タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法

 





アユタヤ

1.バンコク発 アユタヤ観光にかかる費用を比較

(1)オプショナルツアーに参加 1,800B~4,000B

約5,760~6,480円

アユタヤ半日観光

調べた所、アユタヤ観光の中で
一番安いオプショナルツアーであった。
1,600~1,800B(約5,760~6,480円)ほど
バンコクから
エアコン付観光バスでアユタヤへ行き
遺跡巡り、象乗り体験する半日ツアー
食事なしも多いので確認したい。

空港送迎もあった。

1
半日でアユタヤをまわる

セットツアー

2,500~4,000B(約9,000~14,400円)ほど

半日でアユタヤ観光
残り半日で
他の観光地に訪れる。

例えば

アユタヤ観光+
メークロン線路市場

チャオプラヤー川
ディナークルーズ

王宮やエメラルド寺院

など
1日かけてまわる。

アユタヤ+メークロン線路市場
個人で行けば
かなりハードだが
ツアーなら
快適な観光バスで楽々
昼は
タイ料理のレストランなど


アユタヤ+αのツアー
(エメラルド寺院)

(2)リッチな個人旅行 1,500B~2,000B

約5,400~7,200円

交通費

バンコク駅(クルンテープ)まで
タクシー
150B×2回=300B
又は
BTS(スカイトレイン)
45B×2回=90B

バンコク駅~アユタヤ駅
特急エアコン2等席
185B×2回=370B

アユタヤ観光にトゥクトゥク
50B×6回=300B

ちなみに

バンコク~アユタヤを
タクシーで移動するなら
片道1,000Bが相場

食費

レストランでタイ料理のコース
ビールなど入れて300B
その他
喫茶などで100B

観光

アユタヤ遺跡
50B×6ヶ所=300B
水上マーケット200B


クルンテープ駅から出発

(3)そこそこ節約、個人旅行 700~1,000B

約2,520~3,600円

交通費

バンコク北バスターミナルまで
BTS(スカイトレイン)タクシー
100B×2=200B

バンコク~アユタヤ
ロットゥー(ワゴンバス)
70B×2回=140B

アユタヤ観光に
レンタサイクル 50B
トゥクトゥク
50B×2回=100B


エアコンが効いたワゴン「ロットゥー」

食費

レストランのテラスで食事
150B(約540円)

飲み物 喫茶
50B(約180円)


食事をする

観光

アユタヤ遺跡
50B×6ヶ所=300B
水上マーケット200B


アユタヤは自転車が便利

(4)庶民的・節約、個人旅行 370~400B

約1,332~1,440円

交通費

バンコク駅(クルンテープ)まで
路線バス20B×2回=40B

バンコク駅~アユタヤ駅
普通列車3等自由席
15B×2回=30B

渡船5B×2回=10B

アユタヤ観光に
レンタサイクル 50B

食費

屋台40B
ジュース15B
コーヒー20B
水1L14B


屋台の食事

観光

アユタヤ遺跡
50B×3ヶ所=150B


鉄道3等車

2.それぞれのメリット・デメリット

(1)オプショナルツアーの場合

メリット

安心

日本語ガイドが同行
主要なホテルまで
迎えに来てくれる。
困ったときは何でも聞ける。

節約派個人旅行と比べ
10倍もの差があるが
人によっては
100倍以上の違いを感じるだろう。

快適

エアコンが効いた
快適な観光バスで移動
蒸し暑いタイだからこそ
その価値は大きい。

手際いい

個人の場合
道に迷ったり
乗換に時間がかかったり
バンコクからアユタヤまで
3時間以上かかったことがある。
結果
個人なら1日がかりでも
ツアーなら半日で
充実した観光地巡りができた。

デメリット

自由がなく、地元との隔離

ほとんど観光バスで移動
計画通りの行動になり
個人旅行のように
地元の人と一緒に
バスや列車に乗ったり
庶民的な食堂で
食事することはないだろう。

人によっては
素っ気なく感じるかもしれない。

安心しすぎては

出発日と集合時間・場所
緊急時の確認をしよう。
あちこちのホテルで
人を集めるので
到着が遅れることがある。

他にも

日にち、時間、集合場所を間違えた

なんてことも

海外の場合
ちょっとしたことでも
不安が大きい。

(2)個人旅行の場合

メリット

自由

ツアーならスケジュール通り
の行動になるが
個人なら
自分の気に入った所で
長居したり
喫茶したりできる。
個人旅行の醍醐味だ。

組み合わせも自由で
移動費は安く
食事は豪華に
することもできる。

タフさと好奇心があれば

道に迷ったり
遅れたり・・・
食堂が不衛生だったり
個人で訪れる場合
何らかのトラブルが
発生することが多い。

しかしながら

地域の人と一緒に
移動したり
食事したり

そこに

思わぬ穴場的スポット
を見つけたり

トラブルを楽しめる位の
タフさと好奇心がほしい。

工夫次第で安く

個人の場合
値段の差に開きがある
例えば
トゥクトゥクやタクシーなら
数人で利用すれば安くなる。
逆に
疲れたからと
1人で
タクシーばかり
利用したら
ツアーより割高
非効率になるだろう。

デメリット

下調べが必要

安くなるほど
庶民色が濃くなり
旅行知識が必要

例えば

路線バス
タイ語表示
路線バス
複雑なルート番号
を調べておく必要あり
土地に不慣れだと
どこで降りればいいか
分からず
初心者には難しい。

トゥクトゥク
運賃交渉が必要
アユタヤ中心部の場合
1回あたり50Bが相場だが
観光客ならふっかけてくる可能性大
シーズン時間帯によっては
安くならない。

タクシー
メーター制が基本だが
タイの習慣上
バンコク~アユタヤなど
長距離移動は運賃交渉
片道1,000Bが基本だが
シーズン時間帯によっては
安くならない。

鉄道
時刻表をチェック
切符を買って
何番線ホームかチェック
遅れやホームの変更もあるし
注意する必要あり
基本はタイ語のみ
間違えればとんでもない所へ
行ってしまう。

レンタサイクル
暑い中
地図を見ながら
自転車をこぐ
道を間違えることもあった。

非効率

待ち時間があったり
道に迷ったり
バスや普通列車なら
あちこち停車したり
バンコクからアユタヤまで
3時間以上かかったことがある。

ツアーなら半日でまわれる所
1日かけても
十分まわれないことがあった。

精神的不安

個人旅行で最も
注意したい点だと思う。
自分以外は皆タイ人であり
言葉は全く通じない上に
どこを走っているのか分からない。
旅慣れない人にとっては
かなりの恐怖を
感じるだろう。

トラブルに
巻き込まれる可能性も高く
全て自分で
対処する必要がある。

3.お勧めサイト

ALAN1.net

種類が多く、安いことも

予約も簡単

オプショナルツアーの手配をする場合
個人的には
インターネットの
専用サイトを利用することを勧める。
種類が多く
値段が安いことがあるのだ。

ツアーだけではない

レストランの予約
エンターティメント
象乗り体験などもある。



 

タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法