台湾旅行

 

1.個人旅行・フリープラン・パックツアー

(1)3つの違い

個人旅行

航空券や宿を別々に手配

航空券や宿、交通機関など別々に手配する。
インターネットを使えば、空港送迎に
現地のレストランやエンターティメントの予約など
細かな手配もできる。
スマホがあれば旅行中に手配可能だ。

もちろん航空券だけ手配して
いきあたりバッタリの旅もできる。

今や個人旅行も身近な存在だ。

個人旅行が安い場合

周遊旅行
バスや鉄道で台湾各地を自由にまわる旅行

長期旅行
1週間以上旅行する場合など

1人旅
フリープランやツアーは
2人1部屋で計算されており
1人部屋追加料金がかかることが多い。
お一人様専用ツアーもあるが割高

ハイシーズン
年末、GW、お盆など
個人旅行も値段は高くなるが
ツアーほど上がらない。

ビジネスクラス利用
ツアーと比べビジネスクラスは安上がり


自由に台湾をまわる
(阿里山)

フリープラン

航空券+宿セット

航空券やホテルがセット
添乗員は同行せず、現地自由行動
そこに別料金でオプショナルツアーなど
組み合わせたりしてオリジナルな旅ができる。
現地自由行動とはいえ
空港~ホテル送迎サービスや
携帯無料貸し出し
困ったときの
サポートサービスを設けることがある。

インターネットで海外ツアーを選択
添乗員同行なしで
安い順に検索すると表示されることが多い。

フリープランがいい場合

台北 1ヶ所滞在
台北の1つのホテルに滞在
もしくは高雄など2都市滞在など

短期間の旅
おおむね2~6日位の滞在

2人以上
1人参加は一人部屋追加料金がかかる。

ハイシーズン以外
年末、GW、お盆などハイシーズンは
グンと高くなるか売り出さない。


台北滞在ならフリープランが安いことも

パックツアー

添乗員同行

添乗員が同行するツアー
インターネットで海外ツアーを選択
添乗員同行ありで検索すると
ズラリと表示される。
添乗員同行ツアーは高いイメージがあるが
台湾4日間39,800円など格安ツアーもある。

ただし 注意点もあるのだ。
「(4)添乗員同行パックツアー」でまとめた。

パックツアーがいい場合

下調べが面倒な場合
個人旅行はもとより
現地自由のフリープランでも
ある程度下調べが必要
添乗員同行なら下調べなしでもOKだ!

こだわりがない場合
「台湾へ行ったら~したい!」
というこだわりがある場合は
パックツアーは不向きだろう。


安心パックツアー

(2)格安個人旅行方法

航空券は比較サイトで調べよう

LCC=安いとは限らない

スクート、ジェットスター
バニラエアなど
個人で格安台湾旅行をするなら
LCC(格安航空会社)がお得
LCCのサイトから直接航空券
を手配することが多い。

しかし、LCCも複数社あること

まれに

エバー航空など安く売りだすことがある。
比較サイトを利用したい。

ビジネスクラス

数万円の追加でビジネスクラスを利用できることがある。
特にハイシーズン
エコノミークラスと比べ
ビジネスクラスの変動は小さいので
2つの料金差は縮まる。
ビジネスとエコノミーは雲泥の差だ。
詳しくはエコノミークラスとビジネスクラスの違いを参考にして下さい。

お勧めサイト



安さ追求なら宿泊専用サイト

いろんな宿泊設備が検索される

旅行会社のサイトでホテル予約する場合
グレードの高いホテルしか表示されない。
安心だが値段も高くなる。
宿泊設備予約専用サイトなら
高級ホテルはもとより
格安の民宿やゲストハウスなども紹介される。

お勧め海外宿泊設備予約サイト

注意点

自己責任

「個人旅行」=「手配旅行」である。
航空券やホテルの手配さえすれば
後の責任はとらない。
例えば
飛行機が欠航して
当日のホテルに泊まれなくても
自己責任になる。
ホテルとしても責任はないので
キャンセル不可か
高いキャンセル料がかかるだろう。

諸経費込みか?

