タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法

 

泰緬鉄道に乗ろう!

 

泰緬鉄道の旅2 タムクラセーとアルヒル桟橋に戻る

 




 


バンコク~カーンチャナブリー~タム・クラセー

1.タムクラセー~カンチャナブリ情報

(1)出費

運賃100B+軽食代

運賃100B(約360円)

旧泰緬鉄道は外国人料金
一律100B(約360円)
ちなみに、ターキレン駅下車の場合は
50B(約180円)とのこと

軽食50~100B(約180~360円)

車内販売(というより売り子)が多い。
10~30B(約36~108円)のお手頃価格の
軽食(ドーナッツやフランクフルト 卵など)
そしてドリンク(アルコールはない車内飲酒不可)
1時間も2時間も乗っていたら
ついつい食べたくなるのだ。
軽食代に+50~100Bと言ったところ


揚げドーナッツ(10B)

(2)混雑する

人気路線

13:36発 258番列車

断崖絶壁のアルヒル桟橋は
泰緬鉄道でも人気路線の一つ
さらに1日3本しかなく
時間的にちょうどいい
タムクラセー13:36発の258番列車
旅行シーズンや休日は込み合う。
ただ、13:56に到着するターキレンで
多くの人が下車した。
あとは平凡な風景なのだ。
多くの人やオプショナルツアー参加者は
ここからバス等で帰るのだろう。


アルヒル桟橋は人気ある

(3)切符は車内で購入

タムクラセーは無人駅!?

そのまま列車に乗った

タムクラセー駅はほとんど
ホームだけの無人駅
そのまま列車に乗って車内で切符を購入した。
乗務員が来たら、「かんちゃなぶり」
なんて言えば売ってくれる。

2.タムクラセー~カンチャナブリの旅

(1)タムクラセー駅から乗車

雨の中、列車が入る

13:40 乗車

アルヒル桟橋見物後
タムクラセー駅から乗車する。
雨の中、多くの観光客が乗車


258番列車が来た

スリルあるアルヒル桟橋

駅を出てすぐにアルヒル桟橋
スリルある風景


アルヒル桟橋(帰りは雨)


崖スレスレ


多くの人が写真を撮る

クウェー橋駅へ向かう

のどかな風景

10分もしないでアルヒル桟橋を過ぎ
クラサエ駅に到着
そこから再びのどかな風景


車内の様子


のどかな風景

ターキレン駅から車内はガラガラに

タムクラセーを出て20分足らずで
ターキレン駅着
ここで観光客の多くは下車
車内はガラガラだ。
オプショナルツアー参加者を含む
多くの観光客は
ここからバスで移動するのだろう。


ターキレンに到着


車内はガラガラに

笹?に包んだタイ風麺

車内販売というより売り子が多い。
ジュースにドーナッツ
フランクフルトなど
値段は10~30B
珍しい笹?に包まれた
タイ風の麺を食べてみた。
アクっぽさが独特だ。
美味


タイ風の麺(10B 約36円)

(2)クウェー橋鉄橋駅に到着

雨のクウェー橋

ゆっくりと進む

タムクラセー駅を出て約1時間
列車は「戦場に架ける橋」で
有名なクウェー橋を渡る。
帰りは雨の中となる。


クウェー橋を渡る


退避する人


クウェー・ヤイ川を望む


まもなくクウェー川鉄橋駅

賑やかな駅周辺

屋台・食堂・市場

駅に到着
カンチャナブリ一歩手前の駅
クウェー橋鉄橋駅着
駅そのものは小さいが
周辺や屋台、食堂
そして多くの観光客
コンビニもあった。


クウェー川鉄橋駅着


賑やかな駅前

 

泰緬鉄道の旅4 カンチャナブリーに泊まる

 

泰緬鉄道に乗ろう!

 

タイ旅行の情報

 

格安タイ旅行の方法