ハワイ旅行の交通機関

オアフ島の
路線バス
「ザ・バス」

公共交通機関で
オアフ島内を
移動するなら便利
運賃も安く1回2.5ドルで
島の端まで
行けてしまうのだ。
ワイキキから個人で
ハナウマ湾や
シーサイドライフパーク
パールハーバーなど
へ行くのにいい。
ザ・バスの魅力や
乗車方法について
まとめてみました(^0^)



  


オアフ島内の移動に便利な
路線バス「ザ・バス」










トップ
ハワイ旅行の情報


格安フリープランや
格安個人旅行方法なども紹介

格安ハワイ旅行方法




安くて便利な
交通機関「ザ・バス」

オアフ島内のあちこちへ行ける
下の地図を見て分かるとおり、
オアフ島はバス路線が発達しており、
ワイキキから島の北端
ノースショア「タートルベイ・リゾート」
だって行ける。他にもハナウマ湾に、
パールハーバー
ドールプランテーション、
シーライフ・パークなど人気観光スポット
だって行くことができるのだ。
運賃も安い
値上げ傾向とはいえ1回あたりの
運賃が2.5ドル、どこまで行っても
均一なので、ワイキキの西側にある
アラモアナショッピングセンターから
北端のタートルベイ・リゾートまで
2.5ドルで行くことも可能だし
トランスファーなど上手に
使えば2.5ドルで島1周も
できることになる。
私の知っている限り最も
安い移動手段ではないかと思う。
乗車方法や注意点など
ただ、旅行者にとって不便に
思うことや乗車方法など
注意点も多い。
それらについてまとめました。


オアフ島の路線バス「ザ・バス」の
路線
(かなり大ざっぱです。)



ザ・バスの乗車方法
と注意点

基本的には日本と同じだ。
停留所からバスに乗車
前乗りで運賃先払い
料金箱に2.5ドルを入れて
次降りるときは窓のところに
あるヒモを引っ張ればいい。
しかし
細かく書けばいろんな
注意点もあるので
それらを含めて乗車方法
についてまとめてみました。



1.バスマップで乗車する
バスをチェック

まずは目的別にどのバスに
乗車すればいいかチェックしよう!

系統番号が頼り
日本の路線バスもそうだが
例えば
22番バスはワイキキ〜
ダイヤモンドヘッド入口〜
シーライフパーク・ハワイ
というように
行き先によって系統番号が
付けられている。
言葉も違うし土地に不慣れな
旅行者にとって系統番号は重要で
番号を頼りに乗車すると言っても
過言ではなかろう。
調べるとハワイ旅行のガイドブックに
主なワイキキから観光スポットに
向かうバス
番号が書かれているので、
それでチェックする方法がある。


左上の系統番号が頼りになった!


バス旅行専用のガイドブック
一般的なハワイ旅行の
ガイドブックにはザ・バスの
乗車方法や主な系統番号が
書かれていることがあり、
ホノルルのちょっとした移動なら
それでも十分かもしれない。
しかし
ザ・バスでオアフ島内をまわる旅を
するなら、前もってある程度の
計画をたてたいし
一般のガイドブックだけでは
十分とはいいがたいものがある。
例えば
始バスと終バスの時間
早朝に出かけようと思ってもバスが
出ていないこともある。
停留所の場所
ワイキキならクヒオ通りにほとんどの
バスが出ているので迷うこと
はなかったが、
ダウンタウンはゴチャゴチャして
いるうえにあちこちに停留所があり
停留所によって目的地が異なる。
一体 どこの停留所へ行けば
いいのか迷ってしまうのだ。
運行間隔
ワイキキの街中を歩くとザ・バスは
頻発しているように思えるが
郊外に出ると1時間に1本というように
本数がグンと減る。
週によっては運休ということも
あったのだ。
所要時間
目的地までどれくらい
時間かかるか調べたい
あちこちの停留所に停まる関係上
レンタカーや観光バスより
時間はかかる。

その場合はハワイ バス旅行専用の
ガイドブックもあり
バスの時刻表や主な停留所マップ
などが載っているので便利
それらを参考にした方がいい。

現地のバスマップ
主なバスセンターにはいくらかの
バスマップがあったが英語のみだし
分かりにくく活用することが
できなかった。


現地でもザ・バスの案内はあったが・・・


  2.停留所へ行く
ワイキキなら
クヒオ通り沿いなど

いうまでもないがバス停(停留所)が
あちこちにあり、ここからバスに
乗車する。
ワイキキならクヒオ通りを歩けば
「The Bus」と書かれた停留所が
あるのですぐ分かると思う。
また、バス停には大きな字で
系統番号が書かれているので
すぐに分かるはずだ。
ただ、上りと下りは
間違えないように注意しよう。
番号と一緒に英語で行き先も
表示されているので見れば
分かるはずだ。
どこに停留所があるの?
先にも述べたとおり、多くの
ホテルが建ち並ぶワイキキエリアなら
ほとんどのバスが
クヒオ通りから出ているので
そこへ行けばいい。
ダウンタウンなどゴチャゴチャして
分かりにくい。
ホノルル国際空港からザ・バスに
乗車する場合も 
空港自体が広いので
どこに停留所があるかも
分からないのだ。バス旅行専用の
ガイドブックがあれば便利だ。
また、係員に聞くときなど
「ザ・バス」というより「シティー・バス」
と言って聞いた方が
通りがよかった。


