イタリア旅行より
ミラノ観光

ビットリオ・
エマヌエーレ2世
のガレリア

ミラノを代表する大聖堂
「ドゥオーモ」の目の前
1877年に造られた
十字路のアーケードだ。
食事や喫茶などによかった

トップ
イタリア旅行


格安イタリア旅行



ビットリオ・エマヌエーレ2世のガレリア
ビットリオ・エマヌエーレ2世の
ガレリアを歩く
クラシックで美しいアーケードだ。




ビットリオ・エマヌエーレ2世
のガレリアの場所
(ドゥオーモからすぐ)



ガレリアの魅力
バール(喫茶)や飲食店がある。
ここで道行く人を見ながら
熱々のピザとワインの食事をしたり 
喫茶をするのがよかった。
滞在時間
ただ通り抜けるだけなら5分
とかからないだろうし
彫像や絵画を見て歩くも
15分もかからなかった。
しかし、ゆっくりと食事をしたりバールで
喫茶を楽しむなら
30分〜1時間ほどだった。





 ツイート







目次


1.ガレリアの魅力まわりかた


2.ガレリアへ行くには?


3.ガレリアに訪れて









1.ガレリアの魅力
まわりかた

ヨーロッパの歴史ある
アーケードらしさ

1865年に着工 1877年に造られた
といわれるガレリア(アーケード)である。
日本なら江戸末期から明治初期にあたる
歴史あるアーケードなのだ。
天井は金属のアーチとガラスで
覆われており。
まわりには美しい彫像や絵画が見られる。
クラシックで重厚感があり
ヨーロッパらしい建造物である。
まわりかた
観光スポットとして多くのガイドブックでも
紹介されている。
確かに「ビットリオ・エマヌエーレ2世
のガレリア」そのものが一つの
芸術品と言ってもいいだろう。
しかし、地元の人も多く訪れる
アーケードで中には多くのショップや
バール(喫茶)レストランが集まる。
またガレリアとその周辺はミラノを
代表するショッピングエリアなので
見物に加え食事や喫茶をして
ゆっくりしたりショッピングなどを楽しみたい。
自分の場合
ドゥオーモ観光後、ガレリアに
訪れ中にあるテラスでピザと
ワインの昼食を楽しんだり
バールでコーヒーを飲んだりした。
ガレリアから徒歩圏内でミラノを代表する
観光スポットが集まっていたので
ミラノ観光の休憩スポットとして利用した。



ガレリアのテラスでピザを楽しんだ!





2.ガレリアへ行くには?
ミラノの中心部にある

場所はよくドゥオーモのすぐ近く、
ドゥオーモ前の広場からすぐ北側にあった。
個人でミラノを歩くならドゥオーモや
ビットリオ・エマヌエーレ2世の
ガレリアに訪れるというより
それらを中心にまわる といった方がいい。
ツアーで訪れる
周遊型が多いヨーロッパ旅行(イタリア旅行)
ならパックツアーに参加する人も多い。
ミラノ観光にガレリアが
含まれているものに参加する。
また、ミラノ自由行動やフリープランなどに
参加して現地発のオプショナルツアーに参加
する方法がある。インターネットで調べると
日本語ガイド付きもあり安心感もあるが
個人でも行けるところなので
オプショナルツアーにガレリアが
含まれないこともあり
地下鉄
地下鉄でもDUOMO駅があった。
イタリア旅行などのガイドブックにある
ミラノのページを開くと
地下鉄路線図が載っていることが
多かったので分かりやすかった。
路線バスやトラム
DUOMOと書かれた路線バスもあったし、
近くにはトラム(路面電車)も走っていた。
ただ、イタリアなど路線バスやトラムでも
前もって切符を購入する必要
があるところもあった。切符がなければ
キセル乗車扱いにされることもあったので
注意しよう。あと切符があっても
刻印機に通さなくてはいけないなど
確信はもてないので、
いろいろ調べてください。
切符はそこらの売店でも売られ
簡単に買えた。
1回券(75分有効券、地下鉄は
一度改札を出たら再乗車不可)で1ユーロ
1日券で3ユーロだった。
(私は1日券を使った。ミラノ観光は
ちょっとした移動が多く便利だった。)
徒歩圏内にミラノを代表する
観光スポットが多い。

ドゥオーモの他、スカラ座や
スフォルツア城といった
ミラノの有名観光地にも
近く、徒歩で行けた。ショッピングエリアも
多いので、
クラシックなミラノの街を歩くのもよかった。


DUOMOと書かれたバスに乗った。
終点下車




3.ガレリアに訪れて
実際に訪れた
感想をまとめてみました。




ガレリアの中に入る

金属の枠とガラス天井

クラシックで彫刻がほどこされた
建物に上はガラス張りの天井
中央部のアーチ型の天井は
美しさがあり記念写真を撮る旅行者もいた。
ガレリアも大きく中は広い


金属の枠とガラスの天井 
そして絵画や彫像が美しい


バール(カフェ 喫茶)やレストラン

バール(カフェ 喫茶)やレストランも多く、
テラスがある。
私は
昼食にテラスでピザとワインを楽しんだり、
休憩がてらコーヒーを楽しんだりした。
食事や喫茶
ガレリアでのお茶や食事は
イタリア旅行のいい思い出となった。
参考に
コーヒーは1〜3ユーロ
席に座るか、カウンターで立って
飲むかで値段は2〜3倍位違ったが
テラスに座ってゆっくりガレリアを
楽しむもよかった。
なお、バールでもグラスワインなど
アルコールがある。
ピザは9ユーロ、でかくて熱々のピザ、
イタリア旅行でもっとも美味しいピザだった。
余談だがマクドナルドもあった。
景観に配慮していて、
ノスタルジックなマクドナルドだった。


レストランにバール(カフェ)
ファーストフードもあり
食事やコーヒーなどにもいい。

ショッピング

店も多く見た、ミラノらしく高級感ある
店も多い。
ガレリアからドゥオーモへでたところ
東側(ドゥオーモの裏側?)の
エリアを歩いたが
ブランド品の店や雑貨品の店、
カフェなどが多く賑やかであった。
床に牛のデザイン
ガレリアの床には牛のデザインが
描かれている。
このくぼみに「かかと」をのせて
回転すると幸せになれるという
言い伝えがある。




 ツイート





トップに戻る
イタリア旅行



(注意)
08年7月の旅行経験から
まとめました。
個人的な価値観に
よるものもありますし
状況の変化や実際と
異なることもあります。
参考程度に自己責任での
調査をしてください。