タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法

 





バンコク

1.バンコクはこうなっている

旧市街・新市街


バンコク中心部
(地下鉄 クルンテープ駅より西側は延伸工事中であった)

2つに分けてみた


旧市街


新市街

上の手書き地図より
西側エリア「旧市街」
東側エリア「新市街」
に分けることができる。

旧市街

バンコク発祥の地

タイ国鉄のクルンテープ駅から
チャオプラヤー川あたりのエリアが旧市街にあたる。
旧王宮や格式高い寺院などバンコクを代表する
有名観光スポットが多い。

カオサンなど

低予算で海外個人旅行を楽しむ「バックパーカー」
その聖地で世界的に有名なカオサンがある。
他にも、庶民的な街並みなど
ディープなタイを体感できるのもいい。
もちろん、安い宿が多い。

東京に例えれば
皇居周辺~神田~浅草のような雰囲気だろう。


旧王宮付近


チャオプラヤー川


カオサンロード

新市街

近代的なビルが並ぶビジネス街

バンコクの東側のエリア
高層ビルに綺麗な公園など
近代的なイメージが強いエリア
豪華でゆったりした観光ホテルが多く
ツアー(フリープラン)でバンコクに訪れた場合
このエリアのホテルに滞在することが多い。

東京に例えれば
渋谷~新宿~池袋
麻布~赤坂のような雰囲気だろう。


新市街(スカイトレインの窓から)

2.バンコクの滞在について

どこに滞在する?

安さ追求ならカオサン


入り組んだ所にゲストハウスがあった

まずは、どこに滞在するか?
低予算の個人旅行者にとって便利なのは
カオサンだろう。
1泊200~500B(約720~1,800円)位の
安い宿の他、外国人好みのレストラン・バー
お土産屋、ランドリーサービス
ツアーや各種チケットを取り扱う旅行社など
個人旅行者にとって便利なエリア
チャオプラヤー川水上ボートや
トゥクトゥク(オート三輪タクシー)
での移動が便利

ゆったり豪華なら新市街

ツアー(フリープラン)等で
よく紹介されるのが新市街のホテルだ。
ゆったりとした観光ホテルが多い。
MRT(地下鉄) BTS(スカイトレイン)の利用が便利

クルンテープ駅周辺


クルンテープ駅とその周辺

タイ鉄道旅行をする場合は
クルンテープ駅周辺のホテルがお勧め
バンコクセンターなど値段の割には
設備が整ったホテルがある。
(ネット予約で1泊3千円台など)

ただし

クルンテープ駅周辺は
屋台や庶民的な食堂がある位で
これといった魅力はなかった。

何日滞在する?

1~3日ほど


街歩きが楽しい

バンコクを隅々まで見て歩くなら
何日あっても足りないかもしれない。
しかし、実際 観光地と言えば
王宮エリアと周辺の寺院や博物館が主で
後は、街歩きながらの買物やB級グルメ
夜のエンターテインメントだろう。
バンコク中心部の観光は1日あればいいと思う。

郊外へ行きたい


バンコク郊外へ行く(旧泰緬鉄道)

バンコク中心部よりも
郊外にある水上マーケット
アユタヤ史跡めぐり
戦場にかける橋で有名なカンチャナブリなどへ行きたい。

現地発の日本語オプショナルツアーも充実している。

3.バンコクの楽しみ方

王宮・寺院めぐり

中心部の観光で半日~1日


ワットプラケオ

旧市街には
旧王宮
ワットプラケオ
ワットポー
など
多くの寺院や博物館がある。

B級グルメを楽しむ

一番よかった!?


屋台B級グルメを楽しむ

屋台、食堂、レストラン、バー
街のあちこちに飲食店があり
身近にタイのB級グルメを楽しめる。
タイ料理が苦手でも
ファーストフードや西洋料理の店が多い。

詳しくはどこで食事をする?を参考にしてください。

乗り物を楽しむ

一番よかった!?


タイと言ったらトゥクトゥク

トゥクトゥクや水上ボート
トラックの荷台を改造したソンテオなど
日本では見かけない交通機関も多い。
そういった乗り物に乗るのも楽しい。

詳しくは街中の交通機関を参考にしてください。

ナイトスポット

中心部の観光で半日~1日


夜を楽しむ

夜の街歩きも楽しいもの
賑やかなレストランやバーがあり
舞踊ショーといったエンターテインメントもある。
オプショナルツアーでエンターテインメントの予約もできる。

郊外へも行きたい

アユタヤ、カンチャナブリなど

かつての都であったアユタヤ
戦場で架ける橋で有名な
旧泰緬鉄道
水上マーケットなど
バンコク郊外には魅力的な観光スポットが多い。
個人でも行けるところが多いが
短時間で手際よくまわるなら
オプショナルツアーがよかった。


アユタヤ水上マーケット

 

タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法