ハワイ旅行より
ネイバーアイランド

ハワイ島の行きかた

オアフ島(ホノルル)に
訪れる旅行者が多いが
他の島に訪れ、
また違ったハワイのを
見てみたい!
大自然に囲まれた
ハワイ島はそういった人
を満足させるだろう。
このページはハワイ島
の行きかたについて
紹介します。



 ツイート


ハワイ島へ向け出発!
(ハワイアン航空)






 ツイート










トップ
ハワイ旅行の情報


格安フリープランや
格安個人旅行方法なども紹介

格安ハワイ旅行方法




簡単に行けるハワイ島
ハワイ旅行といえばオアフ島の
ホノルル国際港空港に到着し
ワイキキのホテルに滞在するのが
一般的 しかし、
他にも多くの島があり
また違った世界が広がるのだ。
また、インターネットで調べると
そのような島(ネイバーアイランド)へ
訪れるツアーも多く、
気軽に訪れることができる。
ある程度の下調べは必要だが
個人でも行くことは可能だ
航空券やハワイ島のホテル、
レンタカーもインターネットで
簡単に手配できる。


代表的な観光スポット
「キラウエア火山」



ハワイ島までの道
ハワイ島までの道と注意点
をいくつかまとめました。

ホノルルからヒロ空港、
コナ空港まで飛行機を利用

ハワイ島へ行く人の多くは
ホノルル国際空港からハワイ島の
ヒロ空港またはコナ空港
まで飛行機を利用する
場合が多い。
ハワイアン航空利用が多い
ホノルル国際空港からハワイ島までは
いくつかの航空会社があるが
本数が多いことや日本語サイトで
簡単に予約できることから
ハワイアン航空を利用することが多い。
おそらくツアーでもハワイアン航空利用
が多いのでは?
シーズンや状況にもよるだろうが
ヒロ空港まで1日15便 コナ空港まで
20便以上出ていた。
飛行機というより高速バスに乗るような
気軽さであった。
その他の航空会社
「ゴーエアライン」とか
「アイランド・エアー」といった
航空会社がある。
プロペラ機を利用する航空会社もあり
興味深いものがあるが
1日1本2本と本数が少なかったり
時間がかかる。
英語のサイトしかないなど
少々不便なことも多い。


いろんな航空会社がある。


チェックイン

(個人旅行の場合はチェックインの場所
などの確認も)
国際便より時間はかからなかったが、
チェックインカウンターは
混雑していることがあったし、
セキュリティーチェックもあったし
20分位前には搭乗できることが
あったので
1時間前には空港の
チェックインカウンターに着くようにした。
なお、ホノルル国際空港のように
大きな空港など航空会社によって
チェックインする場所が違っていたので
時間に余裕を持つか、前もって場所を
確認おこう。
厳密にいえばヒロ空港でも
迷うことがあったので早めがいいと思った。


ホノルル国際空港に到着
チェックインをする。
(航空会社によって場所が
異なるので注意)


フライト時間

航空会社にもよるがハワイアン航空で
ホノルル〜ヒロ又はコナで
1時間弱といったところか?
あっという間に着いてしまう。
航空会社によっても違いがあるようだ。
機内サービス
ハワイアン航空を利用した経験から
わずか1時間弱
機内サービスはないと思った方がいい。
というより必要ない。
ただ、どちらか片道にパックに入った
オレンジジュースのサービスがあった。


オレンジジュースのサービス


注意点
パスポートを忘れずに
ホノルルから日帰りツアーでハワイ島
で行く場合などパスポートは必要である。
空港で提示を求められるのだ。
ツアー会社でも言われると思う。
重量超過手荷物
国際便と比べ厳しい基準が
設けられている場合がある。
ホノルル2泊+ハワイ島(コナ)2泊と
いうような周遊旅行の場合
全ての荷物を持って島間を移動
するかもしれないので超過料金が
かかるかも?
ただ、荷物1個10$といったように
それほどそれほど高くはないようだ。
ハワイ旅行の場合、大荷物になることも
あったのでよく確認しておこう。
一旦ホノルルに戻る
例えば
マウイ島(カフルイ空港)からハワイ島
(コナ空港、ヒロ空港へ移動する場合
マウイ島〜ハワイ島の方が距離的に
近いが一旦オアフ島(ホノルル国際空港)
に戻って乗り換えることが多い。
まれに直行便もあったがその数は
少ないようだ。

ハワイ島の行きかた
私の知っている限りで
ハワイ島の行きかたを挙げると


方法1
「ハワイ島+ホノルル6日」かといった
プランに参加する。

方法2
ホノルルフリープランに参加し、
日帰りのハワイ島ツアーに
参加する。

方法3
個人で訪れる


の3つが挙げられる。
それらについてメリットデメリットを
まとめてみました。

方法1
「ハワイ島+ホノルル6日」
かといったプランに参加する。

ハワイ旅行といえばハワイ6日間とか
8日間といったプランが定番だ。
そのほとんどがホノルル(ワイキキ)
のホテルに滞在することになるが
ハワイ島+ホノルル6日間といった
プランもある。


いろんなプランがあるが一つ例を
挙げると
1日目
成田空港からホノルル国際空港に
到着後 ハワイ島のコナ空港に直行
送迎車でホテルへ(カイルア・コナか
その周辺のホテルが多い。)
2日目
自由行動
リゾートでゆっくりしたりレンタカーや
オプショナルツアーでハワイ島を楽しんだり。
3日目
コナ空港からホノルル国際空港へ
送迎車でワイキキのホテル
4日目
自由行動
リゾートでゆっくりしたりレンタカーや
オプショナルツアーでオアフ島を
楽しんだり。
5日目
ホノルル国際空港から
帰路につく
6日目
成田空港着