台北往復9,800円と表示されても
航空券のみということが多い。
他にも
燃料サーチャージ
空港使用料
各種手数料など
+1~2万円位になることも
航空券検索サイト「エアトリ」でも
「フライト詳細を見る」→「料金詳細」
でコミコミ価格が表示された。

片道航空券は査証が必要

LCCなど片道のみ手配も可能だが
その場合 査証が必要になる。
観光目的で往復航空券所持などの
理由で査証を免除されているのだ。

出発日

シーズンによる航空料金の変動は大きく
年末、GW、お盆となれば一気に2~3倍に跳ね上がることも
また 週末や祝日出発では5千~1万円位高くなることがある。

(3)格安フリープランについて

安いプランを検索

台北3日間19,800円!?

ネットで海外ツアーもしくはフリープランで
料金が安い順で検索すると
台北3日間19,800円なんて
驚くべき格安価格が表示されることがある。
往復航空券と同じ価格でホテル2泊
空港~ホテル送迎サービスがセットされるのだ。

では安いプランとはどのようなものなのか?

バーゲン品

衣類と同じ
売りはじめは値段は高いが
種類が豊富
最後に売れ残りを集めて
バーゲン品として売り出す。

フリープランも最初は高いが
航空会社やホテルの選択可能
追加料金でアップグレードもできる。

最後に売れ残りをバーゲン品として
売り出すことがある。

例えば

高いプランだと
多くの航空会社やホテルが表示され
選択(変更)可能なことが多い。

安いプランだと
複数の航空会社やホテルが表示され
そのいずれかを利用(選択不可)
と書かれていることが多い。

経験上
条件の悪い航空会社やエコノミーホテル利用だが
旅行会社が紹介する以上
極端にひどいホテルということはない
部屋が狭い、ロビーが小さい位で
清潔な部屋、広いベッドなど
大方の人は満足できるだろう。


エコノミーホテルでもゆったりしていた。

LCC利用

格安航空会社(LCC)利用のフリープランも多い。
LCCのサイトから予約するより安いことがあった。


LCC利用

旅行会社の違い

旅行会社によっても旅行代金がある。
ただ、あまり安さを追求した場合
困ったときのサポートサービスがない
空港~ホテルの送迎に時間がかかるなど
不便を感じることがある。

3日より4日が安いことも

出発時間帯の違い

日本発は午前便が安く
午後~夜便が高い。
逆に
台北発は
早朝~午前便が安く
午後~夕方便が高いことがある。

3日間で
日本発午前便
台湾発午後便利用なら

滞在するホテルのグレードによるが

4日間で
日本発午後便
台湾発午前便の方が安い方がある。

注意点

余計なサービス!?

例えば
空港からホテルまでの送迎
ある程度人が集まってからの出発なので
長く待たされることがある。
旅慣れた人なら
個人で移動した方が早いし楽なことも

他にも

途中で免税店に立ち寄ったり
お土産屋巡りが多いオプショナルツアーに参加することも
バックマージンをもらっているのだ。

諸経費込みか?

個人旅行の航空券と同じ
台北3日間12,800円なんて表示してあっても
各種手数料で+2万円位になることがある。
合計価格が表示されているか
電話等で確認したい。

1泊4日は不可

台北4日だと
往復航空券+ホテル3泊セットのツアー
台北から1泊旅行すると言っても
応じてはくれない(安くはならない)

出発日

シーズンによる航空料金の変動は大きく
年末、GW、お盆となれば一気に2~3倍に跳ね上がることも
また 週末や祝日出発では5千~1万円位高くなることがある。

(4)添乗員同行パックツアー

安いツアーの特徴と注意点

細かな違いがある。

添乗員同行のパックツアーは
旅行会社によってそれぞれ異なる。
例えば
食事の内容やホテルや部屋の違いなど
もちろん高いツアーの方が
グレードは高くなるが
安いからと言って酷いツアーとは限らない。
観光バスでゆったり移動
ある程度のグレードの
高いホテルに泊まるだろう。
旅行会社で確認したい。

以下に注意点をまとめてみた。

大人数で行動

高いツアーだと10~15人に対し
安いツアーだと40~50人というように
大人数で移動することがある。
バスの乗降や集合時間など
少人数と比べ非効率になる。

お土産屋巡り!?