バス停の様子
(クヒオ通りにて)



  3.乗車する。
バスがやってきた乗車する。
乗車する番号のバスが来る。
日本と同様 乗る意思を示さないと
通過してしまう
こともあるので注意、前から
乗車して料金箱に
大人運賃2.5ドルを入れる。
大人一律2.5ドルなので安いが
お釣りがないので、
小銭の準備もしておこう。
細かいお金がない場合は
大きなお金を入れざるをえないのだ。
(バスパスを持っている場合は
パスを見せる。)
また、高齢者優先、
レディースファーストがしっかりしている。


乗車して運賃を払う
(お釣りはないので注意)



  4.車内の様子
基本的には日本と同じだが、
注意点を挙げると

高齢者優先席
日本のバス同様高齢者優先席
があり
日本語でも「この座席はお年寄りや
体の不自由な方のための
優先席です。」と書かれていた。
そうでなくても 高齢者には席を
譲るのは当たり前と思った方がいい。
禁止事項
禁煙、飲食禁止、携帯電話の通話禁止など日本のバスと同じような注意書きもあり
英語だが、図でも分かりやすく
表示してあった。

    車内の様子
お年寄りや体の不自由な方
のための優先席



5.下車する
次の停留所で降りる場合
日本のバスならブザー(押しボタン)にて
知らせるのが一般的だが
「ザ・バス」の場合は窓に金ヒモが
ぶらさがっているので
それを引っ張ると
「Stop Requested」と
放送され赤ランプが表示される。
分からないと「何だろう?」と
思ってしまう金ヒモだが
降りるわけではないのに
興味本位で引っ張らないようにしよう。


金ヒモを引っ張る


Stop Requestedが表示


問題はその降りる場所
車内のアナウンスや表示も
あるが英語のみだし、
似たような名前が
あったりして分かりにくい。
そこで私の経験からいくつか挙げると
メジャーな停留所
例えば
「パールハーバー」のバス停は
目立たないが 観光客風
(ほとんどアメリカ本国人だった。)の
人がドッと降りるので分かった。
また、ハナウマ湾もバスが
主要道路から外れて
広い駐車場に入るのだから
言葉が通じなくてもすぐ理解できた。
ダウンタウンやワイキキ
ダウンタウンやワイキキなど多くの
バス停がありあちこちに停車するので
最寄の停留所がつかみみくい。
ハワイ旅行のガイドブックに
地図があったので
おおよその場所をつかんで下車した。
人に聞く
すいている場合、行き場所を言えば
降りる場所を教えてくれることがあった。
運転手に聞く方法もあるが、
運転中は絶対に声をかけては
いけない。
日本も同じだ。


どのあたりを走って
いるのだろう?


ドアを開く
停車したら、降りるのだが
確か手動だったような気がする。
もしくは
自動では開かず
スイッチか何か押した
ような気がする。
他に降りる人がいたので、
気にならなかったのだが
一応注意しよう

便利な利用方法
お得で便利なバス旅行を!
トランスファー(乗り継ぎ券)
ザ・バスの場合「乗換券」を
もらうことにより追加料金なしで
乗換ができる。
方法としては
乗車時に
トランスファーチケットをもらう。
乗車するときに
「トランスファー プリーズ」とでも
いえば運転手がチケットを切ってくれる。
下車ではなく、乗車するときに
もらうので注意しよう。
有効は発行から2時間以内
チケットをもらって2時間以内の
乗り換えが条件となる。
トランスファーチケットをみる
と有効時間に切られていた。
(実際はアバウトだった。)
乗換バスに乗るとき
そのチケット脇の袋に
入れればよかった。
ちなみに時間内なら
同じルートのバスでも往復利用でも
可能とのこと
例えば
オアフ島北部(ノースショア)へ
行くバス(52番)はワイキキ西側の
アラモアナセンター
から出ているので、ホテルが多く並ぶ
ワイキキから
アラモアナセンターまで行き
アラモアナセンターでノースショアへ
向かうバスにトランスファー
することができる。
他にも
アウトレットで有名なワイケレセンターへ行く場合もワイキキからワイパフT.C(トランジットセンター)
まで行きそこで433番に
乗り換えるので乗車時に
トランスファーのチケットを
もらっておこう。