といった具合だ。ハワイ島では島1周
など現地ツアーがセットされていたり
その関係上 ヒロ空港に降りてヒロで
宿泊といったプランもある。

なお、ハワイ島では
オプショナルツアーも多く
ヘリコプターでキラウエア火山に
接近するツアー 島1周、
4,000m級のマウナケア山での
サンセット(夕日)そして星空ツアーなど
がある。

メリット
安心
現地自由のフリープランとはいえ
形式上ではツアー さらに現地係員の
送迎付なら
初めてのハワイ旅行でも安心である。
実際、ワイキキとは異なり
ハワイ島には日本人旅行者は少なく
日本語通用度が低いのだ。
オプショナルツアーに参加すれば
言葉の心配もほとんどないし
フリープランなので自由でもある。
ハワイ島で宿泊できる
ワイキキ発のハワイ島ツアーもあるが
日帰りで慌しくなる。
それにコナの夕日 
ハワイ島のリゾートホテルで夜の
楽しいひとときを過ごしてみたい。
そういったニーズにも答えてくれる。
デメリット
高い
宿泊ホテルや出発シーズン
その他条件によって異なるが
基本的には割高だ。
例えば
ワイキキ滞在のハワイ6日間が
50,000円とすれば
ワイキキ+ハワイ島6日間で100,000円
になることもある。
また、ワイキキ発のハワイ島日帰り
ツアーが300$位で企画されていたので
結果的には割高になることが多い。
宿泊先が限られることもある。
ハワイ島ツアーの場合
カイルア・コナかその周辺の
リゾートホテルに宿泊することが多い。
その中で選択できることが多いが
ハワイ島にはもっと多くの宿泊設備がある。
ただ、ワイキキと比べ日本人旅行者の
少ないハワイ島
それだけ安心感のあるホテルを
選んでいるとも考えられる。


カイルア・コナを歩く
ワイキキと比べて素朴な感じだ!



方法2
ホノルルフリープランに
参加し、日帰りの
ハワイ島ツアーに参加する。

ワイキキにある主なホテルから送迎
が付くことが多い。
インターネットでも多く紹介され
日本語で簡単に予約できる。


ツアー内容
企画する会社によっていくらかの違いは
あると思うが
5:30前後 ワイキキの主なホテル
を出発
ホノルル国際空港から
ヒロ空港へ
ヒロ市内観光、黒砂海岸
キラウエア火山などをまわる。
ローカルなレストランで昼食
ヒロ空港からホノルル国際空港へ
20:30頃 ワイキキの主なホテルに戻る

といった具合、ツアーによって
まちまちだが300$位からあった。

メリット
安心
日本語で予約ができるし基本的には
日本人向けのツアー
安心してハワイ島をまわることができる。

割安
ツアーの内容やシーズンなどにより
いくつかの違いはあるが
ハワイ島に滞在
するプランより割安になる。

デメリット
日帰りで慌しい
ホノルルから飛行機で1時間弱で到着する
ハワイ島ではあるが
ビッグアイランドといわれるだけに
島は大きく1周するのに
7時間はかるくかかるような所だ。
それにいろんな魅力が詰まっている島
日帰りだと慌しいしちょっと
もったいない気がする。


アカカ滝にて


方法3
個人で訪れる
自分で航空券を手配して訪れる方法、
先にも述べた通り
ハワイアン航空なら便数も多いし
日本語サイトもあるので
簡単に航空券の手配ができる。
英語になってしまうがその他の
航空会社も
航空券の予約サイトがある。
インターネットでハワイ島のホテルや
レンタカーの手配もできるのだ。

宿泊の方がいい

日帰りでも行けないことはないが、
ハワイ島をしっかり楽しもうとするなら
宿泊をしたい。カイルア・コナをはじめ
ハワイ島には多くの宿泊設備がある。
交通機関
ハワイ島にも公共バス
がないわけではない。例えば
ヒロからコナまでヘイオン・バス
というのがあり無料だ。
しかし、1日1本しかでていないし、
かなり不便 道中だって
いろんなみどころがあるし
立ち寄りたいところがある。
広いハワイ島できればレンタカーを
利用したい。
メイン道路で1周するのに距離は
350kmほど、だいたい
7時間位で1周できた。
運転が心配という旅行者なら
ハワイ島発のオプショナルツアーがある。
なお、カイルア・コナから近くの
ショッピングセンターといったような場合
ショッピングトロリーが出ていて無料だ。
ただ、昼間でも1〜3時間に1本など
頻発しているわけで
はないので注意したい。

メリット
オリジナルな旅ができる
例えば レンタカーでヒロ空港(コナ空港)
を出発キラウエア火山の
ボルケーノビレッジにある
B&B(ベッド アンド ブレックファース
ト「民宿」)に泊まり
アットホームな夜を過ごすなど
よりオリジナルな旅ができる。
それに、インターネットの普及で
航空券やホテル
(B&Bやコンドミニアムも含む)
レンタカーの手配も簡単にできるし、
心配なら一部はオプショナルツアーに
参加するという方法もある。
個人旅行の醍醐味だ。

デメリット
自己責任を問われる。
旅行会社を通しても航空券やホテルの
手配ができるがあくまでも代行を行った
だけで手配さえすれば、あとは個人の
責任となる。なにがあっても自分で
対処する必要がある。もちろん計画も
自分でたてることになる。
また、ハワイに慣れていない限り、
途中で道に迷ってしまうなど
思わぬトラブルが発生して
効率が悪くなることもあった。


個人ならレンタカーが便利だった。












トップに戻る
ハワイ旅行の情報


(注意)
2010年12月の旅行経験から
2011年に作成しました。
主観的な部分もあり実際と
異なることや、状況が
変化していることもあります。
参考程度に自己責任
のもとで調査してください。