観光地巡りは短時間で済ませ
お土産屋巡りに
多くの時間を費やすことも
台湾といえば夜市が有名だが
あまり聞いたことない夜市に訪れたり
バックマージンをもらっているのだ。

その他 注意点

出発日限定

パックツアーは出発日が限定されることがある。
最少催行人数が設定され
それを満たさなければ
中止になることもある。

2.その他 お得旅行方法

(1)海外旅行保険を安くする

保険のバラ掛け

クレジットカード保険の補填

クレジットカードには海外旅行保険が
セットされていることがある。
しかし
病気治療や賠償金、救援者費用など
数十万円程度と十分でないことがある。
そこで
クレジットカード保険の不足分を補う形で
保険に加入した。
すると
セットだと4~5千円位するところを
2~3千円位に収めることができた。

ネットで申し込み

自分は損保ジャパン海外旅行保険を
ネットで加入した。
ネットの申し込みをクリック
行き先 旅行日等入力
オーダーメイドプランを選択すると
バラ掛けができた。

空港でも簡単に加入できるが
セット(パッケージ)のみであるし
自宅から空港までは
保険対象外になってしまう。

(2)スマホはSIMフリー!?

5日間使い放題1,200円!?

空港で加入

日本からWiFiルーターをレンタルする方法
キャリアスマホ(ドコモとかau)では
海外ローミングサービスがあるが
1日500~1,000円位かかる。
現地のプリペイドSIMを使えば安く
例えば
5日間使い放題630円などだ。

SIMの設定方法

桃園国際空港など主要な空港へ行けば
現地の電話会社のオフィスがある。
5日300元(約1,200円) 無制限
7日500元(約2,000円) 無制限
なんてプランがあるから
好きな物を選んでスマホを渡せば
設定してくれる。
使い勝手は日本と同じだった。
その時 パスポートの掲示が必要

自分で設定する場合は
モバイルネットワークから設定する必要があり
ちょっと面倒

キャリアスマホの場合

キャリアスマホ(ドコモとかau)では
他社のSIMが使えないようにSIMロックが
かかっていることが多い。
ただ
契約後一定期間の経過で
SIMフリーに変更できる会社もある。

だめなら

別にSIMフリーのスマホを買う方法もある。
ネット通販で中古5千円位で売られていた。

(3)空港までのアクセス

工夫をすれば安く行ける

成田空港

例えば
JR成田エクスプレス
東京~成田空港片道3,020円
往復割引を使えば4,940円
横浜や大宮なども往復割引がある。
前日までに購入
成田エクスプレス発着駅か
ビュープラザで購入できた。

東京駅~成田空港シャトル
片道千円
早朝出発なら大江戸温泉物語セット
2,700円など
詳しくは成田空港へ安く行くには?を見て下さい。


格安シャトルバス

関西国際空港

関空アクセスきっぷ
関空ちかトクきっぷ
大阪から1,000円
京都から1,230円

参考に特急はるかなら
大阪から2,330円(自由席)
詳しくは関西アクセスきっぷを見て下さい。


関西国際空港着

(4)オプショナルツアーがお得なことも!?

食事やエンターティメント

割引になる

本格的な台湾料理のコースを楽しむなら
事前予約をしたいところ
オプショナルツアーなら
割引価格で予約することも
日本語で予約できるのもいい。
エンターティメントも割引になることがあるし
個人では不便な場所へ行くツアーもある。



(5)インターネット予約が安い

種類も豊富

店頭だと手数料がかかることも

個人旅行やフリープラン
その他 保険、オプショナルツアーなど
ネット予約を勧める。
店頭でも手配可能だが
航空券など
3~8千円の発券手数料がかかることがある。
インターネットだと色んな会社を比較できるうえに
ネット限定割引を設けていることがあるのだ。

 

台湾旅行