリスというフリー切符
地下鉄(メトロ)やRER、路線バス、
トラム、深夜バスなど利用可能
例えば
1〜4ゾーン内有効で1日11.5ユーロだった。
ベルサイユは4ゾーンなので可能だ。
ベルサイユまで往復6.7ユーロなので
ベルサイユまでの
往復+地下鉄3回利用で元がとれる。

チケットの種類やゾーンについて
詳しくは

地下鉄を利用しよう
を参考にしてください。


ユーレイルパス利用可能なことも
RERはフランス国鉄(SNCF)と
パリ交通公団(RATP)が運用
SNCFが運用している線は
ユーレイルパスの利用が可能だ。
確か
A線は全線不可
B線はシャルルドゴール空港から
北駅まで可能
C〜E線は全線可能だった。

ベルサイユへは往復切符がいい?
世界的にも有名な
観光スポット「ベルサイユ」
RERのVersailles.R.G駅の
チケット売り場は混雑していることが多い。
最初に往復で買った方がよかった。


ベルサイユ宮殿にて


 ツイート





パリの交通に戻る


トップ
フランス旅行




(注意)
08年7月のフランス(ヨーロッパ)
旅行経験とその後の調査による。
主観的な内容も含まれており、
人による視点に違い
状況の変化、その他、
実際と異なることもあります。
参考程度に、自己責任で
調査をしてください。