ハワイ旅行より

格安で
ビジネスクラス
を利用しよう!

夢のようなひとときの
ビジネスクラス、高嶺の花
と思われるが
意外にも安く手配できる
こともあるのだ!
ビジネスクラスの魅力
と手配についてまとめて
みました。





ビジネスクラスで優雅な旅を!







トップ
ハワイ旅行の情報


格安フリープランや
格安個人旅行方法なども紹介

格安ハワイ旅行方法



ビジネスクラスと
エコノミークラスの違い

エコノミークラスと
ビジネスクラスの違いは大きいのだ!


専用チェックイン
まず空港に到着しチェックイン
旅行会社などから送られる
航空券引換証とパスポートを提示し
搭乗券を受け取るのだが、
チェックインカウンターは
エコノミークラスとビジネスクラス、
ファーストクラスに分かれている
場合が多く、エコノミークラスには
長い列ができていて、
ビジネスとファーストクラスは
ほとんど列ができておらず
スムーズにチェックインが
できることがある。




チェックインカウンター
エコノミークラス
ビジネスクラス
ファーストクラスに分かれる


機内受託荷物の制限の違い

チェックイン時に機内の預ける荷物の
重量制限、航空会社によって異なるが
エコノミークラスは23kg
ビジネスクラス31kgというように
重量制限の違いがある。
ちょっとしたオーバーでも
50$とか60$といった追加料金はかかる、
そうそう重量オーバー
になることはないと思うがスーツケース
だけでも5kg位あることもあるし
帰りはお土産などでかなりの
荷物になることもある。
そこにパソコンとか持ち込めば
23kg以上になるかもしれない。
(まあ、ちょっとしたオーバーなら
エコノミークラスの
方が安いと思うが・・・)

専用ラウンジ
出国審査後、いよいよ搭乗ゲートへ
出るが搭乗ゲートのエリアに
ビジネスクラス、ファーストクラスなら
専用ラウンジを設けていることが多い。
(正規料金のエコノミークラスを
含めることもある)
ゆったりとしたソファー、軽食や
ソフトドリンクビールやお酒、
ワインなどのバーがあり飲み放題
食べ放題インターネットや
LANケーブル、シャワールームなどの
サービスがある。
ハワイ旅行 ホノルル線は
夜に出ることが多いのでラウンジに
シャワーがあるのはうれしい。
ただ、航空会社によって若干異なり、
例えばシャワールームがない
ということもあった。
また、クレジットカードゴールド会員の
ラウンジサービスを設けていることもあるが
経験上ビジネスクラスや
ファーストクラスのラウンジの方が
サービスがよかった。
(ゴールド会員のラウンジなど
搭乗ゲートではなく出国手続き前の
フロアー(出発フロアー)
にあることもあった)




専用ラウンジ ドリンクや
軽食のバーがある。
自分はここで昼食をとった。



機内の様子

航空会社によるがエコノミークラスの
シートピッチが70〜80cmに対し
ビジネスクラスなら140〜170cm位ある。
実際座ってみるとエコノミークラスは
高速バスなみに感じるのに対し
新幹線のグリーン席以上に
ゆったりしている。
ということが多い。
特にハワイへ行くには
日付変更線を越すことからゆったりと
寝て行きたいものだ!
また、乗客数に対しフライトアテンダント
の人数も多いのできめ細かい
サービスが提供される。
航空会社によっては
アメニティーグッツのサービスもある。


ビジネスクラス


エコノミークラス


ドリンク

まずはアルコール 
これも航空会社によって異なるが
一般的にエコノミークラスなら
ワインとか缶ビールといったところで
有料ということもある。
ビジネスクラスなら
ビールワインの他、
シャンパンもオーダーできることが多い。



シャンパンもある!

ソフトドリンクも

エコノミークラスは紙コップや
プラスチックカップ入が多いのに対し
ビジネスクラスなら陶器やグラスで
持ってきてくれるしドリンクの追加など
細かいサービスにも対応してくれる。

機内食
エコノミークラスならプラスチックの
容器に入っていることが多い。
また、順次配られ15分位たったら
回収に来るといった形が多い。
ゆっくり食べていても問題はないが、
その前にすぐ食べ終わってしまう。
ビジネスクラスなら前菜、
メインデッシュ、デザートとコースで出るし
一人一人のペースに合わせて
持ってきてくれるのでゆっくりと
味わえる。
フルーツが出されることもあった。
ハワイ旅行をより楽しませてくれる。






ビジネスクラスの機内食
コースで出される。






エコノミークラスの機内食
他の路線 他の航空会社の
機内食だが
だいたいこのような感じ)





格安でビジネスクラス
を利用しよう


格安航空券利用
インターネットで調べると
ハワイ旅行では数多くのフリープランや
格安航空券の販売がされている。
フリープランでも追加料金で
ビジネスクラスにアップグレード
できるプランもあるが
その追加金額 航空会社によるが
15万円とか20万円というのが普通
元の旅行代金が15万円なら
単純に倍額になってしまう。
「それならエコノミークラスでいいや」
と思ってしまうだろう。
ただ格安航空券の場合 
ネットで格安ビジネスクラスの
チケットを提供する
旅行会社もありビジネスクラスの
チケットが12万円位ということがあった。
ビジネスクラス利用なら
フリープランより格安航空券と
ホテルを別々に手配する
個人旅行の方が
安いことがあるのだ。
私はピークシーズンちょっと前に
利用することが多い。
これも航空会社や状況にもよるが
例えば
オフシーズンの場合
エコノミークラス5万円
ビジネスクラス10万円
ピークシーズンは
エコノミークラス8万円
ビジネスクラス12万円というように
格安航空券は値段の変動も
大きくピークシーズンになると
値上がりする。
しかし経験から、
ビジネスクラスとエコノミークラスの
値上がりにずれが生じ
その差が縮むことがある。
数万円の追加でビジネスクラスを
利用できることもあった。
また、6万円位の売られていた
安いエコノミークラスは満席であり、
同じエコノミークラスでも12万円位
のチケットがあると言われたので
インターネットで他の
旅行会社で調べたら12万円ちょっとの
格安ビジネスクラスも
売られていたので
実質的にはエコノミークラスに
数千円追加しただけで
ビジネスクラスになるという
こともあったのだ。
自分自身 ピークシーズンの
ちょっと前にビジネスクラスを
利用することが多い。

フリープラン利用
シーズンによるがフリープランでも
中華航空ホノルル線の場合
6万円位の追加でビジネスクラスに
アップグレードできることがあった。












自分にあった旅をしよう!

格安ハワイ旅行方法


とにかく安さを重視したい


格安志向だが安心も重視したい


格安に周遊旅行をしたい


周遊旅行したいけど安心重視


個人旅行を楽しもう!


格安オプショナルツアーに
参加しよう!





トップ
ハワイ旅行の情報


(注意)
2015年8月までの
旅行経験から2016年に
作成しました。
主観的な部分もあり
実際と異なることや、
状況が変化していることも
あります。
参考程度に自己責任
で調査してください。