ハワイ旅行の交通機関

観光に便利な
ワイキキトロリー

ワイキキとその
周辺をまわるなら
ワイキキトロリーが便利!
まさに観光用と分かる
クラシックでオープンな
車両なので乗って
いても楽しいし
運行ルートもシンプル
で分かりやすい
運賃だって安い。
日本語案内もあるし、
初めての旅行者でも
安心して利用できる。
ワイキキまわりの足
をして利用したい
乗り物だ!
主な旅行会社が
出す専用トロリーも
出ている。



ワイキキトロリー
ワイキキトロリーを
利用しよう!


 







トップ
ハワイ旅行の情報


格安フリープランや
格安個人旅行方法なども紹介

格安ハワイ旅行方法


ワイキキトロリーについて
乗りなれれば簡単で
便利なワイキキトロリー、
しかし 本数も種類も
あるので
初めてならちょっと
戸惑うことがある。
最初にワイキキトロリー
について基本的なことを
説明します。




トロリーの路線図
(おおよその地図と路線図です。)



3コースに分かれる
ピンクライン
レッドライン
グリーンライン

ワイキキトロリーはピンクライン
レッドライン グリーンラインの
3ラインに分かれている
色を見れば分かるしでかい字で
「ピンクライン」と書かれているので
すぐ分かるはずだ。
簡単にルートを説明すれば
ピンクラインはワイキキを中心
にまわるコース
レッドラインはワイキキから
ダウンタウン方面
グリーンラインはワイキキから
ダイヤモンドヘッド方面へと
向かうコースである。

ピンクライン
アラモアナ/ワイキキ
ショッピングコース

ワイキキとアラモアナ
ショッピングセンターをクルクルまわる
もっとも利用率が高いであろう。
ワイキキのショッピングモールや
ホテルハワイ最大の
ショッピングセンター
「アラモアナ ショッピングセンター」
を結ぶバス、街歩きで頻繁に
利用したくなるコースだ。
運行時間 本数ともに多く
運行間隔も10分位運行時間も
10:00〜21:00ちょっとすぎ
といったところか?


ピンクラインはワイキキの
ショッピングに便利!


  レッドライン
ハワイ歴史観光コース
(ワイキキから
ダウンタウン方面をまわる)
レッドラインはワイキキから
ダウンタウン方面をまわるコース
運行間隔はだいたい30分に1度程度
で始発8:30頃で15:30頃には
終バスが行ってしまうこともあるので
注意しよう!
ハワイ旅行中 ダウンタウンへ行く
のは1回程度ではないか?
利用頻度は低いと思う。


ダウンタウン方面へはレッドライン!

  グリーンライン
ダイヤモンドヘッド観光コース
(ワイキキからダイヤモンドヘッドの
登山口やカハラモールへと向かう。)
グリーンラインはダイヤモンドヘッドや
カハラモール方面へと向かう。
運行間隔はだいたい30分に
1度程度で始発8:30頃で15:30頃には
終バスが行ってしまうこともあるので
注意しよう!
ハワイ旅行中 ダイヤモンドヘッドや
カハラモールへ行くのは1回程度
ではないか?
利用頻度は低いと思う。


ダイヤモンドヘッドに登るには
グリーンライン!


  運賃について
(1回乗車可能なのはピンクラインのみ)
1回乗車可能なのはピンクラインのみ
で2ドル、乗車時に運賃箱があるので
2ドルを入れる。本当にただの
箱なのでお釣りなど期待できない。
その他のコースはフリーパスが
なければ利用できないので
注意しよう!


ピンクラインには運賃箱があった。

  フリーパス
乗り放題のチケット
DFSギャラリアワイキキとロイヤル
ハワイアンセンター
(ワイキキの中心部)
にワイキキバスのチケットカウンター
があり購入する。
3ライン全て1日乗り放題で30ドル
4日52ドル 7日58ドルとなっていた。
滞在期間が長いほどそのメリットが
大きくなるのだ。
なお、1日券で2日無料となる
スペシャルがあることも!
実質2日券となるわけだ。
2ライン乗り放題
ピンクラインとレッドライン
1日乗り放題22ドル
ピンクラインとグリーンライン
1日乗り放題22ドル
個人的に思ったこと
7日乗り放題だと1日あたり8.3ドル
なのでワイキキに滞在して
あちこちまわるならメリットが
あると思った。
しかし、短期間の滞在なら得が
どうかはちょっと疑問に思うこと
があった。
ダイヤモンドヘッドやダウンタウン
なら市バスでも行けるし
私の場合、ワイキキ歩きもそんなに
頻繁にトロリーを利用しないのだ。
1回2.5ドルなのできりなら市バス
のほうが安いと思った。
(ただ、市バスはダイヤモンド
ヘッドクレーターまで行かないので
ちょっと歩く。)