トランスファーのチケット



料金箱脇の袋に入れた。


シティー・エクスプレスとか
カントリーエクスプレスとか

「Express」と書かれたバスがあり
特急バスで便利
例えば
ワイキキからワイケレセンターの
乗換ポイント「ワイパフT.C」まで
行く場合
一般の42番バスに乗ると
途中ダウンタウンで渋滞に
巻き込まれたりして
かなりの時間のロスとなった。
たしか1時間40分〜2時間弱位?
カントリーエクスプレス(E)に乗ったら
ハイウェイを走って
1時間かからない位で到着した。
運賃も同じだった。
エクスプレスは確か「E」という
表示がされていた。


カントリーエクスプレス

バス・パス

長期滞在のハワイ旅行など
除くと利用する人はあまり
いないと思うが
1ヶ月の乗り放題パスも
あるそう。
30日ではなくその月の
初めから月末までとのこと

その他 注意点
オアフ島内を移動するのに
安くて便利な
ザ・バスだが注意したいことや
不便なこともある。


周遊型には不向き
私がザ・バスを利用するのは
ワイキキから「ハナウマ湾」とか
「パールハーバー」「ワイケレセンター」
などあるポイントへ
日帰り旅行をする場合に利用した。
逆に
ワイキキを出て
ドールプランテーション→ハレイワ→
ワイメアビーチ→
ポリネシアカルチャーセンター→
カイルア→ハナウマ湾
というように途中下車をしながら
のオアフ島を周遊旅行をする場合は
かなりあまりおすすめできない。
例えば
郊外へ出ればバスの本数は
少なくなり、乗り継ぎとか面倒のなる。
時間もかかるので非効率になる。
「道中 どこかの宿場町に泊まる」
という考えもあるかもしれないが
ワイキキなど一部を除けば
宿がある街はほとんど確認できないし、
あったとしても
2泊以上など滞在型の宿となる
場合が多い。
また
「この木なんの木」で有名な
モアナルア公園や
カイルア近くにある観光スポット
「ヌウアヌ・パリ展望台」へ向かう
バスは出てなかった。
多くの観光客も利用する
ザ・バスだが
全体的にみれば地元の人の
「あし」という要素が強く
観光スポットというより生活の街と街
を結ぶような路線が多い。
オアフ島周遊旅行をするなら
オプショナルツアーやレンタカーの
利用をすすめる。
私のハワイ旅行では
ザ・バスはレンタカーとの併用に
利用した。
身軽な格好で
日本でもそうだが荷物が多い場合は
タクシーやレンタカー
ホノルル国際空港からなら
エアポートシャトルを利用した方が
いいと思う。
私の経験から
ハワイ島から飛行機で
ホノルル国際空港に到着したとき
スーツケースはワイキキのホテルに
預けていて持っている荷物は
大きなバックパック一つ
バスに乗るにはちょっと大きい荷物かな?
とは思いながらもバス車内も
すいていたので そのまま乗車
しかし、ダウンタウンに入ったところ
で満席、車内はぎゅう詰め
さらに外は渋滞
大変な思いをしたことがある。
膝にのせるくらいの
荷物が妥当かな?
どこへ行くの?不安?
街中を走る路線バスは
あちこちゴチャゴチャとまわること
が多く不安になることがある。
私の経験から
ダウンタウンからワイキキへ
ザ・バスを利用したとき
系統番号が頼り!?とはいうものの、
あちこちにバス停が点在していて
目的の番号が見つからない。
しかし、ちょうどWAIKIKIと書かれた
バスを見つけ多少不安は
あるもののそのまま乗車
そのバスはワイキキとは違う方向へと
ドンドン向かってしまったのだ。
不安になった。幸い途中でバスは
ワイキキ方面へと向きを変えて
無事到着したのだが
かなりおおまわりとなってしまった。
系統番号と系統図は
分かっていた方がいい。
運休!?
ハナウマ湾へ行くのに便利な
22番バス(ビーチバス)
ワイキキのバス停留所を見たら、
毎火曜日は22番バス(ビーチバス)
運休と書いてあった。
火曜日ハナウマ湾は休みなのだ。
また 平日と休日時刻が
異なることがあるので注意
渋滞や超満員
場所や時間帯によっては渋滞や
超満員になることがある。
例えば
通勤時間帯の
ダウンタウンの渋滞
ハナウマ湾やシーサイドライフ・パーク
へ向かうバスやその帰り
ハナウマ湾やシーサイドライフ・パーク
へ向かうバスは本数も少ない。
乗り心地
シートは硬く 結構揺れる。
座れたとしても
長時間は結構
辛いかもしれない。









移動方法 
交通機関についてに戻る



トップ
ハワイ旅行の情報


(注意)
2010年12月の旅行経験から
2011年に作成しました。
主観的な部分もあり
実際と異なることや、
状況が変化していることも
あります。
参考程度に自己責任
で調査してください。