タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法

 


ワット・プラケオの場所

1.旧市街の人気観光スポット

(1)以下の3つに絞る

ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルン

バンコク観光満足できた

他でもよく紹介される
バンコク三大寺院

ワット・プラケオ

ワット・ポー

ワット・アルン

この3ヶ所をまわり
街中での買物・飲食

それだけで
かなりバンコクを満喫できた。


三大寺院の一つ
ワット・プラケオ

周辺もセットでまわりたい

リーズナブル・レトロ

三大寺院は共に
旧市街に位置し
至近距離である。

ただ、三大寺院だけ
見物して帰るのは物足りない

以下に示す
周辺もセットでまわりたい。

カオサン

バックパーカーの聖地として
世界的にも有名
多くの店が集まり
エネルギッシュ!

ここでの飲食はお勧め

リーズナブルを求める
個人旅行者なら
滞在することを勧める。


カオサン

チャオプラヤー川

共に寺院のすぐ横には
チャオプラヤー川が流れる
是非行ってみたい
できれば
チャオプラヤー川エクスプレスボートに乗りたい。
最も
個人でワットルアンへ行く場合は
ボートに乗ることになるだろう。


チャオプラヤー川

レトロな町並み

旧市街なので
ちょっと外れるとレトロな町並みが見られる

特に印象的だったのが

ワット・ポーの東側
ロート運河を渡ったすぐに
San Chao Po Suaという所がある。
どうも中国系の町に見えるが
その周辺は何ともレトロ
歩いてみるもいい。
コーヒー20B(約72円)の
レトロな喫茶店もあった。
ガイドブックで紹介
はされていないようだ。

時間があれば行ってみたい。


レトロな町並み

(2)ワット・プラケオ、王宮

三大寺院の中でも人気

初めてのバンコクなら
まず訪れる
と言っても過言ではなかろう。
ワット・プラケオ(エメラルド寺院)
と旧王宮、国内外から
多くの人で賑わう寺院
見応えもある。


ワット・プラケオ

(3)ワット・ポー

寝釈迦大仏

見事な境内だが
特に印象的なのは
大寝釈迦像だ。


ワット・ポー

(4)ワット・アルン

ワット・ポーの対岸

ワット・ポーのほぼ対岸
にある寺院
ワット・プラケオや
ワット・ポーと比べ
独特なデザインが印象的だった。

2.ツアーに参加?個人でまわる?

(1)ツアーに参加

現地発 日本語オプショナルツアー

安心・快適

半日かけて
バンコク三大寺院+αの
観光をする
現地発オプショナルツアー
参加する方法
日本語ツアーもあり
バンコク新市街の
主要なホテルから送迎もある。


ツアーは安心快適

高い

昼食付で大体2,100B(約7,560円)
しかし、熱帯のバンコクを
地図をみながら
汗だくになって歩くのは辛い。
オプショナルツアーなら
エアコンの効いた観光バスで
迷う手際よくまわれる上に
個人ではないオプションもあり

それに
三大寺院の拝観料合計750B
新市街からタクシーを利用すれば
往復500B位はするだろう。

詳しくは



(2)個人でまわる

ゆっくりまわろう!

できれば1日かけたい

三大寺院は、
それほど離れておらず
徒歩+チャオプラヤー川エクスプレスボートでまわれる。
ただ、敷地や道も広い上に
迷いやすい
休憩しながら
ゆっくりまわりたい


ゆっくりまわろう!

3.ワットプラケオ、ワット・ポー、カオサンを歩く

(1)まずはワットプラケオと王宮へ

バンコクトップクラスの人気!?

おそらくバンコクでも
トップクラスの
人気を誇る観光地

ワット・プラケオ
(エメラルド寺院)
と旧王宮

通常セットでまわる。

入場料は高く500B(約1,800円)

服装チェックがある
半ズボンなど
露出度の高い
服装は入場できない。


ワット・プラケオに入る

1時間半位かけてまわった

敷地は広く
入口を見つけるのに苦労したが
中に入れば順序にそって歩けばいい。

所要時間は1時間位だが
休み休みまわったため
1時間半位かかった。

詳しくは
ワット・プラケオ(エメラルド寺院)王宮の魅力・注意点


ワット・プラケオ


旧王宮

(2)次はワット・ポーへ

歴代国王の仏塔と大寝釈迦像

ワット・プラケオから歩いて
10分位で行けた。
巨大な寺院
天を突くような仏塔
最大の見どころは
大寝釈迦像だ。

1時間位かけてまわった

急げば30分位で
まわれそうだが
1時間位かけて
ゆっくりとまわった。

入場料は200B(約720円)
ミネラル
ウォーターサービスあり
暑いタイ
嬉しいサービス

詳しくは
ワット・ポーの魅力・注意点


境内を歩く


天を突くような仏塔


大寝釈迦像

チャオプラヤー川を渡ってワット・アルンへ

ワット・ポーの
すぐ隣が
チャオプラヤー川
そこから船で対岸の
ワット・アルンへ行ける。


チャオプラヤー川

(3)カオサンへ向かう

レトロな町並み

次はワット・プラケオの
東側ロート運河を渡った所にある
San Chao Po Sua周辺を歩く
このあたりは旧市街で
ちょっと入れば
古い町並みだ。
ここにある喫茶で
コーヒーを飲む
20B(約72円)だった。

詳しくは
カオサンの魅力・注意点


レトロな町並み


喫茶を楽しむ

カオサンを歩く

バックパーカーの聖地で
世界的に有名なカオサンに到着
多くの飲食店にショップ
路地裏には安宿が多い。
ここに滞在するもいいし
飲食や買物を楽しむもいい。
若い人が多く賑やか


カオサンを歩く

(4)ついでにラク・ムアン

ワット・プラケオ近く

あまり目立たないが
ワット・プラケオの
すぐ隣にある
ラク・ムアン(Lak Muang)
町の柱と呼ばれている。

拝観時間は10分位
無料であることから
ついでに訪れるのもいい。

詳しくは
ラク・ムアンに訪れて

 




 

タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法