タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法

 

タイ 街中の交通機関

 




 

1.モーターサイ(バイクタクシー)について

(1)安い・便利

渋滞でもスイスイ

こまわりが利く

タイの街はゴチャゴチャしている
さらにバンコクともなれば
凄まじい渋滞に巻き込まれることも
バイクタクシーは渋滞の道を
縫うようにして走り
路地裏にまわり
さらには
駐車場を横切って
あっという間に目的地に
着いてしまうのだ。
最初は抵抗を感じるが
慣れると
トゥクトゥク以上に
利用するようになった。

安い

トゥクトゥクなら50B位する所
30Bなど、路地裏の
ちょっとした移動なら10~20B
ということがあった。


安くて便利なモーターサイ
(地元でも人気なようだ)

ちょっとした移動

値段の安さから
1~1.5㎞程度の
ちょっとした移動に利用した。

例えば

最寄りの
地下鉄駅やボート乗場
へ行く場合など


最寄りの駅まで利用

珍しい体験

バイクから見る風景

バイクといっても
100~150cc位だろう。
路地裏をスイスイ
走るのはなかなか面白い体験だ。


スイスイ走る

場所は限られる

バンコクにはモーターサイ
をよく見かけたが
地方で見かけることは
ほとんどなかった。
トゥクトゥクほど
身近な存在ではないようだ。

(2)利用方法

路地の入口付近

ベストを身に着けている

「路地裏」とまで言わないが
路地の入口付近でよく見かけた
旧市街(カオサン)の他
スクムウィットなど
新市街でも見られた。
オレンジなど目立色のベスト
を身に着け数人で
たむろしていることが多い。
見ればすぐに分かるだろう。
「ハロー」と言えばいい。


モーターサイを見つける

運賃を交渉する

基本はトゥクトゥクと同じ

トゥクトゥクと同様
メーター制ではなく
交渉制だ

片言英語でOK

行先を言うなり
地図で示して
「はうまっち?」
と聞けばいい。
「サーティン バーツ」(30B)
とも言ってくる。

納得する金額ならOKと言い。
納得いかなければ
「トゥエンティーファイブ バーツ」(25B)
とでも言って値切ってみよう。

おおよその目安を把握しよう

交渉制とはいえ相場がある。
自分の経験から
1~2㎞位の移動なら
30B位だった。
それ以上なら
50B位になることがあったが
長距離での利用はしたことは
ほとんどない。

値切る

30B程度のところ
40~50Bと高値を
付けてくることが多い。
30Bと言えば
すぐ安くしてくれた。

自分の場合最低10Bに
してくれたことがあるが
大きな道を横切る位
100~200m程度の距離だった。

帰るフリ

帰るフリをすれば安くなるか?
経験上
ほとんど効果なかった。
高いと思ったら
相場に近い金額を言ってみよう
すぐに安くしてくれた。
逆に
相場より極端に安くして
もらおうとしたら
相手にしてくれなかった。

利用する側は
ちょっと利用する程度
される側も
薄利多売
トゥクトゥクほど交渉に
時間をかけたくないと思う。

いよいよ出発

バイクの後ろに乗る

OKしたら
バイクの後ろに乗って出発
最初は怖いが
慣れれば楽しい。

渋滞していても
スイスイ
時には駐車場を
横切って走ってしまう。

走る道によるが
速度は路地で30~35㎞位かな?


目的地へ向かう

目的地に到着

お金を払う

目的地に到着
お金を払う。
なるべく
お釣りがないようにしたい
例えば
30Bに対し
500B札、1,000B札を出すのはよくない
最後は笑顔で!

(3)注意点

事故

大きな道はよくない?

バイクの後ろに乗るのだから
トゥクトゥクと
比べても事故は多いだろう。
仮に転倒しても
大事に至らないような
態勢でいた。

身軽さ

荷物は軽め

バックパックを背負っていても
利用できるが、ちょっと辛い。
身軽がいい。
基本1人での利用となる。
親子2人で利用するのは見かけた。

長距離移動は避けたい

疲れる

さすがに長距離なら疲れるだろう。

なお

海外でよくあるトラブル
帰りの「あし」を考えないで
郊外へ行ってしまう。
夕方 誰もおらずポツン
帰る術を失ってしまうことがある。

昼間は賑やかでも夜になると
人気がなくなる所もある。

トゥクトゥクの方がいいことも?

トゥクトゥクより安い

2人以上の利用や
荷物が多い場合は
トゥクトゥク(オート三輪タクシー)
を勧める。


トゥクトゥク(オート三輪タクシー)

2.モーターサイ 利用体験記

(1)カオサン~旧王宮、チャオプラヤー川へ

カオサンから1~1.5㎞ほど

カオサン通りの端

多くの安宿が集まり
バックパーカーの聖地として
世界的にも有名なカオサン
ここの端「チャオプラヤー川沿い」
そこに客待ちの
トゥクトゥク(オート三輪タクシー)
を多く見かけたが
一部 モーターサイ(バイクタクシー)
の集まりを確認した。

ここからチャオプラヤー川の
水上ボート乗場
(チャオプラヤーエクスプレス)
へ行きたいのだが
地図を開くと距離は約1.5km
広くて車通りの多い道を渡るから
徒歩では面倒
そこでモーターサイを
利用することにした。
最初は50Bほどだったが
交渉したところ
30BでOKとのこと


カオサン通りの端

10分しないで到着

やっぱりモーターバイクは早い
歩けば暑い所20分以上かかるが
10分しないで到着した。

そのままボート乗場へ向かう。


速い!


そのままボート乗場へ

カオサンからモーターサイは便利

旧王宮やボート乗場へ

多くの宿が集まり
バックパーカーの聖地
として知られる「カオサン」
そして
バンコク有数の観光地
「旧王宮」「ワットプラケオ」
他にも
チャオプラヤー川などの
水上ボート乗場など

距離にして1~1.5㎞
歩くには面倒
トゥクトゥクはもったいない。
路線バスは不便

そんなときモーターサイは便利だった。

(2)スクムウィットで利用

最寄のボート乗場へ

スクムウィットのホテルに泊まる

バンコク新市街(スクムウィットエリア)
のホテルに泊まる。
そこから最寄りの
運河ボート乗場へ行くが
距離は2㎞位で場所は不便
そこでモーターサイに
乗ることにした。
このあたりはビジネス街で有名だが
ちょっと路地に入ると
モーターサイの集まりを見る。
すぐに見つけ運賃交渉
50Bであった。
ちょっと高いと思ったが
距離があるのでOK

 


モーターサイを見つける

あっという間に到着

同じく路地裏を抜けて
あっという間に到着した。
近くには地下鉄のPhetchaburi
という駅があり
駅前にはモーターサイを待つ列が見られた。


路地を抜ける


モーターサイ待ちの列があった

(3)アユタヤにて

水上マーケットから駅まで

ショートカット

アユタヤ駅近くの観光スポット
「アヨータヤ水上マーケット」
帰りにモーターサイで
アユタヤ駅へ向かった。
30BでOK
トゥクトゥクを利用すると
遠回りになるが
バイクだとショートカットして
駅の裏口に到着

アユタヤについては
アユタヤの楽しみ方
を参考にして下さい。


アユタヤ駅へ向かう


駅裏口に到着
線路を渡って表口へ向かう
(入場券はいらない)

 

タイ 街中の交通機関に戻る

 

タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法