クレジットカード持っているなら
無料ということもある。

期間限定でJCBのクレジットカード
を持っている人ならカードを
みせるだけで
無料というのがあった。
バスにも「FREE JCB」なんて
書いてあった。
絶対お得だから
見逃さないようにしよう!


FREE JCBと書いてある。

ワイケレシャトルも
見逃せない

ワイケレアウトレットツアー
1日1本だがワイケレアウトレットへと
向かうトロリーもあり
8:45〜9:22頃にワイキキの主な
ホテルをまわり
14:30にワイケレアウトレットを
出発するのだ。
ワイケレツアーのトロリーで
26ドルで完全予約制とのこと
市バスなら片道2.5ドルで
行けるので高いかもしれないが
ツアーという形なので安心 
市バスの場合 乗り換えが
あるのでちょっとややこしいのだ。


ワイケレアウトレットへ
向かうシャトルも!


旅行会社が出す 専用トロリー
旅行会社によっては専用の
トロリーを出すこともある。

例えば JTBのOLIOLI
(オリオリ)トロリー HISの
LeaLea(レアレア)トロリー
JALPAKのレインボートロリーなど
各旅行会社がです専用トロリーで
その旅行会社のツアー(フリープラン)
に参加した人が利用できる。
フリープランなどに参加すると
専用カードなどがもらえるので
乗車時に見せればいいのだ。
大きな字で「JTB」とか
「HIS」「JAL PAK」と書いて
あるからすぐに分かるはずだ。
運行間隔やコースはワイキキトロリーと
ほぼ同じであるが旅行会社
によって異なる。
説明があると思うので確認しよう!
乗り場も異なることがある。

どのトロリーか
分かりやすく書かれている!


オリオリトロリー
JTBのOLIOLI(オリオリ)トロリー

 レアレアトロリー
HISのLeaLea(レアレア)トロリー

レインボートロリー
JALPAKのレインボートロリー

ピンクライン
ワイキキトロリーのピンクライン



ワイキキトロリー
に乗ろう!

経験からトロリーの
乗り方をまとめてみました。


トロリー マップ ガイドがほしい
主な場所にワイキキトロリーの
マップガイドがある。日本語もあるし
運賃やコースが分かりやすく
紹介されているので是非とも
もらって行きたい。


トロリー マップ ガイド

停留所へ行く
ワイキキなど街中にWAIKIKI TROLLY STOPと書かれた華やかな
バス停があるのでそこで待とう!
旅行会社専用のトロリーは別の
バス停があるはずだが
「JTB」とか「HIS」とか
分かりやすく書かれていた。


トロリーの停留所

トロリーに乗る
トロリーが来たら乗車、注意したい
のは1回券で乗車できるのは
ピンクラインのみ
で他(レッドライン グリーンライン)は
フリーパスが必要 
「DFSギャラリア」または
「ロイヤル ハワイアン センター」
の1階にチケット売り場が
あるとのこと
ピンクラインで現金払いなら箱に
2ドルを入れる。お釣りはないと
思った方がいい。
風景を楽しもう!
オープンな車両で風景を楽しむ
のもトロリーの魅力
片言日本語で話すユニークな運転手
とチンチンという音がさらに
雰囲気をよくするのだ!


風景を楽しむことができる。

下車する
目的地に着いたら下車する。









移動方法 交通機関
についてに戻る



トップ
ハワイ旅行の情報


(注意)
2010年12月の旅行経験から
2011年に作成しました。
主観的な部分もあり
実際と異なることや、
状況が変化して
いることもあります。
参考程度に自己責任
で調査してください。