タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法

 

タイ 街中の交通機関

 




 


センセーブ運河
(新市街 東側 旧市街 西側を結ぶ))

1.センセーブ運河乗合ボートについて

(1)新市街から旧市街(カオサン)へ向かう

便利・早い・安い

新市街のホテルから旧王宮など

旅行会社のツアー(フリープラン)に参加する場合
バンコクの西側のエリア「新市街」のホテル
に滞在する人が多いだろう。
そこからバンコク有数の観光スポット
旧王宮やワット・プラケオ、カオサンは
東側のエリア「旧市街」にあり、不便である。
東西を結ぶセンセーブ運河乗合ボートは便利なのだ。


センセーブ運河乗合ボートで


新市街から


旧市街へ向かう

早い

新市街から旧市街へ
トゥクトゥクやタクシー
渋滞に巻き込まれる可能性大
路線バスはそれに加えて
分かりにくい。
運河乗合ボートなら
渋滞の心配なし
大体20分おきに
出ているので
早いのだ。

安い

運賃は1回10~30B(約36~108円)
自分は
ASOKという新市街にある乗場から
カオサン近くのPratunam
乗換1回で(13B+11B=24B)であった。
トゥクトゥクやタクシーなら
100B以上するだろう。

ディープなバンコクを垣間見る

庶民的な風景と高層ビル群

センセーブ運河乗合ボートは
ガイドブックでは詳しく紹介されていない。
利用者の多くは地元風
運河沿いには生活感を感じる。
撮影スポットも多い。


生活感を感じる

乗り方は難しくない

語学力不要

ガイドブックで
詳しく紹介されていないだけに
乗り方は難しいと思うかもしれない。
実際はそんなに難しくない。
次の利用方法でまとめる。

(2)乗合ボート利用方法

まずはボート乗り場へ

最寄りの乗場をチェック

センセーブ運河は東西に細長い
最寄りのボート乗場をチェックしよう。
ガイドブックの地図から
センセーブ運河の位置は
確認できるだろう。
ボート乗場の位置は分かると思う。
(数百メートルごとに乗場がある。)
まずは最寄の乗場を確認しよう。

バイクタクシーを利用するのも

ちなみに
最寄のボート乗場まで
1~2㎞位離れていることがある。
歩くのは大変
その時便利なのがバイクタクシーである。
30B位で行けるし
スイスイあっという間
2人以上ならトゥクトゥクもいいかも?

ボート乗場の様子

センセーブ運河のボート乗場に到着
近くまで行けば
乗場はすぐに分かるだろう。
雰囲気は列車のホームと同じ
とはいえ
入場券は不要
そのままホーム(乗場)へ行けばいい。


乗合ボート乗場

切符を買わずにそのまま乗船

方向を間違えないようにしよう

20分位の間隔でボートがやってくる
そのまま乗り込もう。
注意したいのは
方向を間違えないように!


乗下船

船内にて

まずは切符購入

乗船する
まずは切符を買おう!
切符売が来るから
大きな声で行き先を言えばいい!
凄い所から切符売りがくることも


こんな所に切符売りが

水しぶき

船は進む、運がとはいえ
波のしぶきがある。
しぶきを防ぐ為に
ビニールシートがあるのだ。
正直
運河の水は綺麗とはいえない。


水しぶきを避ける

風景を楽しむ

何はともあれ
風景を楽しみたい。
高層ビルが立ち並ぶバンコクだが
運河沿いは素朴な庶民的
人々の生活を垣間見ることができる。


高層ビルとのコントラストがいい

プラトゥーナームで乗換

中継地点

旧市街へ行く場合
プラトゥーナーム(Pratunam)で終点
旧市街方面へのボートに乗り換える。
乗換は簡単だ。
プラトゥーナームで降りる人は多く
屋台や食堂が並ぶ
値段もローカルプライス


プラトゥーナーム(Pratunam)


チョコシェイク(25B 約90円)

カオサンへ行くなら終点まで

パーンファー・リーラート

同じく船内で切符を購入
プラトゥーナームから
終点パーンファー・リーラート(Panfa Lelat)まで
15分位で到着
運賃は11B(約40円)


パーンファー・リーラート(Panfa Lelat)着

カオサンや旧王宮へ

パーンファー・リーラートから
カオサンまで1㎞弱
旧王宮やワットプラケオまで2㎞弱
歩くのが面倒ならバイクタクシートゥクトゥクもいいかも?
もいいかもしれない。

(3)注意点

水しぶき

あまり綺麗でない

ボートはよく揺れる
座るか手すりに捕まろう。
水しぶきもあるので
ビニールシートで
防ぐようにしたい。
見たところ
あまり綺麗でない。


ビニールシートで防ぐ

運賃はしっかり払おう

切符紛失注意

船内でお金を払う。
ごまかすことないように
しっかり払おう
紙屑のような切符が渡されるが
下船まで紛失しないようにしよう。

身軽がベター

混雑

地元では人気のボート?
混雑していた。
揺れる足場が悪い
大荷物でも悪くはないだろうが・・・
身軽がいいと 思う。

2.センセーブ運河乗合ボートを利用体験記

(1)まずはボート乗場へ向かう

ペッチャブリー駅

9:20頃 バイクタクシーを利用

バンコクの新市街
スクムウィットエリアのホテルに滞在
ここから旧市街のカオサン、旧王宮へ行くため
運河乗合ボートを利用
ガイドブックの地図で最寄の船乗場
Asokというボート乗場がある。
距離は約2㎞ 暑いし
疲れるのでバイクタクシーで行くことに
10分足らずで到着した。


バイクタクシーで向かう

乗場の様子

まるで電車のホーム

Asokボート乗場に到着
まるで電車のホーム
分かりやすい地図や
運賃表もある。


乗場へ向かう


まるで電車のホーム

(2)乗船

ボートが来る

そのまま乗船

しばらくするとボートがやってきた。
切符を買わずそのまま乗船


乗降りする

(3)中継地 Pratunamまで

船内の様子

まずは切符を買う

船に入ると早速
切符売りが来る
「プラトゥーナーム!」
と言ったら
「サーティーン バーツ」13Bと言う。


船内の様子


運転席
(まるでバス)

揺れる船内

船はスムーズに進む
揺れるので座るか
手すりに捕まろう。
風景を楽しむ


風景を楽しむ

プラトゥーナーム着

賑やか

東西の中継地
プラトゥーナムに到着
皆下船する。
中継地だけに賑やか
ホームには多くの屋台や食堂があり
ローカルプライスだ。
コーヒーシェイクを購入
25B(約90円)


プラトゥーナームの様子

(3)終点Panfa Lelatまで

乗船する

凄い所に切符売り!?

しばらくしてボートが来る。
乗船 席に座る
しばらくすると切符売りが来るが
凄い所で切符を売ってきた。
終点Panfa Lelatまで約15分
11Bだった。


再び乗船


凄い所に切符売り!?

Panfa Lelat着

10:00頃 到着

終点そして
カオサンや旧王宮への玄関口
パーンファー・リーラート(Panfa Lelat)着
40分程度の船旅であった。


再び風景を楽しむ


終点パーンファー・リーラート

カオサン方面へ向かう

カオサン方面へ向かうが
道が広く交通量が多いので
分かりにくい
地図を見て行こう。
またはトゥクトゥクなどが便利

 

タイ 街中の交通機関に戻る

 

タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法